重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

怪物の目の数

「山分け」の穴埋め問題ですが・・・

     1:(   )
     3:三つ目入道
    16:(   )
   100:百目

一見、「・・・く、くだらない・・・」と思いましたね。
まぁ、「 悪法も法なり 」と言うくらいだから、「 悪問も問題なり 」でしょう。

気を取り直して考えました。
16は選択肢から、ヤマタノオロチ ( 目2 × 首8 = 16) とすぐ判明しましたが・・・
 1は皆さん知らなかったようで、正解無し。

私は幼少から、水木しげる先生の 「 妖怪もの 」 を座右にして育ちましたので
バックベアード 」 だと分かりました。
確かにマイナーかも知れませんが、『ゲゲゲの鬼太郎』 では西洋妖怪のボス的存
在として、また特撮ヒーロー物の 『超神ビビューン』 では第1話に登場( こち
らは目が沢山ありましたが・・・ )するくらいですから侮れない存在だと思ってい
たのですが・・・

帰宅してから、書架にあった 「 大人向け 」 のモンスター図鑑を数冊調べたら、載っ
てないんですね、どれにも。その時、「 子供向け 」 の妖怪図鑑にバックベアード
を紹介した水木先生は 「さすがだ!!」 と思った反面、「ま、待てよ・・・」 と言う
気もあったので、一応ネットで検索したら驚くべき事が書いてありました。

   「バックベアードは水木しげる先生が創作した妖怪と思われる」

や、やはり(汗) 水木しげる先生は 「 さすが!!」 でした。

| .武芸帳 その他 | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/17-a30917e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT