重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

必殺バトン その3(完)


先ずは御礼から。
当ブログは開設から、25日で2ヶ月になりました。
ヒット数もついに1000を突破しました。これまで相互リンクや
コメントを寄せて頂いた方々のご協力に感謝いたします。と、
共に訪れて頂いた全ての方々に改めて感謝いたします。
ありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。

年越し前にやり残したことを、ブログを見返しながら点検しまし
たら、未完のバトンがありましたねぇ・・・

Q7:「ベストの殺し技は?カテゴリ別に選べ」

A1:「斬る」
   これは中村主水で決まりでしょう。「仕掛人」の西村左内も
   捨てがたいですが、長期に亘ってシリーズを支えた殺陣で
   多彩なバリエーションを堪能させてくれましたから。
A2:「切る」
   実際に「切れる」剃刀から、本当に切れるのか?と疑いたく
   なるものまで様々な小道具が登場しました。これも疑いたく
   なる小道具だと思いますが「三味線の撥」でのどを切るとい
   う・・・まさに「必殺」ならではの殺し技ではないでしょうか。同
   じ殺し技で数々の作品に登場したおりくさん。演じたのは「ト
   メで名前が起き上がる」大女優・山田五十鈴です。
A3:「刺す」
   刀での刺殺は外します。藤枝梅庵、棺桶の錠、秀など捨て
   がたいところを押さえて「仕置屋稼業」の市松です。理由は
   前回の回答参照。
A4:「絞める」
   文句なしで三味線屋・勇次です。理由は前回の回答参照。
A5:「素手で・・・」
    骨を外す、心臓を掴む、腸を捻るなどレントゲン付き魅せ
   てくれましたが、念仏の鉄の骨外しですかねぇ。壮絶な最
   期も忘れられません。
A6:「火を使う」
   正直、銃器は「必殺」に似合わないと思うんですが・・・
   巳代松の竹鉄砲にしときますか。
A7:「撲殺」
   このカテゴリは以外に少ないですw
   「仕切人」虎田龍之助でしょうかね。

全作を観たわけではないので、観た中から選びました。



            

| バトン | 09:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必殺バトン その2


先日回答した「必殺バトン」の続きです。
あまり間隔を空けてもなんですし・・・


Q4:好きな「主題歌」は?
A4:私が観た中から次の3曲を選びました。どれが1番ということでは
   ありません。
   
   『荒野の果てに』(唄/山下雄三)
   『やがて愛の日が』(唄/三井由美子)
   『望郷の旅』(唄/森本太郎とスーパースター)
   
   「仕掛人」「仕置人」「助け人」と最初期の3作の主題歌です。
   『望郷の旅』をアレンジした「殺しのテーマ」は、歴代「殺し
   のテーマ」中でもベスト級です。

Q5:好きな「オープニング」は?
A5:『必殺仕事人Ⅴ・激闘編』
   後半に「小倉百人一首」から、蝉丸の歌が一部登場します。
   クイズでは「ベタ問」の「濁点が出てこない唯一の歌」です。

Q6:好きな「仕事師」ベスト3は?
A6:これは難問ですねwww
   「その1」でも触れましたが、私を「この道へ引き込んだ」
   三味線屋・勇次 は外せませんね☆
   必殺シリーズで数々の仕事師を演じた沖雅也が「仕置屋稼業」
   で演じた市松も良かったです。
    白い折鶴に竹串を刺して相手へ飛ばすと・・・折鶴は血に染まって
   だんだん赤くなって行きます。その反対に相手の顔の色が曇ってゆく・・・ 
    勇次の技同様に実際には不可能な技なんですけどね。
   もうひとりは、中村主水でしょうか。
   「ゴジラ」シリーズのゴジラみたいなもので、「必殺」シリーズといえば
   中村主水でしょう☆パチンコでも随分お世話になりましたし・・・


バトンはもう1問あります。これ1問で一つの記事が書けそうな設問ですので、
これは後日に回答(というか、考察するような内容です)しましょう。
 

| バトン | 14:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

必殺バトン その1


またまたバトンの回答ですw
これは、ピンクルさんの出題から回答できそうな部分を勝手に抜粋したw
バトンです。
TV「必殺」シリーズ関連の問題は、AnAn であまりお目にかかったことが
ありませんが、皆さんはどうでしょう?いずれ出るかもしれない(?)その
時に備え、私の回答が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Q1:初「必殺」は何ですか?

A1:「必殺仕切人」
   「おばあちゃんっ子」だった私は、保育所の頃からおばあちゃんと一緒に
   遅い時間(23時頃)までTVを観て育ちました。しかし「必殺」シリーズは
   観てませんでしたね。そんな私がシリーズを観始めたのは、今では疎遠
   になってしまった同級生に勧められたのがきっかけでした。
   当時は知る由もなかったんですが、この作品は「必殺」シリーズの常連俳
   優総出演でした。前作「仕事人Ⅳ」からスライドの中条きよし、「仕舞人」
   から京マチ子と高橋悦史、「からくり人」から芦屋雁之助といった具合。
   ひし美“アンヌ隊員”ゆり子も出演していたとは、当時知りませんでしたw
   私は14歳でした。

Q2:一番好きな「必殺」は何ですか?

A2:「必殺仕事人Ⅴ・激闘編」
   リアルタイムで観ていた中からこれを選びました。
   6人もの仕事師が登場しますし。
   眼鏡を外した笑福亭鶴瓶が、初めて殺しに参加した時は格好良かったですね。
   この時のレギュラーが多く「戦死」する映画『必殺!Ⅲ裏か表か』では鶴瓶
   も・・・(後は書かないでおきますw)

Q3:ベストエピソードは何ですか?

A3:「恐怖の大仕事」
   それぞれの作品にすばらしいエピソードがありますので、スペシャル版から
   選んでみました。
   これはスペシャルの第1作です。レギュラーは「仕事人」の面々。中条きよし
   はこの時悪役で、フランキー堺が演じた与一に殺されます。与一は針金のよう
   な物でわっかを作り、二階から下にいる中条を吊るして仕留めました。これは、
   中条が「新・仕事人」から演じる事になる勇次の殺し技の原点とされる技です。
   与一の技は実演可能かもしれませんが、勇次の技は絶対にできませんよね。
   かく言う私、「仕切人」でこの技を観てから必殺にハマったのですから、まさ
   に吊るし上げられたわけですよ。


長くなりそうなので、回答は後日再開したいと思います。



   

| バトン | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT