重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒロインを目当てに借りました


(敬称略)

「マッハバロン」 のヒロインを演じた 木下 ユリ は、同番組以外の出演
作が殆ど分かりません。 件の 「 昭和特撮ボイン板 」 にも投稿された
女優だけに、他の出演作でも確認したいトコロなんですけどね・・・

と、 いう訳で現時点では唯一判明してる出演作「マッハバロン」を最初
から一通り観賞しようかと。 それにしても、 キャストが凄いですネ。 あ
まりお目にかかったことがない(私だけかもしれませんが)方々ばかり
です。 これはレギュラー出演の方々に関してもココに採録した方が後
の作業に役立つ可能性がありますな・・・ 


主人公の家系

祖父 : 嵐田 竜之介
嵐田竜之介 
嵐田コンツェルンで築いた私財を投じてKSS(キス)を立ち上げました。
孫で主人公の陽(よう)を、マッハバロンの操縦士として訓練しましたが、
1話で、ララーシュタインの手の者によって殺害されます。
演じるは、19世紀生まれの大ベテラン ・ 香川 良介 です。

父 : 陽一郎
母 : ?
嵐田ファミリー 嵐田 陽一郎

陽一郎はララーシュタインに師事したロボット工学者です。マッハバロン
(1号機)を世界征服の具としようとするララーシュタインの野望を見抜き、
マッハバロンを破壊 (3話 )して妻子と逃亡しました。 しかし、乗っていた
客船を襲撃されます(1話)。
陽一郎を演じたのは 小倉 雄三 。母 ( 名前不詳) を演じたのは 加藤 真
知子
。少年期の陽を演じたのは 小山 渚 です。

襲撃から唯一生き延びた陽は竜之介に引き取られます。そして、マッハ
バロンの操縦士となるべく、 竜之介による厳しい訓練を受けることとなり
ました・・・
嵐田 陽 
10年後の陽 ( 主人公 ) を演じたのは 下塚 誠 です。この時点の陽は、
いつ完成するとも知れぬマッハバロンの操縦訓練に疑問を抱いていた
のでしたが・・・

KSSの仲間たち

実は、竜之介の友人でロボット工学者の 村野博士 の手によってマッハ
バロン(2号機)は極秘裏に完成していたのでした。
村野博士 
演じるはご存知、帰ってきたウルトラマンこと 団 次郎 。KSSのリーダー
です。

「ガンさん」 こと 岩井 明 隊員。
岩井 明 
演じるは 力石 考 。Wikipedia によれば、「あしたのジョー」 のライバルに
似た風貌故につけた芸名だとか。

「ジョージ」 こと 白坂 譲司 隊員。
白坂 譲司 
演じる 加藤 寿 (現:大樹)はスタントマン出身。ゲストやスーツアクターとし
て多数の特撮番組に出演されています。
以上の3名が長身なので、主人公(170cm)が小柄に見えますね。

仲間 
ヒロイン ・ 小杉 愛 (右) を演じたのは 木下 ユリ 。その弟 ・ 健一 (中央) を
演じたのは 内海 敏彦 。そして(左)、「発明刑事」 こと 花倉刑事を演じたの
深江 章喜

敵側

父の師にして一家の仇である ゲオルク ・ ララーシュタイン。
ララーシュタイン 
演じるは 伊海田 弘 。こんな髪型のボクシング関係者がいらっしゃいました
ね。

タンツ陸軍参謀(手前)
スーカン海軍参謀(中)
ゲラー空軍参謀(奥)
参謀たち 
タンツを演じたのは 麿 のぼる 。スーカンを演じたのは 所 雅樹 。この2名は
最終話までそのままでしたが、ゲラーを演じた 桜木 栄一 が9話で 木村 章
と交替しています。


第1話のゲスト出演者は、主人公の家系の4名と、9話からゲラー役になる
木村。 特に香川は 「傍線付き」 のクレジットでした。 この回の木村は、戦闘
員の役と思われ、確認できませんでした。

木村は第2話のゲストにもクレジットされてますが、こちらも未確認。クレジッ
トされてるもう一人のゲストは・・・
2 - 生存者 
生存者(演:長 克己

第3話のゲストは、ララーシュタインの回想シーンでマッハバロンを爆破する
小倉 雄三 と、 大塚 晴彦 。大塚は木村同様、戦闘員役と思われ未確認。

大塚は第4話にもクレジットされてますがこちらも未確認。 ヒロインの友人 ・
ヨウコを演じた 白石 美和子 は溺れているシーンのため、顔がはっきりしない
ので画像は割愛しました。
オバケ屋敷で健一を誘拐する女。
4 - 魔女 
演じたのは 太田 博子



最後は DVD - vol 1 収録の 1~4 話 の 「 小杉 愛 」 画像集です。

1話より

小杉 愛 - 3 

2話より

小杉 愛 - 4 

4話より

小杉 愛 - 5 小杉 愛 - 6 小杉 愛 - 7

見辛いかもしれませんが、「谷間」です。

小杉 愛 - 8 



| .配役捜査網 .作品別 .TV 特撮 | 10:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

謎のボイン

木下ユリさん、ホントに謎ですねぇ。今なら間違いなく雑誌のグラビアに登場していると思いますが・・・もったいないですねぇ。

加藤寿氏はアイアンキングのスーツアクターでしたね。先日も登場した伊海田弘さんは不知火順三郎役だけではなく、予告篇のナレーションも務められていたようです。

マッハバロンはオープニングの映像が印象深いです。リアルタイムで見ていたはずですが内容はほとんど覚えてないですね。レッドバロンと共に見てみたい作品です。

| 突然段ボール | 2012/06/02 22:10 | URL |

Re: 突然段ボール さん

いつもコメントありがとうございます。

> 木下ユリさん、ホントに謎ですねぇ。今なら間違いなく雑誌のグラビアに登場していると思いますが・・・もったいないですねぇ。

木下さんを別の角度から調査された方のブログを拝見しましたが、デビュー当時に雑誌で紹介された記事などを
紹介されていました。しかし、出演作に関しては「マッハバロン」以外は不明でした。

> 加藤寿氏はアイアンキングのスーツアクターでしたね。先日も登場した伊海田弘さんは不知火順三郎役だけではなく、予告篇のナレーションも務められていたようです。

加藤さんは特撮に多数出演された俳優です。シルバー仮面の「中の人」もされてたらしいです。伊海田さんとは「アイアンキング」でも共演されているようなので、そちらも借りてきて観賞しようと思います。

> マッハバロンはオープニングの映像が印象深いです。リアルタイムで見ていたはずですが内容はほとんど覚えてないですね。レッドバロンと共に見てみたい作品です。

父方の伯父宅へ遊びに行ったとき、ちょうど「マッハバロン」を観たんですね。確か日曜日の午前放送だったので再放送かも知れませんが。内容に関してはまったく記憶にありません。勿論、木下さんのことも。唯一記憶に残っていたのは、「キッサー」という了解の合図です。伯父がそれを「キッザー」と真似していました。たったコレだけでも記憶に残ってるものですネ。

| シャオティエン | 2012/06/03 07:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/186-5d86e05f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT