重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

方針変更


「怪獣VOW」三部作を検証する目的で「怪獣房」と言うカテゴリを設
置してます。ご存知のとおりこの三部作は特撮番組への「ツッコミ集」
で、そこに採り上げられたネタのみを「怪獣房」で検証してきました。
しかし検証したい「気になる部分」は三部作以外の資料にも結構ありま
す。よって、今後「怪獣房」では三部作に拘らず、いろいろな資料で
とキた部分を採り上げて行きたいと思います。


方針変更後の第1回目は前記事とも微妙に関係がある

「仮面ライダーをつくった男たち」

からです。第4話に 滑川 広志 氏が大野剣友会から去って行くエピソー
ドが登場しますが、これに抗議したのが 大杉 雄太郎 氏でした。同作
品によれば、この2名はライダー(大杉氏)と怪人(滑川氏)と言う
「仮面ライダー」の「影の主役」だったコンビでした。多くのエピソー
ドで共に殺陣を担当してきた相方が去って行く・・・ 「仮面ライダー」
終了を待たずに大杉氏も大野剣友会から丹波プロへ移籍してしまいま
すが、この辺も影響したのかも知れないです。

では、滑川氏が大野剣友会を辞めるきっかけは何だったのか・・・
それは偶然にも、滑川氏が演じたフクロウ男(第60話)の最期を母
親がテレビで見てしまったことでした。

60-おっこち-1  ライダーキックを食らったフクロウ男は
60-おっこち-2  背面から落ちて行き
60-おっこち-3  一旦着地、ここから
60-おっこち-4  更に4回転程して
60-おっこち-5  崖下へ到達
60-おっこち-6  合掌 ・・・

この凄さは是非動画でご確認ください。

ここまで、大野剣友会と思われる方々が多数顔出ししてきた同番組です
が、未だに滑川氏に関しては見分けることが出来ません。因みに大杉氏
は、この第60話と同じ DVD に収録されている第56話に・・・

56-大杉氏 

地獄大使に毒を飲まされる男の役で登場します。

| .ガイド 怪獣房 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一粒で二度オイシイ


「拙ブログ暦2年」 中に購入した主なタイトルを振り返る、特集 「この一年」
第3回は 平成25年2月4日 に Box を購入した ・・・ 

トリプルファイター 」 です。

購入した時の詳細は ・・・ コチラ ( ← 参考にどうぞ ) をご覧下さい。

この時は 「アクマイザー3」 の端物を見付けただけでラッキーと思ってい
たのですが、レジの前に大物が出ていて 「二度オイシイ」 思いをしました。
因みに過去記事中にある 「血の祝祭日」 は未だ買い手付かずのような感
じです。その後、よく見たら 「 カラー・ミー・ブラッド・レッド 」 も出てました。
同じ方の放出品でしょうかネ?尚、「アクマイザー3」 は先日、未入手分を
まとめて購入する機会に恵まれました。

「トリプルファイター」 を購入した同月23日、拙ブログに ・・・

怪獣房 」 ( ← その時の記事です )

を新設、その記事中に 「トリプルファイター」 が一部ですが初登場してい
ます。「怪獣房」 の元ネタである 「怪獣VOW 三部作」 には様々な「見所」
が網羅されている訳ですが ・・・

「カニバブラーのクラッシャーが外れていた」
「スプリングマンの頭が外れた」

この2例と同様のシーン及び、

「サンダーマスクの首をさらせと命令されたため、変身前の光一に止め
を刺さずに立ち去る、融通の利かないデカンダ」

コレと同様のシーンが 第1話の木曜パート で観ることができることに気
付きました。 ガイド ( ← 参考にどうぞ ) を書いた時はあまり気にしなかっ
たのですが、見返すうちにいろいろ発見があるものですな。

では、問題の木曜パートですが ・・・

1-4-手負い 

SATカーに体当たりしたものの、逆にダメージを受けてフラフラのダーク
マンです。フラフラの侵略者に対し止めを刺すことに誰も文句はない筈で
す。ところが、2人の兄を制してユリがダークマンを見逃すんですな。理由
は 「体当たり真剣勝負」 に感動したから ・・・ 恐らく、この逆のケースはな
かったでしょう。手負いのダークマンはデーモンカーで戦線離脱。「帰って
きた怪獣VOW」 のサブタイトル通り、「とどめを刺せよぉ」 と言いたいです。

笑えるのはこの後です。ダークマンが無事に逃げたのを見計らって、早瀬
3兄妹にデビラの別働隊が襲いかかりますw 。
「卑怯な!」
と言って肉弾戦に突入しますが、卑怯も何もないですよネ (満点大笑い)。
そしてこの肉弾戦で ・・・

1-4-デビラ-1  1-4-デビラ-2

デビラのスーツアクター達の顔が結構出てきます。第1話だからなのかも
しれませんが、コレ以外にもチラホラ確認できます。

AnAn のキーワードにも登場した 「低予算」 が理由かどうか分かりません
が、「ウルトラシリーズ」 などではあまりお目にかかれないシーンも NG と
ならずにオンエアされたという点がこの番組の良いところなのかもしれませ
ん。月曜パート、レギュラー ・ 大津あつし (演/石井 秀人) の初登場シー
ンは・・・

1-1-あつし 

凄まじい寝グセで登場します。それから何といっても・・・

1-1-勇二-2 1-1-哲夫-2 1-1-ユリ-3

以後使いまわされるこの変身シーン ・・・ 変身シーンの格好悪さではトップ
クラスではないでしょうか。どんなに特撮技術が進歩したとしても、最早こ
の味を出すことは不可能でしょう。まぁ、出そうと思う人はいないでしょうけ
ど。私が 「昭和の」 と拘る理由は、この味にあるのです。

| .ガイド 怪獣房 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そんなシーンは無かったけれど


「 怪獣VOW 」 の 「 それって NG じゃあ ・・・ 」 に採録されていた 「 仮面ライ
ダー 」 第19話 を検証してみました。水中でカニバブラーと闘う2号はクラッ
シャー ( 下顎部分 ) が外れたまま、ライダーマン状態で闘い続けていると
いうのですが、残念ながらその様なシーンはありませんでした。 そもそも、
水中で闘っているシーンが無いんですな。 岩場や港では闘いましたけど ・・・
この様なシーンがあったとしたら、大野剣友会のどなたがその時2号を演じ
ていたかを知る手がかりになった可能性があるので楽しみにしていたのです
が残念でした。

お目当てのシーンはありませんでしたが、この第19話のお陰で拙ブログの
過去記事にあった誤りを訂正することができました。

先ずは 過去記事① をご覧下さい。
バタル弾を食らって暴走を始めた風見志郎を連行する ・・・

49 - 警官A 49 - 警官B 

警官Aと警官B。記事を書いた時点では配役を特定できませんでしたが ・・・

DSC02687_convert_20130410080646.jpg 

第19話序盤、ショッカー戦闘員に殺害されるコチラの気象台職員と警官B
が同一人物の様ですね。2つのエピソードの ゲスト ・ クレジット から重複し
ている方を探したところ、この方は 田川 恒夫 氏の様です。そうなりますと、
警官Aは 早瀬 恒志 となります。 

以上を踏まえて 過去記事② をご覧下さい。
タコゲルゲが人間態としてその姿を利用する ・・・

タコ人間態 

ガードマンAを、この記事では 早瀬 恒志 氏としていますが、どうやら警官A
とは別人の様ですねw 。 実はこの記事を書く際、 とあるサイトにあったドル
ゲ魔人一覧を孫引きし、そこにあった人間態を演じた俳優名をそのまま拙記
事に使用したのでした。改めて 早瀬氏 を探しますと ・・・

13 - ガードマン - 2 
       
この方の様です。ガードマン役でクレジットされているのは3名。未だ確定は
していませんが、拙記事では画像左の人物を大杉 雄太郎氏としていますの
でガードマンAは 松沢 勇 氏ということになります。

13 - ガードマン - 1 16 - 乗客たち 
             
偶然ですが、「仮面ライダー」 第19話と同じ巻に収録されている第16話に松
沢氏がゲスト出演していました。冒頭で、ピラザウルスの 「死の霧」 の実験に
巻き込まれて殺害されるバスの乗客の1人です。同じく乗客役で、大野剣友会
中村 文弥 氏が画像右端に登場しています。
 
ところでこの第16話ですが、コチラもまた 「怪獣VOW」 の 「情けない怪人」 に
採録されています。番組開始から2分程度で死んでしまうという ・・・

中村氏、松沢氏を含む乗客たちは白骨化して全滅。

16 - マヤ  「 実験は成功よ!」

と、ピラザウルスに近寄るショッカー幹部のマヤ (演/真里アンヌ
ところが ・・・

16 - 試作 

ピラザウルス (第1号) は自らが放った 「死の霧」 で死亡 ・・・ (涙)
それよりも、「死の霧」 が充満している筈の車中で防毒マスクを外したマヤも
また白骨化しなければならないと思うのですが ・・・ 兎も角、この失敗を踏まえ
て改造された ピラザウルス (第2号) は、第16、7話に登場し 「死の霧」 を何
度か使用します。それにしてもこの毒ガスですが、ストーリー上、死なせたい
人にしか効かない
「昭和テイスト」 に満ち溢れたガスの様でガス。

| .ガイド 怪獣房 | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT