重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日本軍が残したもの


22日。久しぶりに久しぶりにリサイクル系書店をハシゴしたら、あ
りました ・・・

残虐全裸女収容所」(1972)

Pam Grier の出演作は私の「脳内リスト」に登録されているのでこれ
は迷わず「買い」ですが、レジへ持って行くには少し勇気が必要な邦
題ですな。レジの兄さんが咳払いしましたし ・・・

さて内容ですが、Pam Grier の「生ボイン」だけが目当てならこの映
画はスルーした方が良いでしょう。この映画には彼女のトップレスす
ら出てきませんから。彼女に替わって「汚れ役」のフルコースを担当
した Anitra Ford の方が主役みたいです。恐らくこの映画の目玉の一
つと思われる「髪の毛宙づり」もありましたし。Pam < Anitra 
と言う露出頻度からしても「期待外れ」の感が否めない本作ですが、
私は立て続けに二度、通しでしかも飽きずに観ることができました。
「女囚物」と言うとどうしてもエロい要素を期待してしまいます。巨
大ボインの Pam Grier が主演なので猶更だと思いますが、敢えてその
期待を封印して観始めるとこの作品は非常に楽しめると思います。ス
トーリー的に「?」となる部分もありますが。

二度目は監督による「コメンタリー」で観ましたがこれには興味深い
エピソードが随所で語られていましたね。監督が強調していたのは、
ロケ地が後に「地獄の黙示録」のロケ地にも採用されたと言うことで
した。あの映画のベトナムはフィリピンだった様です。フィリピンと
言えば太平洋戦争の激戦地ですが、その「爪痕」がこの映画に登場し
ます。看守が Pam に加えた拷問方法がどうやら旧日本軍式とのこと
です。そう言えば昭和20年代に起きた有名事件(失念しました)の
ドキュメンタリーをテレビで観た時(30年以上前の話です)容疑者
(後に被告とされました)はこの拷問で「取り調べ」られたとされて
いました。それから最終決戦に臨む女囚たちが手作り武器を準備する
シーンがあります。なんかヤケにリアルだと思ったら、ゲリラ戦に詳
しいスタッフの指導だった様です。彼も旧日本軍と戦ったのでしょう
か?

原題は「 The Big Bird Cage 」で直訳すると「大きな鳥かご」ですか。
こんなところで偶然にも「鳥つながり」ができてしまいましたが、高
校時代に使っていた英和辞典を引いたら「独房」と言う意味がある様
です。が、この映画に独房は出てきません。原題が意味するのはこの
収容所の象徴である巨大な「サトウキビ搾り機」のことです。

| .ガイド .重箱の隅映画館 女囚物 | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャットファイターたち その3


6日。モリリン様から頂戴したコメントへの返信を実行しようと「故
郷特急便」を借りにレンタル店へ行きました。ところが、ものの見事
にそれだけが貸し出し中(満点大笑い)。他に何かないかと店内を徘
徊したら「八仙飯店之人肉饅頭」がありました ・・・ DVD化されてたん
ですな!驚きです。「悪趣味洋画劇場」で採り上げられているので知っ
てはいましたが未見。それにしても久々に入店しただけあって新顔(
と言っても私の食指を動かす様なヤツですw)もそこそこ目につきま
した。が、これは「新作」「準新作」コーナーだけの話だろうと甘く
考えていました ・・・

アクション映画の「旧作」コーナー、ここはこれまでに何度も確認し
てきました。お目当ての1本は「チェーンヒート」ですが、あるのは
チェーンはチェーンでもリアクションの方ばかりだと ・・・

チェーンヒート

んっ?

思わず目を疑いました。いつの間に入荷したのやら ・・・ カウンターに
出すにはちょっと恥ずかしいピクチャー・レーベルでしたがそんなこ
とで躊躇ってはいられません。これは即借りです。

前置きが長くなって恐縮です。
この映画は私が中学生の頃、昭和58年の作品です。恐らく、当地で
は地上波でオンエアされたことがなかった筈なので30年来の念願が
叶ったことになります。この30余年の間の進展と言えばパンフレッ
トを入手したことくらいでしたね。その画像を採り上げたかったので
すが、表紙がいきなり「レ★プ」シーンですから断念しました。余談
ですが、私はこれまで表紙の女性が主演の Linda Blair だと思い続け
ていましたが違っていました。今回この映画を初めて観た結果、表紙
で襲われているのは Marcia Karr と言う方と確認出来ました。

パンフレットの画像を断念したので ・・・

DSC04808_convert_20160907073949.jpg  DSC04809_convert_20160907074004.jpg

キャット・ファイトのシーンから。この2名は黒人女囚と白人女囚そ
れぞれのボスたちで、私だけかもしれませんが超豪華な配役です。ま
ず白人側が Sybil Danning 演じる Ericka 。対する黒人側は Tamara Dobson
演じる Ductess 。身長170cmらしい Sybil Danning が小さく見え
てしまいますが  Tamara Dobson の身長は、なんと190cm近いら
しいです。

こんな Ericka ですが、Linda Blair 演じる主人公Carol に目を付けて、
シャワー室で同性愛関係を迫ったりします。これをきっぱり断ったの
は Carol の人物設定からも当然だと思いますが、残念でした。しかし
この短いシーン、Linda Blair だけでなく Sybil Danning のボインも一
緒に拝めますので見所のひとつではないでしょうか。更に、Carol に
は所長も目を付けます。ヒロインが所長の毒牙にかかるのはこの手の
映画ではよくある流れです。

| .ガイド .重箱の隅映画館 女囚物 | 06:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |