重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

嵐の前の兄弟


(敬称略)

サミュエル 「我々の登場も、久しぶりだね。何かあったのかい?」

マイケル 「先日の AnAn で、我々の元ネタであるドリフのバカ兄弟に関
      する問題が出たからね・・・」


サ 「何だ・・・。ところで、来月予定している 『 買い物 』 というテーマだけ
  ど・・・」

マ 「このブログの タイトルを変更した時 (← その時の記事です) に候
  補にしてた名前があったよね?」

サ 「あったね、 『世界の快適音楽セレクション』 が元ネタのヤツね」

マ 「このラジオ番組では週替わりでお題を決め、ソレに合致していると
  思われる音源を時には強引に集めて紹介してるんだよね」

サ 「こんなテーマでよく集めたものだ・・・と、感心させられることもしば
  しばあるね。それじゃぁ、毎月、テーマを決めてやるんだね?」

マ 「8月にあまり更新できなかったこともあって、9月は月間テーマを
  設定してやってみたんだけど、毎月設定しようとは思っていなかっ
  たんだ」

サ 「それなら、来月のテーマって・・・??」

マ 「恐らくはこのブログに迷い込んで来られた方の置き土産、といっ
  たところだね」

サ 「まさに、ランダムだね!これは・・・」

マ 「この方が、設定するのも面白味があると思ってね。また何か解析
  に出てきたら設定してみようかと・・・」

サ 「今のところは、不定期という訳か ・・・ ところで、このテーマで1月
  大丈夫なの?」

マ 「 『 買い物 』 で真っ先に思いついたのが・・・スパイダーマンに登場
  する、パンの耳を買いに来る貧しい少年のエピソードだったけど、残
  念ながら見直すことが出来ないw」

サ 「ひとつ消えたね」

マ 「テーマを設定する前にたまたま借りてきていたDVDの中に変な物
  を買う場面があったので、第1回目はコレで行こうかと (汗) 」

サ 「前途多難のようだね・・・」

マ 「買いに行くのはクローバーキングだけど、勿論ハートクイン情報も
  採り上げたい」

サ 「我々がリアルでジャッカー電撃隊を観てた頃はさぁ、ゴレンジャー
  の後だっただけに何かツマラナイ番組にしか思えなかったよね?」

マ 「確かに。しかし、ミッチー・ラブを中心とした視点で観始めたら、空
  手アクションとお色気が融合された面白い番組に見えてきたね」

サ 「ゲストの女優陣も、美人が多いようだしね。ところで・・・また何やら
  書いてるようだけど・・・」

マ 「見付かったか (笑) 。ミッチーといえばカレン水木、カレンといえば・・・」

サ 「今日のG1だね ・・・ 出走は大丈夫なの?」

マ 「 
    旋風斬り が来てるようだけど ・・・ 投票するだけ 
   しておこうかと。今回は・・・

    3 - 透けブラ - 2  コレを買おうかな」

サ 「お得意の特撮馬券買いか ・・・ ということは、前回 (←その時の記事
  です) と同じく大魔神との組み合わせかい?」

マ 「今回は更に ・・・ 『 サンダー 』 マスクと 『 キャプテン 』 ウルトラ も絡
  めてみよう」

サ 「皆様は、決して真似をされませんように・・・



つづく

| .武芸帳 サブカルバカ兄弟 | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「警察犬」でも狙いましょうかね


マイケル 「画像導入後からの人名索引、やっと現行化したよ」

サミュエル 「折角の連休だというのに部屋に籠もって索引作りとは、シャー
       ロック ・ ホームズのようだね」


マ 「まぁ、今日も非番だからね・・・どこかへ行こう」

サ 「ところで、タイトルにある警察犬ってなんだい?」

マ 「 AnAn のイベントで獲得できるタイトルだよ」

サ 「イベントっていっても、参加できそうなのは今日と、明日の帰宅前ぐらい
  じゃないか」

マ 「そこがミソさ。僕はサバイバルという形式があまり得意ではない。その上
  プレイ回数も少ないとなれば・・・」

サ 「それで 2001 位ねぇ・・・甘いとは思うけどね」

マ 「犬好きだからね、僕は。ソレに釣られたようなもんだね。今日は開始時間
  に合わせて、あちこち徘徊しようかな」

サ 「ところで、我が家の DVD も結構揃ってきたようだけど・・・」

マ 「1話につき記事1本とすると、200本くらい書けそうだね」

サ 「月曜日は円谷系、火曜日は石ノ森系と日替わりにしたらどうかな?」

マ 「それが理想的だろうね。ただ、円谷系は今のところ弱いんだ」

サ 「一番揃え安そうだけど、意外だね」

マ 「レンタルに無いようなのを中心に購入してるからね。その結果、ピープロ系
  が最強になってしまったよ」

サ 「ピープロか。他系統とは違った面々の活躍が堪能できそうで、イイね」

マ 「そうだね。他系統でも活躍されてる面々も当然出演してるので、索引にバリ
  エーションが増えるのも嬉しいね」

サ 「まぁ、記事書く時間があるのに何書いたらいいか迷ってる時に、その曜日に
  合わせて手持ちを採り上げていく
・・・ というような流れにしたらどうかな?」

マ 「不定期更新の拙ブログだから、ソレがベスト?かな」

サ 「全くアテにはならないけど・・・一応の予定表なんか作ってみたら?」

マ 「この予定表はエンパイヤ ・ ピクチャーズ方式ですので、ご了解下さい

サ 「何言ってるんだい??」

マ 「このネタに、僕が言わんとするポイントが込められてるんだけどね」

サ 「映画秘宝 vol 1 を持ってる方にしか通用しないネタじゃないか!!」

マ 「どうやら、今回も 怒りの電流 が漲ってきたようなので・・・

どさくさ紛れ  」

サ 「南~ィ!!!




つづく

| .武芸帳 サブカルバカ兄弟 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

参考書はコレかな?


サミュエル 「ライテは昨日もダメだった様だね」
 
マイケル 「そうだね。実は意気消沈して帰宅するということを想定して・・・
Fallout 3
      を用意してたんだよ」

サ 「Z指定のゲームじゃないか。コレで傷心を癒そうというのは少々アブナ
  いような気がするね」

マ 「表現は確かにグロいけど、ヤリ様によっては荒廃した世界を救うヒーロー
  になれるんだ。まさにスペシャルジャンルと共通してるね」

サ 「与えられた能力を善用するか悪用するか。 ヒーローと悪役は紙一重と
  いうことだね」

マ 「そんなわけで、いずれはこの Fallout 3 のプレイ日記みたいな記事も書
  いてみようかと」

サ 「今更こんな古いゲームの日記なんて」

マ 「そこがいいんだよ。攻略情報のサイトもあるくらいだから、今更ネタバレ
  を気にする必要も殆どないからね。ネタバレといえば・・・
ウルトラマン大研究 
  コレだよ」

サ 「コレは先日記事で紹介した雑誌じゃないか」

マ 「昨晩風呂上りにコレを流し読みしてたら、掲載されてる怪獣と出題され
  た怪獣が似通っていることに気付いたんだよね」

サ 「ほほぅ。ソレは興味深いじゃないか」

マ 「1クレ目、早押し ・ あまのじゃくとスペシャルジャンルが出たけど、いま
  ひとつ乗り切れなかったんだよ」

サ 「この時点では答えがヒーロー名になる問題ばかりだったんだね」

マ 「そうそう。やはり予想通りのスペシャルジャンルだと。しかし、逆Rテク
  ニカルの出題で思わず腰浮きしてしまったんだ」

サ 「何が出たんだい?」

マ 「スポットライトだったので読み辛かったけど、ウルトラセブンが問題文
  の初めの方にあったので、コレは悪役の名が答えだと・・・(感涙)」

サ 「泣いてないで話を進めてよ」

マ 「このブログではまだ紹介してないエピソードからの出題だった。有名な
  エピソードだとは思うけど、悪役の名前があまり有名ではない筈。 正解
  者は蘇化子と怪人2001さん、2名はスルーだったからね」

サ 「怪人2001さんは凄いよね」

マ 「僕は古いのしか知らないけど、この方は1クレで出題されたスペシャル
  ジャンルの殆どを正解したんだ。凄いね、感動した!」

サ 「コレとさっきの雑誌と、どこが関係あるというんだい?」

マ 「この1問は、僕をスペシャルジャンルの世界へ誘った問題となった。故
  に記憶も鮮明に残ってる。 まさに僕としては待ち望んでいたコレまでに
  見たことがないタイプの問題だった。よくぞこのような問題を・・・と感心し
  てたんだけど、この悪役が雑誌に採録されてたんだ」

サ 「偶然じゃないの」

マ 「その後出題された、僕が知ってるQ~レオまでの怪獣及び関連事項に
  関する出題も殆どこの雑誌に載ってたんだよ。今回は出題されなかった
  けど・・・
クモ男爵 
  コレすらもページの片隅に紹介されてたね」

サ 「中に目を通すと実に内容が濃くて、コレ1冊でかなりの問題が作れそうじゃ
  ないか」

マ 「ただ、ウルトラマンシリーズに関する問題は他にもあったからね。それに、
  ヒーローはウルトラマンだけではないから。そういえば、仮面ライダーシリー
  ズからの出題が少なかったね」

サ 「前回採り上げた・・・快傑ライオン丸、流星人間ゾーン、超人バロム・1はど
  うだった?」

マ 「次回のお楽しみということで」

サ 「つまり、出なかったんだ・・・」



つづく

| .武芸帳 サブカルバカ兄弟 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT