重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

主催者に倣ってみたものの


この企画を知った当初、私は「☆対★」または「☆VS★」と言うタイ
トルの映画のみが対象と思っていました。が、規定を改めて拝見した
ところ、タイトルに2つの「キャラクター名」が入っていればよいと
のこと。しかし主催者様が第1位としたのが「県警対組織暴力」でし
た。どこがキャラクター名なのかと思いましたが ・・・ 更には「その2
つが闘っていなくともよい」と。これなら「おっぱいとお月さま」で
も選べてしまうのでは ・・・ やはり「2つが闘う」関係になければこの
企画の意味がない気がします。そこで私は「が闘う」映画のみ
でベスト10を選ぶことにしました。が ・・・・・・


第1位 「モスラゴジラ」(昭39)

勿論リアルでは観ていません。が、劇場(と言っても公民館ですが)
で観た作品です。「のび太の恐竜」(昭55)の併映として当地で上
映された時、私は「某病気」で小学校を数日休んでいました。しかし
どうしても観たかった私は、呆れる母を振り切って行きました。

第2位 「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」(昭54)

これも劇場(くどい様ですが公民館です)で観ました。やはり、小学
生の頃友達と一緒に大スクリーンで観た映画は上位になりますね。私
の怪獣仲間(「大百科」の彼です)はこの映画を観た後しばらくコチャ
ンの物まねを続けてましたね。そのコチャンを甦らせる時のウルトラ
の母のボインがやたら生々しかった記憶があります。あの母は「タイ
仕様」だったのでしょうか?

第3位 「ドラゴンVS7人の吸血鬼」(1974)

恐らく「日曜洋画劇場」だったと思います。今は亡き祖母と一緒に観
た思い出の「恐怖映画」のひとつです。ストーリーは全く覚えていま
せんが、吸血鬼が赤い粉を吹いて消滅(?)したのが記憶にあります。
その後一度も観てませんが、何故かポスターは持っています。

第4位 「007 黄金銃を持つ男」(1974)

「水曜スペシャル」でシリーズのダイジェストを「100大危機一髪」
としてオンエアしたのを観て、当時小学生だった私は一発で気に入っ
てしまいました。その後どれくらい経過したか忘れましたが、最初に
観る機会が訪れたのがこの作品でした。「月曜ロードショー」だった
と思います。これ以降、同シリーズはオンエアの度に欠かさず観た程
ハマりましたね。

第5位 「女番長 感化院脱走」(昭48)

第4位まではが「善」なのですが、これは「凶悪」です(笑)。
「女番長」シリーズも「恐怖女子高」シリーズもまさに「闘う映画」
なので内容的には申し分ないです。しかし「タイトル」の縛りから選
出できたのはこれのみ、代表と言うことで。

第6位 「ルパン三世 ルパン複製人間」(昭53)

当時毎月買っていた「テレビマガジン」にも採り上げられていたこと
を記憶しています。そして劇場(やはり公民館です)で観ました。が、
当時の私には内容が理解できませんでした。「タイムボカン」シリー
ズの「ポチっとな」の様なシーン ・・・ パチンコだったらプレミアのあ
れ ・・・ 記憶に残ったのはそこだけでした。


・・・・・・ いくら考えてもこの先が捻り出せません。「ガメラ」シリーズ
もテレビでは観ましたが印象が薄いし「007」シリーズももう少し
加えられそうですが、ここまでにしておきます。この企画のために記
憶を遡ってみましたが、映画版の「仮面ライダー」やサンダ、ガイラ、
バラゴンなどなどベスト10入りしそうな作品観てなかったなぁ、と
気付きました。まだ締め切りまで日があるので「ひとりグラインドハ
ウス」して追加してもなぁ ・・・ と言う訳で不参加です。

| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 08:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トラウマ戦争映画大全


いつもは しろくろshow さん経由で知る washburn1975 さんの企画で
すが、今回は早めに内容を確認することが出来ました。テーマは「戦
争映画」。早めにランキングに着手した分、いろいろな映画を思い出
すことが出来ました。その都度ランキングを入れ替えながら並べた結
果、「思い出の」から「トラウマの」戦争映画ランキングになってし
まいましたが ・・・・・・・・・

第1位 「象のいない動物園」 (1982) アニメ映画

これを観たのは大人になってから、地域の夏祭りにアストラの長男(
彼ももうすぐ星人、じゃなかった、成人です)を連れて参加する直前
でした。殺処分命令に従わざるを得なかった動物園の方々の心情を察
すると涙が止まりませんでしたが、そんな顔で祭りには出られません。
私の代りに空が泣いてくれました。あの日は雨でした。

第2位 「きけ、わだつみの声 Last Friends」 (1995)

実は全部を通して観たことがないんですね。地上波でオンエアされた
時、私は裏番組の合間に断片的に観たのです。そこが、よりによって
従軍慰安婦のシーンだったのです。水木しげる先生の戦記マンガでは
目にしたことがありますが、あれを実写で再現するとああなってしま
うのでしょう ・・・ 茶の間にも気まずい空気が漂いましたので次にチャ
ンネルを合わせたのは少し時間を置いてからでした。そうしたら尻肉
を削がれた死体ですよ ・・・ エログロ映画は好きで観ていますが、この
映画を改めて通しで観る勇気はありません。

第3位 「サルバドル 遥かなる日々」 (1986)

この映画は「ゴールデン洋画劇場」(だったと記憶しています)で観
ました。ゲリラ(?)による集団レイプシーン(しかも「このやろ、
このやろ」と言う吹き替えまで入って)がカットされずにオンエアさ
れて衝撃を受けましたが、中には高齢の女性までが被害者となってい
たのには「絶句」しました。

第4位 「海軍特別年少兵」 (1972)

これを観たのは中学生の頃、まさにこの方々と同年代でした。そんな
方々が ・・・ 腸が飛び出した様に見えましたが ・・・ ズタズタにされて死
んでいった ・・・ 後にこの映画の舞台が硫黄島と知りました。授業では
習えない「歴史」を習った様な気になりました。

第5位 「対馬丸 さようなら沖縄」 (1982) アニメ映画

水死した小学生の顔色が青白くなる、そんな単純な画だったからでしょ
うか。小学生たちが次々と水死するシーンは未だに脳裏から離れませ
ん。

第6位 「ブラックホーク・ダウン」 (2001)

第7位 「ホテル・ルワンダ」 (2004)

この2つ、舞台がアフリカと言うだけでトラウマです。「宗教対立」
同様に「部族対立」もまた当事者でない者には理解できそうにないで
すね。理解できない物に巻き込まれた状況を想像すると恐ろしいです。

第8位 「大日本帝国」 (1982)

バンザイ突撃のシーンを初めて観たのがこの映画でした。実際はあの
程度ではとても済まされない酸鼻を極めた状況だったと思いますが、
当時の私にはあれだけで十分トラウマになりました。

第9位 「二百三髙地」 (1980)

これは私とアストラにとって思い出の戦争映画です。翌年にはTVド
ラマ化されたこともあり、子供向けではないこんなドラマも翌日のク
ラスの話題になりましたね 、「麻袋入りの赤飯」が。それから東鶏冠
山(だったと記憶しています)の残酷な堡塁に落下する兵士たち ・・・
それから「センチ」を「サンチ」と読んだり ・・・ 凄惨なシーンも多々
ありましたが、この映画ばかりは「小学生だったあの頃」を思い出さ
せてくれる不思議な映画です。

第10位 「トワイライトゾーン 超次元の体験」 (1983)

オムニバスの第1話。本来はハッピーエンドだった様です。ところが、
このエピソードの主演俳優と子役2名が本当に「戦死」してしまい、
あの様な不気味なラストになってしまいました。当然ながら削除され
た「戦死」シーンですが、「決定的瞬間」の様な特番で何度も目にし
ました ・・・・・・・・・

「もっと怖いものを見たくありませんか?」
と、「あの方(演/?)」が言っている様に感じます。第1話の男と
同じ様な「差別的」「排他的」発言は人気取りのパフォーマンスであ
り、実際はそんな人物ではない ・・・ と願いたいです。なにせ第1話は
ハッピーエンドですからね。最後に、「お好きな戦争映画」とのお題
でしたが、申し訳ありませんがその様な映画、私にはありません。因
みに、戦争と付く映画で最も好きなのは「怪獣大戦争」です。

| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 08:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晦日の筋肉


いつも しろくろshow さん経由で知り参加している washburn1975 さ
んの企画、今回は気付いたのが締め切り直前でした。そのテーマが「
筋肉映画」。主催者も講評で「訴求力が低い」と分析している通り、
私にとっても全くその通りですw。例えば ・・・
「筋肉」の定番男優 Arnold Schwarzenegger の映画は1本も観たこと
がありませんが、その主演作のひとつ「コマンドー」の子役として日
本で人気者になった Alyssa Milano が脱いでいる「レディ・ヴァンパ
イア」なんかはちゃっかり観てたりします。レンタル落ちの「ポイズ
ン・ボディ」を中古ビデオの墓場の様な店から掘り出したこともあり
ましたね ・・・ 話が変な方向へ逸れて申し訳ありませんが、それだけ私
にとって「対象外」なテーマなんですね。実際、締め切り終了後も脳
内検索を繰り返していますが、10本並びませんから ・・・

こんな私の「筋肉映画」ベスト1は、奇しくも第1位に輝いた「燃え
よドラゴン」です。理由は幼い頃観た「Gメン75」で、ドラマの内
容は全く覚えていなくとも絶対忘れることが出来ない程強烈に刷り込
まれたあの「筋肉男」が出演した映画で私が唯一観たことがあるから
です。私にとっての「ベスト筋肉」は 楊斯 です。

同様に幼い頃刷り込まれた「筋肉男」として ミル・マスカラス もいま
す。この方はプロレスラーであると同時に映画に出演してもいますの
で、もしそれを観ていたら(どんなショボい映画だったとしても)そ
れが2位です。ミル・マスカラスはハズせませんし、かと言って観て
もいない出演作をこじ付けてランキングするのは「音楽映画」の時同
様に避けたいですからランキングはここで頓挫してしまいます。

幼い頃刷り込まれた「筋肉男」と言えばもうひとり、ムキムキマン
います。ムキムキマンと言えば、近所の駄菓子屋にあったバッタ物メ
ンコの極みの様なヤツが忘れられません。体育座り(だったと思いま
す)しているストームトルーパー(恐らくモドキでしょう)の後方で
踊るムキムキマンと言う、当時の「風俗」を(勝手に)ミックスした
ヤツでした。「正規の」メンコより耐久性が著しく劣り、すぐゴミ箱
行きでしたので現物は恐らく何処にも残ってないと思われます。そん
な訳で、「筋肉映画」第3位は「スター・ウォーズ」(現在では「エ
ピソード4」と呼ばれています)ですか??

以上、締め切り後に番外編としてランキングしてみましたが出勤時間
が迫ってきたのでベスト3までとしておきます。


| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 10:15 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT