重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

舞台は宮城県でした


少年探偵団
第15話 「 大入道三百年の呪い 」
  より


前記事で 「 宿題 」 としていた 「 磔 」 画像集ですが、毎週1作品ずつ採り
上げて行こうと考えています。今週は第1回目としてコレを。磔にされるの
は本作のヒロイン明智ちはるです。

少年探偵団を紹介した 「 過去記事 」 ( ← ご覧下さい ) 

でも触れましたが、ちはる役は第9話で交替していますので・・・ 

めぐみと再会 

藤山 律子 氏 ( 左 ) です。右はちはるの友人 ・ めぐみ (演/矢島 洋子
です。

ちはるはめぐみに会うためにバスでやって来ますが・・・ 

宮城交通バス 

どこかで見たことがあるバスだなと思ったら、舞台は宮城県だったんです
ね(苦笑)。現在もこの外観のバスは現役で走ってます ( ませんネ ・・・ 申
し訳ありません )。 「 少年探偵団 」  はリアルで観てましたけど、このエピ
ソードは覚えていません。

今回、怪人20面相が狙っているのはめぐみの家にある刀。大入道退治に
使用されたとの逸話もある宝刀です。★ググってみましたところ、「 大入道
伝説 」 は実際に現地に言い伝えられているようです★

怪人20面相はかなり早い時点からちはるに化けています。そして、BD7
の面々をひとりずつ拉致。加えて偽者のちはるが姿を消すことでちはるま
でが拉致されたように装います。これらの嫌疑は全てめぐみへ。やがてそ
の嫌疑は晴れますが・・・

15 - BD7 - 1  15 - ちはる - 1 

ここに、「 磔 」 されたちはるが登場します。実はこれは罠で・・・

15 - ちはる - 2  

       

15 - ちはる - 3 

BD7の面々は落とし穴に落下。ちはるに見えたマネキンも落下・・・orz
この穴の中には拉致された面々も揃っていましたがちはるの姿はありま
せん。
この後突如現れた明智小五郎が、ちはるを含めた全員を助けた上で偽
者のちはる ( = 怪人20面相 ) の前でトリックの種明かしやら偽者の化
けの皮を剥ぐやら・・・まさに、変身忍者嵐の 「 月の輪 」 の如き大活躍で
す ( 満点大笑い ) 。 

偽者のちはるが正体を現すシーン・・・

偽ちはる - 1 偽ちはる - 2 偽ちはる - 3 

藤山氏はちはる役を快く思っていなかった・・・と、何かで読んだことがありま
す。東映 「 スケ番 」 映画常連の藤山氏にとって、「 善人 」 でのレギュラー
は苦痛だったらしいです。そんな藤山氏の面目躍如のシーンだと思います。

それから・・・

15 - 職員 

事件解決後のBD7にトロピカル・フルーツを振舞う職員(?)役で、拙ブログ
ではお馴染みの 富士乃 幸夫 氏が登場します。

事件を解決したBD7がプールで遊ぶシーンで終了ですが・・・

バリハイセンター 

画像はここの名物 「 波の出るプール 」 。かつて川崎町にあった

バリハイセンター

です。営業していた当時、私は残念ながら連れて行ってもらったことがあり
ません。現在は解体されて跡地はどうなってるか知りませんが、巨大廃墟
として 「 心霊スポット 」 になっているようです。



| .ガイド .昭50 少年探偵団 | 10:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

少年探偵と団

 はじめまして。

 この施設川崎町にあったんですね。知りませんでした。似たようなプールが名取市にもありそちらには行ったことがあるんですけど。白石や村田、エポカ21とけっこう県内いたるところにプール施設があり私もよく行ったものです。

 番組に関してはコンクリートの地面に目印のバッチを置く場面なんかは違和感ありましたね。あの時代でさえ冒険ごっこは成立しないわけです。

| 21世紀の宇宙仮面 | 2013/06/13 15:55 | URL |

Re: 21世紀の宇宙仮面 様へ

初めまして。コメントありがとうございます。

>  この施設川崎町にあったんですね。知りませんでした。似たようなプールが名取市にもありそちらには行ったことがあるんですけど。白石や村田、エポカ21とけっこう県内いたるところにプール施設があり私もよく行ったものです。

「川崎」という地名を最初に目にした時、「川崎市」だと勘違いしていました(汗)。昭和50年代、テレビでこの施設のCMはよく目にしました。私は県北ですので県南のこの施設へは連れて行ってもらったことがないです。夏休みの親子旅行は、ドチラかと言えば海水浴でしたね。

>  番組に関してはコンクリートの地面に目印のバッチを置く場面なんかは違和感ありましたね。あの時代でさえ冒険ごっこは成立しないわけです。

大自然の中でする「冒険ごっこ」は成立しないかもしれませんが、私達は「探偵ごっこ」と称してお揃いの探偵手帳なんかを駄菓子屋から買ってきて近所を徘徊してましたね。冒険を探偵に挿げ替えただけで、中身は殆ど変わってませんが。当時の私達にとって普段と変わったことをすることが「冒険」を意味していました。

今後とも、宜しくお願いします。

| シャオティエン | 2013/06/13 17:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/238-4da34e20

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT