重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3人揃って立春に


毎日多数のアクセスありがとうございます。

2月は本業で、長めの連休が2回ありました。1回目の連休中だった4日、
DVD - Box 「 トリプルファイター 」 及び端物で 「 アクマイザー3 」 入手しま
した。この2つは私のライブラリーには新顔だったことも有り、雪道でしたが
帰宅の際は満ち足りた気分でした。2回目の連休中だった14日、今度は
「 超神ビビューン 」 と 「 ミラーマン 」 の端物を入手。コチラも新顔です。ひ
と月で新顔だけでコレだけ揃えられたのは運の良いことだと思います。 

21日にはカテゴリを見直しました。26日には、昨年の3月以来およそ1年
ぶりでブロとも申請があり、3人目のブロともとして承認しました。私からブ
ロとも申請したことはありませんが、申し込まれた場合は今のところ、概ね
承認する予定です。ただ、私ができるのはリンクする程度で、頻繁にコメン
トをやり取りするような 「 とも 」 にはなれません。コレまでの2名ともそんな
感じで1年経ちました。

それでは、2月の解析結果の部門別ランキングを発表します。尚、(総合★
位)の順位とは、2013年通年の順位を表します。 

番組部門

第 1位 「 快傑ライオン丸 」  (総合2位)
第 2位 「 「マグマ大使 」  (総合7位タイ)
第 3位 「 流星人間ゾーン 」 (総合10位タイ)
第 4位 「 変身忍者嵐 」  (総合12位タイ)
第 5位 「 ジャッカー電撃隊 」  (総合16位タイ)
第 6位 「 ウルトラマン 」  (総合25位タイ)
第 7位 「 仮面ライダー 」  (総合17位タイ)
第 8位 「 ウルトラマンタロウ 」  (総合23位タイ)
第 8位 「 超人バロム ・ 1 」  (総合10位タイ)
第10位 「 快傑ズバット 」  (総合25位タイ)
第10位 「 忍者キャプター 」  (総合17位タイ)
第10位 「 バトルホーク 」  (総合37位タイ)

ヒーロー部門

第1位  内藤 勝介 (総合87位タイ)
第2位  BD7  (総合87位タイ)
第2位  MAT  (総合87位タイ)
第3位  キレンジャー/大岩 大太 (総合130位タイ)
第3位  クローバーキング/大地 文太  (総合130位タイ)
第3位  鉄人大王  (総合130位タイ)

★ ヒーロー部門は相変わらずこんな感じですw (笑) 。2位タイの2つ
は団体名です。3位タイでやっとヒーローらしい名前が登場しましたが、
ドラマ内での立場も 「 三番手 」 ですな。★ 

ヒロイン部門
 
第 1位  沙織  (総合1位)
第 2位  美川のり子 隊員 (総合4位)
第 3位  ゾーンエンジェル/防人 蛍  (総合3位)
第 4位  モル  (総合7位タイ)
第 5位  アンヌ 隊員  (総合15位タイ)
第 6位  リエコ  (総合6位)
第 7位  花忍キャプター3/天堂 美樹 (総合21位タイ)
第 8位  アカネ 隊員  (総合49位タイ)
第 8位  丘 ユリ子 隊員  (総合27位タイ)
第 8位  花忍キャプター3/桜小路マリア (総合17位タイ)

★ 2月の解析結果では、美川隊員がゾーンエンジェルを上回って2位と
なりました。途中で変身する人が交代する花忍キャプター3は両人共ラ
ンク入りしました。アカネ隊員は初登場です。★

怪獣怪人部門

第1位  鉄ヘビ仮面 (総合63位タイ)
第1位  魔女メドーサ  (総合37位タイ)
第3位  赤ジューシャ  (総合32位タイ)
第3位  エイキング  (総合72位タイ)
第3位  ジャイアントデビル  (総合72位タイ)

★ 有名な怪獣怪人たちを制して月間上位には、マイナーなところが
並びました。第1位タイの鉄ヘビ仮面は黒十字軍の怪人たちの中で
も 「 そんなのいたか?」 に属するのではないでしょうか。★

男優部門

第1位  大野剣友会 (総合13位タイ)
第2位  小林 清志 氏  (総合32位タイ)
第3位  池田 力也 氏  (総合72位タイ)
第3位  二見 忠男 氏  (総合72位タイ)
第4位  潮 哲也 氏  (総合63位タイ)
第4位  中村 文弥 氏  (総合72位タイ)

★ 第3位の池田氏と第4位の中村氏は大野剣友会メンバーです。
解析には多数の男優名が登場しましたが、皆1~2pt 止まりです。
そんな中、第3位タイの二見氏月間ランキング初登場です。どんな
役で拙ブログに登場したか、覚えていますか?★

女優部門 ) 

第1位  九条 亜希子 氏  (総合5位)
第2位  應 蘭芳/三瀬 滋子 氏  (総合37位タイ)
第2位  牧れい/宮内 恵子 氏 (総合29位タイ)
第4位  大森 不二香 氏  (総合32位タイ)
第4位  城 恵美 氏  (総合42位タイ)
第6位  朝比奈 順子/小早川 純 氏 (総合42位タイ)
第6位  桂木 美加 氏  (総合49位タイ)
第6位  隅田 和世 氏  (総合13位タイ)
第6位  戸島(北原)和美 氏  (総合27位タイ)
第6位  夏樹レナ 氏  (総合21位タイ)
第6位  松谷 紀代子 氏  (総合32位タイ)

★ 男優部門と同様に、コチラも多数の方々が解析に登場しました。
しかし、コチラはそれぞれに pt が集まったのでランキングの態を成
しました。★

子役部門

第1位  梅地 徳彦 氏 (総合63位タイ)
第2位  吉野 比弓 氏  (総合87位タイ)
第3位  斉藤 浩子 氏  (総合109位タイ)
第3位  高橋 仁 氏  (総合109位タイ)
第5位  佐久間 真由美 氏  (総合130位タイ)
第5位  富永 美子 氏 (総合130位タイ)  
第5位  林 寛子 氏  (総合72位タイ)

★ 今月の月間1位は男性でした。★


最後に、2月の珍キーワード集です。

「 ウグイス パンチラ 」 ( 意味不明です。9日登場 )

「 昭和の女子高生画像 」 ( ゾーンエンジェルは設定上女子高生
でしたね。実年齢は ・・・?12日登場 )

「 母娘誘拐鞭打ち磔 」 ( 凄まじいですな ・・・ 21日登場 ) 

皆様、アクセスありがとうございました。

「 昭和の女子高生画像 」 さん には怒られるかもしれませんが ・・・

3月の月間テーマを

昭和の女子高生 (設定上) 」
 
としてみましょう。ウルトラファンレオ様から頂いたリクエストも、舞
台は女子高だった様な ・・・ ?

それでは、3月も宜しくお願いします。

| .一ヶ月を振り返る 13年 | 11:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

二見忠男氏

二見忠男氏の3位、うれしいですね。しかし、あいかわらずの独特の順位、おもしろいです。BD7とMATが同順位とは・・・。昭和の女子高生も楽しみですな。

| 突然段ボール | 2013/03/03 22:17 | URL |

Re: 突然段ボール 様へ 

いつもコメントありがとうございます。

> 二見忠男氏の3位、うれしいですね。しかし、あいかわらずの独特の順位、おもしろいです。BD7とMATが同順位とは・・・。昭和の女子高生も楽しみですな。

最近では、毎日20~30のキーワードが解析に登場しています。女優、ヒロインとは比べ物になりませんが、少数ながら男優、しかも主役格ではないバイプレイヤーの方々の名前から拙ブログに辿り着く方々がいらっしゃいます。バイプレイヤーが演じた役を探しながら記事を書いている私としてはとても嬉しいことです。

>>昭和の女子高生

設定上とは言え、なかなか見付けられないですね。一般人以外は、小学生以下と大学生が主体のようですね。

| シャオティエン | 2013/03/04 06:46 | URL |

『トリプルファイター』は10分番組だったから、
DVDに編集するのが大変だっただろうなあ。
当時観ていて感じたことは、
月火水曜ぐらいまで変身せずにイライラさせられた
ことですかね。(笑)
予算削減のため怪人の頭だけ取り替えるというのも
不評だったように思います。

『アクマイザー3』は悪魔族のため変身しない
ヒーローという設定がかえって新鮮でした。
逆に後番組の『超人ビビューン』は変身したがために
人気が出なかったような気がします。

『アクマイザー3』のオープニングのバックに
山手線が走っていたり、
『超人ビビューン』のエンディングに
新宿駅西口が使われていたりと、
ロケ地マニアにはうれしい作品です^^

| かめ吉 | 2013/03/10 07:32 | URL |

Re: かめ吉 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 『トリプルファイター』は10分番組だったから、
> DVDに編集するのが大変だっただろうなあ。
> 当時観ていて感じたことは、
> 月火水曜ぐらいまで変身せずにイライラさせられた
> ことですかね。(笑)
> 予算削減のため怪人の頭だけ取り替えるというのも
> 不評だったように思います。

初期は変身が早過ぎたために1日分を殆ど格闘で時間稼ぎしたりしてました。回を重ねるに伴って、適切なタイミングで変身する様になってゆきますが、この辺がかめ吉様が当時感じられた「イライラ」だったのかもしれません。ドラマに磨きがかかった反面、視聴者(子供)はイライラ・・・考えてみれば、1話分が1時間ドラマと同じ様なボリュームがあるんですよね。やはり、長過ぎでしょうかね?

> 『アクマイザー3』は悪魔族のため変身しない
> ヒーローという設定がかえって新鮮でした。
> 逆に後番組の『超人ビビューン』は変身したがために
> 人気が出なかったような気がします。

この2つは、私もリアルで観てました。当時は小学校入学前後でしたので、番組の内容云々を判断できる域には
まだ到達してなかったです。同時間帯に特撮があれば飛びついていた程度でした。そんな私の火曜日がコレでした。後にこの時間帯は「とべ孫悟空」にとって替わります。「ビビューン」の後番組はアニメだった様な?

> 『アクマイザー3』のオープニングのバックに
> 山手線が走っていたり、
> 『超人ビビューン』のエンディングに
> 新宿駅西口が使われていたりと、
> ロケ地マニアにはうれしい作品です^^

私もロケ地には大いに興味がありますが、殆ど特定できません。今後、少しずつ覚えていければと思っています。今のところ、拙ブログでは役者名を繋げていますが、ロケ地を繋げるのも面白そうです。今のところ繋げられるのは「お化けマンション」くらいしかありませんが(笑)。

| シャオティエン | 2013/03/10 10:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/322-c6b0fc62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT