重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キングからキングへ


キングの怪演に続いても、キングつながりで行ってみましょう。
コチラは怪獣ですけどネ・・・

帰ってきたウルトラマン
第4話 「 必殺!流星キック 」
  より


キングザウルス三世 - 1 古代怪獣 キングザウルス三世

冒頭、 第1原子力発電所 付近にイキナリ怪獣が出現しますw
迎撃した郷のマットアローは、この熱線により撃墜されます。ここで早くも
ウルトラマンの登場となりますが・・・

キングザウルス三世 - 2 キングザウルス三世 - 4

正面からの攻撃は、角から発せられるバリヤーによってガードされてし
まいます。

キングザウルス三世 - 3  4 - 大の字

全ての光線技をブロックされたウルトラマンはなす術もなく・・・
 
敗北 

Aパートも始まったばかりで ・・・ orz

★ 原子力発電所が破壊されると・・・「東京の電力は完全にストップする
ので、何としても怪獣を食い止めろ」(加藤隊長)・・・昭和46年当時は長
閑な時代だったと、この台詞からも察せられますね。電力供給停止より
も恐ろしいことが破壊後に控えている ・・・ とは、恐らく殆どの方が知らな
かった時代だったのでしょう ★ 


4 - 国連病院看護婦 

救出された 郷 は、怪獣のことを考えると安静にしていられずに看護婦
(演/川口 節子) を 困らせていました。そんな彼を見舞いに・・・

4 - 警察官 

アキと次郎がやってきます。途中、警察官 (演/伊藤 実) に病院まで
の距離を尋ねたら、あと20分も歩かねばならないと・・・

4 - 丘ユリ子

そこへ・・・渡りに舟ならぬ徒歩にマットビハイクルとばかりに丘隊員登
場。実はアキ、乗りたくないんですね。 三角関係の被害妄想とでも言
いますか ・・・ この後、 郷の病室のシーンではアキの気持ちを次郎が
代弁するシーンがあります。

丘隊員から怪獣のことを聞いた郷は病室から姿を消します。 加藤隊
長からの一報を受けた健は・・・

ヒライ峠 - 1  「 ヒライ峠だ!

と、 ときます。その場所は、レーサーを目指す郷と健が山籠りし
て猛特訓した場所でした。アキと次郎は郷がいるヒライ峠へ・・・

ヒライ峠 - 4 

健が言った通り。郷はヒライ峠にいました。
★ 郷の見舞いに向かうシーンとこのシーン、恐らくは同じような場所
でロケされたと思われます。坂田姉弟の服装も同一ですし・・・★

ヒライ峠 - 2 ヒライ峠 - 3

この猛特訓の末に編み出したのはその名も・・・

流星キック

です。それと呼応するかのように (笑)

4 - 発電所 - 1 

原子力発電所に怪獣出現ですw
★ 画像左は名バイプレイヤー ・ 加藤 茂雄 氏です。特撮作品に多数
出演があります。今回は発電所の警備員です ★

4 - 発電所 - 2 

原子力発電所へ迫る怪獣に対しミサイル攻撃する (爆笑) マットアロー。
空から心配そうに2人が見ているのは、勿論発電所ではありません・・・

4 - 発電所 - 3 

この時 ( ← その記事です ) と同じく怪獣へ突っ込む郷ですw

勿論 ・・・ 人間 ・ 郷秀樹 が放つ流星キックが通用する訳がありません
のでウルトラマンの登場です。 しかしウルトラマンはまったく攻撃せず
に 「 その時 」 を待ち続けました。そして、カラータイマーの点滅も始まっ
たその一瞬・・・

流星キック - 1 流星キック - 2 流星キック - 3

バリヤーの元凶である角に目掛け、頭上から踏みつける (?) ことでコレ
を折ることに成功しました。戦意喪失の怪獣はウルトラマンに背を向けて
地中へ去ろうとしましたが・・・

キングザウルス三世 - 5 

★ 四足歩行の怪獣のネックは 「 後ろ足 」 でした。それまでの四足歩行怪
獣にみられた 「 不自然に折れ曲がった後ろ足 」 を見事に克服しているの
がこの画像からも判ります ★


最後は・・・

4 - アキボイン 

坂田アキのボイン画像です。ヒライ峠へ向かう直前に登場します。




「 買い物 」 の第2回目ですが・・・
キングつながりの次は、 「 ぶんた 」 つながりで ・・・?



| .ガイド .ウルトラ 帰マン | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/257-8ae34840

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT