重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰マンと怪獣、それぞれの中の人


電人ザボーガー
第41話 「 出来た!!ストロング・ザボーガー 」
  より


石ノ森系の特撮番組が続きましたので・・・
前回登場の 田中 力 氏つながりで、今回は 「 電人ザボーガー 」 を採り
上げてみましょう。 

電人ザボーガーは全52話のうち、39話までが 「 ∑団編 」 、それ以降は
「 恐竜軍団編 」 と分類されます。田中氏が演じた・・・
武田博士   武田博士 (演/田中 力
武田博士は、主人公・大門豊の父・大門勇博士の親友です。残念ながら
レギュラーではありませんが、第25話に登場し大門博士の遺業を引き継
いでザボーガー基地の設計図を完成させます。暫く登場がなかった武田
博士が再登場したこの回は・・・
ガラキ  メカアーミー1号 ・ ガラキ
ザボーガーでも歯が立たない、恐竜軍団が放つメカアーミーへの対抗措置
として、ザボーガーを強化させるという重要な役です。


恐竜軍団とは・・・
魔神三ツ首 王女メザ 悪魔ハット
魔神三ツ首(左)と、それに仕える王女メザ(中央)(演/堤 光子)、悪の科
学者悪魔ハット(右)(演/遠矢 孝信)を中心とした集団です。世界を海底
に沈め、それに替わる新たな大陸を浮かび上がらせて自分たちの帝国を
築こうという・・・途方もないことを企んでいます。 ★電人ザボーガーはリア
ルタイムで観てました。ストーリーは全く覚えてませんが、これらのキャラ
クターは強烈なインパクトがありましたのではっきり記憶しています★

この魔神三ツ首を、民俗学的に調査していた博士がいました。しかし博士
は殺害され、一緒に調査していた娘の・・・
浅尾 由紀  浅尾 由紀 (演/本木 紀子
は命を狙われることになりました。彼女の幼なじみである・・・
松江 健  松江 健 (演/坂大 勝也
は彼女のボディガードのようなことをしてましたが、ザボーガーも歯が立たな
い相手ですから彼の力ではどうしようもありません。 大門豊は2人に基地へ
来るよう勧めますが・・・ヤキモチ焼きの健はなかなか応じませんでした・・・


武田博士がザボーガーの強化策として立案したのは・・・
頑張って! 
この画像に写っている、健の愛車マシン ・ バッハとザボーガーを合体するという
もの。これには頑なな健の協力が不可欠です。結局、由紀に懇願されて豊に協
力することになるのですが、合体訓練は失敗続き。そう言えば・・・武田博士曰く
「 正義を守る心を一つにしなければ 」 合体できない(苦笑)んでしたね。

「 初めから無理だったんだ!」 と言って去って行く健。
しかし、愛する由紀が王女メザに連れ去られたのでマシン・バッハで駆けつけま
すが、やはり独りではねぇ・・・
そこへ・・・
行くぞ!  「 今こそ合体する時だ!」
おう!  「 おう!」
      ↓
合体成功  → ストロング・ザボーガー
やった! - 2 やった! - 3 やった! - 1  

ついに合体が成功し、ストロング ・ ザボーガーが誕生しました。


中野刑事  中野刑事 (演/きくち 英一
中野刑事を演じたきくち氏は、「 ∑団編 」 から継続してのレギュラー出演で
す。★きくち氏といえば、「 帰マン 」 の中の人 ・・・ つまりスーツ ・ アクターと
して有名ですね。そして、帰マンと闘った多くの怪獣の中の人は、悪魔ハット
の遠矢氏でした★

★★王女メザを演じた 堤 光子 氏といえば、「 ウルトラマンA 」 の 南 夕子が
有名です。当時は 「 星 光子 」 名義でした。私個人の感想で申し訳ありませ
んが ・・・ 南 夕子 よりも王女メザの方が可愛く感じます。髪型の所為ですか
ね?★★

最後に・・・
基地へ
薄々お気付きの方もいらっしゃると思いますが・・・由紀を演じた本木氏もまた
ボインですね。
しかし残念なことに、電人ザボーガー ( しかも10数話のみ ) の出演以外、詳
しいことが分かりません。他の作品でお目にかかることは出来るでしょうか? 

 

| .ガイド .昭49 電人ザボーガー | 10:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

まさに「ヒゲとボイン」ですね。

あ、念のために聞いておきますけど、ヒゲフェチではないですよね?

| 愚夫愚父 | 2012/07/04 23:20 | URL | ≫ EDIT

Re: 愚夫愚父 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> まさに「ヒゲとボイン」ですね。
> あ、念のために聞いておきますけど、ヒゲフェチではないですよね?

本木紀子さんは、映像を確認していて偶然みつけた「ボイン」です。このような「知られざるボイン」を偶然見つけてしまうと、嬉しいですネ。
さて、今回の「ヒゲ」さんですが・・・「流星人間ゾーン」では、そちらの「ボイン」ちゃんとの格闘シーンで、伝説の「ごろんごろん」を展開します。これは、役得でしたね。最近、丸目豪作や中野刑事など続けて登場していますが、ヒゲフェチではありません(笑)

| シャオティエン | 2012/07/05 07:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/207-7cf1d5ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT