重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅鬼大人からマジョへ


(敬称略)

バトルホーク
から少年探偵団石光豊つながりできました。今回は少年
探偵団
から山添三千代つながりで・・・

呪いの館 血を吸う眼 」 ( 昭和46年6月公開・東宝 )

を、出演者の話題を中心に採り上げてみたいと思います。

この映画は、「血を吸う」 シリーズの第2弾で、本場の吸血鬼映画と比べ
ても遜色のない傑作だと思います。私が持ってる次の2冊 ( 共に訳書 )
にも採録されています。

『 吸血鬼の事典 』 ( マシュー・バンソン/松田和也・訳 )
『 吸血鬼映画B級大全 』 ( ジョン・L・フリン/濱口・村尾・濱田・訳 )

クレジット順に、出演者を紹介していきましょう・・・

佐伯  佐伯 ( 演/高橋 長英
ヒロイン ・ 柏木秋子の恋人です。秋子の周囲で起きる怪事件の謎を、2
人で協力しながら解いてゆきます。
★佐伯役の高橋は、 特撮のへの出演はあまりないようです。 「 スターウ
ルフ 」 の リュウ が有名でしょうか★★

柏木夏子  柏木夏子 ( 演/江美 早苗
ヒロインの妹です。後半、吸血鬼の毒牙に掛かって吸血鬼化します。
★夏子役の江美は、西野バレエ団5人娘のひとりです。女優というよりは、
歌手、作詞家としての活躍が有名ですが、1988年に非業の死を遂げまし
た★★

柏木秋子  柏木秋子 ( 演/藤田 みどり
ヒロインです。
★藤田は本作で映画デビューです。テレビドラマでは既に活躍していて・・・
294 - 元助手  「ザ・ガードマン」 第294話では・・・
ファッション ・ デザイナーの夫と不倫関係 ( 後に夫によって殺害されます )
にあるデザイナーの元助手という役を演じました。因みに彼女の死を調査
する警部役で・・・
294 - 警部  「ザ・ガードマン」 第294話より
名古屋 章 も出演していますが、驚くべきことにノンクレジットです★★

吸血鬼 - 1  吸血鬼 - 2
影のような男 ( 演/岸田 森
私は吸血鬼が主役だと思ってたんですが、クレジット②の筆頭にやっと登
場です。
★第3弾 「 血を吸う薔薇 」 でも吸血鬼を演じた岸田。 「 怪奇大作戦 」では
吸血鬼を科学的に究明する立場 (結局それは果たせませんでしたが) の
役でした。★★ 

久作 - 1  久作 ( 演/高品 格
貸しボートを管理する爺さんです。家のちょっとした補修なども引き受けた
りして、ヒロインとは親しく付き合っていましたが・・・
久作 - 2 
ヒロインを襲ったり、自動車の中という狭い空間で佐伯に襲い掛かったりす
る姿は、豊富な悪役経験で培った見応えのあるシーンです。とても初老の
動きではないですよ。
★高品は第1弾 「 幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形 」 にも出演しています★★

吸血鬼の父  老人 ( 演/大滝 秀治
冒頭と、クライマックスに登場する、岸田が演じる吸血鬼の父親です。

教授  教授 ( 演/松下 達夫
       ↑
ここからはクレジット③の方々です。佐伯が勤務する大学病院の教授
です。奇妙な患者(桂木)に関して???という役です。
 
釣り人B 釣り人A
右 ( 演/小川 安三
左 ( 演/大前 亘
ボートを借りに来た釣り人達です。この時、既に久作は吸血鬼に操られ
ています。この方々が来たお陰で、ヒロインは救われました。

家出娘  患者 ( 演/桂木 美加
中盤、佐伯が勤務する病院へ極度の貧血状態で担ぎ込まれる患者です。
彼女が血を吸うシーン観たかったですが、残念ながらありませんでした。
★桂木といえば 「 帰マン 」 の 丘 ユリ子 隊員役が有名です。吸血鬼役の
岸田とはそちらでも共演しています。 第3弾 「 血を吸う薔薇 」 にも出演し
ています★★

運送屋  運送屋 ( 演/二見 忠男
吸血鬼に操られて棺桶を運ばされる運送業の男です。そもそも、この男が
久作の許へ大きな謎の荷物 ( 中身は棺桶 ) を届けたことが、この映画の
発端です。
★二見は 「 血を吸う 」 シリーズ全作に出演しています。特撮には、善悪共
に多数の出演があります★★

ピアノの女  ピアノの女 ( 演/立花 房子
ここからはクレジット④の方々です。少女時代のヒロインが登場する冒頭の
シーン。吸血鬼の館で死んでいる女性役です。台詞はありません。

看護婦A 看護婦B 看護婦C
順不同で申し訳ありませんが、看護婦役の方々をまとめました。
左から・・・
看護婦A ( 演/川口 節子 ) 吸血鬼化した夏子に襲われます。
看護婦B ( 演/記平 佳枝
看護婦C ( 演/毛利 幸子
いずれも東宝専属女優の方々です。特撮映画にもそれぞれ、かなり出演
しているようです。この中で、拙ブログでは毛利幸子を既に採り上げていま
す。どんな役だったか、覚えていらっしゃいますか?

警備員  警備員 ( 演/鈴木 治夫
掴んでいるのは看護婦C(毛利)の肩ですw 部屋から抜け出した患者(桂木)
を追いますが・・・
★鈴木は円谷系特撮ドラマの常連です★★

幼少の秋子  少女時代の秋子 ( 演/山添 三千代
冒頭に登場する、少女時代の秋子です。逃げ出した愛犬を追って吸血鬼の
館へ迷い込みます。冒頭では語られませんが、彼女を助けたのは吸血鬼の
父である老人でした。
★山添といえば・・・
マジョ  ( 「少年探偵団」 より )
下顎のほくろが特徴的です。恐らくはコレが決め手でのキャスティングだっ
たと思いますが、ヒロインの藤田もまた下顎の同じような箇所にほくろがあり
ます。もっとも、位置は藤田の方が明らかに下ですね★★

暫く前に購入した、『 東宝特撮女優大全集 』 に、川口節子のインタビュー
が載っています。それが、看護婦役を特定するのに大変参考となりました。
それにしても、100名以上の女優を豊富なスチールと共に採録している同
書ですが、この映画のヒロインである藤田に関しては記載がありません。
理由は不明です。

 

| .配役捜査網 .作品別 映画 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

岸田森氏

岸田森氏も特撮界の名優のひとりですね。実はホラーが苦手なので血を吸うシリーズは未見なのですが、岸田氏の演技だけは見たいですね。怪奇大作戦もあの吸血鬼の回は怖くて見られません。

名古屋章氏がノンクレジットとは驚きですね。ダチョウ倶楽部のリーダーが「な、な、なんだおいっ!」とモノマネしそうです(笑)

二見忠男氏も出演されていましたか。コンドールマンではオカマのサディストであるケニアの吐かせ屋というコインマーの人間態役でした。拷問道具の詰まったカバンを開けて「今日はどれにしようかしら?」と悩むシーンは最高でした。しかしなんといっても仮面の忍者赤影での雲間猿彦・犬彦の双子役が代表作でしょう。

藤田みどり氏は岡田眞澄氏夫人だったんですね。マグマ大使には出演されてなかったんでしょうか?

江美早苗氏、事件のことは知っていましたが作詞家として活躍されていたことは今回調べて初めて知りました。アイドルにかなり詞を提供していたんですね。

桂木美加氏、次作では岸田氏と共に主役級ですね。どんな吸血鬼を演じているんでしょうか。

高品格氏、大滝秀治氏という名優も出演していたんですね。怖いですがちょっと見てみたくなりました(笑)

| 突然段ボール | 2012/06/24 02:39 | URL |

Re: 突然段ボール 様へ 

いつもコメントありがとうございます。

> 岸田森氏も特撮界の名優のひとりですね。実はホラーが苦手なので血を吸うシリーズは未見なのですが、岸田氏の演技だけは見たいですね。怪奇大作戦もあの吸血鬼の回は怖くて見られません。

私は、小学校に入る前からクリストファー・リーのドラキュラ物で免疫ができてます(苦笑)あちらのシリーズでは、少々おふざけが過ぎるのもありました。そんな作品と比べたら、「血を吸う眼」は格段に怖いです。

> 名古屋章氏がノンクレジットとは驚きですね。ダチョウ倶楽部のリーダーが「な、な、なんだおいっ!」とモノマネしそうです(笑)

「ザ・ガードマン」のあの回は、真山知子さんと川合伸旺さんが主役でしょうか。他には、南原宏治さん、橋爪功さん、そして藤田みどりさん・・・ここまで、善人役が皆無というのが壮絶ですw。それから、特撮ではお馴染みの外人、フランツ・グルーベルさんも出演しています。

> 二見忠男氏も出演されていましたか。コンドールマンではオカマのサディストであるケニアの吐かせ屋というコインマーの人間態役でした。拷問道具の詰まったカバンを開けて「今日はどれにしようかしら?」と悩むシーンは最高でした。しかしなんといっても仮面の忍者赤影での雲間猿彦・犬彦の双子役が代表作でしょう。

コンドールマンのオカマといえば、ダブルバットだと思っていましたが、こちらもオカマでしたか。片手がマグネットのようになっていたのは覚えています。二見さんは他にもいろいろな役を演じていらっしゃいますので、今後も紹介していくことになるでしょう。

> 藤田みどり氏は岡田眞澄氏夫人だったんですね。マグマ大使には出演されてなかったんでしょうか?
> 江美早苗氏、事件のことは知っていましたが作詞家として活躍されていたことは今回調べて初めて知りました。アイドルにかなり詞を提供していたんですね。

藤田さんはこの後、あまり役に恵まれていないですね。他にもヒロインやっててもよさそうなんですが・・・
江美さんはこの後、作詞家として活躍されますが、残念な事件に巻き込まれてしまいました。この美人姉妹、映画の中では楽しそうだったんですがね。

> 桂木美加氏、次作では岸田氏と共に主役級ですね。どんな吸血鬼を演じているんでしょうか。

桂木さん、今回は台詞なしの患者役でした。次作では是非、血を吸う役を観てみたいです。

> 高品格氏、大滝秀治氏という名優も出演していたんですね。怖いですがちょっと見てみたくなりました(笑)

高品さんのアクション、恥ずかしながら初見でしたので吃驚しました。若い頃の、悪役ぶりも観たくなってきました。大滝さんは初めと終わりにしか出てきません。しかし、ある意味でこの方がいないとこの映画が成り立たない「重要な」役です。どなたが演じられてるのか、始めは判りませんでしたけどね。

| シャオティエン | 2012/06/24 09:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/200-b90efb4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT