重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

返信、変身の記事


先日かめ吉様から頂いたコメントへ返信しようとしましたら、私の勉強不足
で中途半端になってしまいました。この場を借りてお詫び致します。
 
コメントを頂いたのは 「 快傑ライオン丸 」 の 第45話 を採り上げた記事で
した。この中で、大魔王ゴースンの弱点 ( のひとつ ) として 「 象牙 」 が登
場します。コレを守っていたのが、ゴースン八人衆の2番手にしてタイガー
ジョーの親友であるハンザキでした。私は、この第45話のみを観て記事を
書きましたが、コメントを拝見し、そこまで至る経緯やらこの後の顛末やら
を観てみないことには返信できないことに気付きました。 「 快傑ライオン丸 」
は一話完結が基本ですが、重要な部分は完結せずに継続しているんです
ね(汗)。

第45話へ継続している部分というのは、勿論 「 象牙 」 です。コレが最初に
登場するのは 第40 ~ 1話 ・・・ 昭和47年末から翌48年始へと続くお正月
スペシャルの様な連作でした。大魔王ゴースンは、自分の秘密を知る唯一
の人物、実兄の桃雲斎を始末するため、巨大神変化して迫ります。桃雲斎
は、実弟を自らの手で葬ろうと奮戦しますが ・・・ orz な訳です。この時、力
尽きようとする桃雲斎の傍らには獅子丸がいました。死に際、桃雲斎が遺
した言葉は 「 胸を ・・・」 でした。コレを聞いた獅子丸は、ゴースンの弱点は
胸だと早とちり。一方、獅子丸たちとは別の場所にいたタイガージョーは象
牙を拾い、ゴースンの弱点は象牙だと早とちり。実は、巨大神化したゴース
ンの胸にある悪の印を象牙で突くというのが弱点でした。組み合わせなけれ
ばならない2つのキーワードを散らす ・・・ 絶妙な展開です。

この後、象牙を入手したタイガージョーですが、第43話でギララ ( 松竹の
怪獣ではないですw ) に 「 三下扱い 」 されてキレたのか、激闘の最中に
落としてしまうんですネ。それが、ハンザキが守っていた象牙です。しかし、
ゴースンにとっては何の得にもならない象牙を、ハンザキが態々守ってい
た理由は何だったのでしょうか?私がゴースンなら象牙を直ちに破壊させ
ますがネ。象牙がハンザキの手に渡った経緯は不明ですが、取り返しに
来たタイガージョーに対しハンザキは・・・
「 ソレを盗ったら、後戻りできなくなるぞ 」 (要約)
と言って、諌めます。つまり、コレが (弱点云々はともかく) ゴースンにとっ
て重要なアイテムであることをハンザキは理解していたのです。恐らく、ゴー
スンには象牙のことを知らせていなかったのでしょう。結局、親友の諫言も
功を奏さず、2人は悲劇的な最終決戦へとなだれ込む訳です。この最終決
戦は、「第三者」 のライオン丸によるライオンドルフィン飛行斬りという、喜劇
的な名称の大技で終止符が打たれたのは、記事に書いたとおりです。

>>象牙の槍でゴースンに挑んだ戦い

と、かめ吉様から頂いたコメントにあるのは第46話でした。この時、象牙の
槍は穂先が折れ、タイガージョー自身はゴースンサンダーを食らって敗北
しています。私は、この時がタイガージョーの最期だと思っていました。第
41話で明かされたゴースンの弱点 「 巨大神の胸にある悪の印を象牙で
突く 」 は効果なしでした。理由は語られていません。続く第47話は何事も
なかったかの様に始まります ・・・ つまり、普段と変わらぬタイガージョーが
象牙の槍を携えて登場 ・・・ 前回の激闘は何だったのか??拍子抜けさせ
られました。 

>>結局(象牙は)何だったんだろう・・・

かめ吉様のこの疑問に同感させられるのは第52話でした。大切な筈の象
牙の槍を、ゴンラッドの罠から逃れる際に使用。ゴンラッド自体は、ライオン
&タイガーの連携で倒しましたが、ラスト唐突に・・・
「象牙の槍は失ったが、2人で協力すればゴースンは倒せる」 (要約)
とタイガージョーが言いますw 。どのタイミングで槍が使い物にならなくなっ
たかは知りませんが、こんなことなら第46話で穂先が折れた後使用不能
としておいた方が解り易かったのではと思いました。結局、第47話冒頭で
突如修復された象牙の槍は、第52話で本来の用途とは違う場面で使用す
るまで、その存在意義が殆どなかったですからネ (笑) 。

以上、返信になってないかもしれませんが、象牙の槍にまつわるいくつかの
エピソードを観た感想などをまとめてみました。なかなか観賞する時間がな
くて遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

ゴースンの弱点が明かされる第40~1話が年末年始スペシャルだったと紹
介しましたが、ライバル番組の 「変身忍者嵐」 はどうだったのかと興味が湧
きましたので調べてみました。コチラは第39~40話が年末年始に該当しま
す。第39話は月ノ輪の正体→新生嵐誕生→血車党崩壊→大魔王サタン登
場と盛り沢山の内容でした。年が改まった第40話は新レギュラー陣でスター
トと、見所を揃えていて負けてませんネ。ただし、「嵐」 は裏に 「ウルトラマン
A」 という別なライバルもありました。 「A」 の場合は、見所を年末に連続させ
た様です。第38話には南夕子とウルトラの父、第39話にはウルトラセブン
をゲスト出演させています。

最後に蛇足ながら ・・・ 「快傑ライオン丸」 最終回の予告編として、「風雲ライ
オン丸」 が新番組として紹介されていました。そのBGMはOP主題歌なんで
すが、コレが勇ましくて気に入りました。「風雲」 は再放送で何度か観ましたが
能天気なエンディングは記憶にあるんですが、どうしてコチラが記憶に残らな
かったのか不思議ですw 。因みに、ヒロインの志乃もまたボインらしいです。
コレも記憶にありませんが・・・
このDVDも、是非コレクションに加えたいです。

| .雑記帳 雑感雑録 | 10:15 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

訂正

訂正
白垣幽斉→タツドロド
桃雲斉→ゴースンの兄
でした。
失礼しましたm(_)m

| かめ吉 | 2013/05/06 12:34 | URL |

風雲ライオン丸について

連続投稿失礼します。
風雲ライオン丸は当時観ていて少し違和感がありました。
戦国時代なのにロケット変身だったり、
バイクやマシンガンが出てきましたので。
そして味方キャラの志乃と三吉は幌馬車に乗り、
志乃はブーツを履いています。
(何度も言いますが戦国時代です)

ただし、登場するキャラクターはとても魅力的でした。
タイガージョーの弟のタイガージョーJr、
ブラックジャガーに変身する黒影豹馬、
甲賀忍者の七色虹之助などなど。

ただ前作同様、春夏秋冬の謎があまり効果的でないように
思える点が残念でした。
しかし豹馬や虹之助の最期はとても壮絶で一見の価値はあると
思うので、是非見てみてください。

| かめ吉 | 2013/05/06 12:52 | URL |

Re: かめ吉 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 訂正
> 白垣幽斉→タツドロド
> 桃雲斉→ゴースンの兄
> でした。
> 失礼しましたm(_)m

同様のコメントは、既に頂いております。重ねて御礼申し上げます。

| シャオティエン | 2013/05/06 14:27 | URL |

Re: かめ吉 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 連続投稿失礼します。
> 風雲ライオン丸は当時観ていて少し違和感がありました。
> 戦国時代なのにロケット変身だったり、
> バイクやマシンガンが出てきましたので。
> そして味方キャラの志乃と三吉は幌馬車に乗り、
> 志乃はブーツを履いています。
> (何度も言いますが戦国時代です)

同様のことは「快傑ライオン丸」にも見受けられましたね。固有名詞に多数登場する英語然り、怪人がウィンチェスター銃を持っていたり・・・ 。 ソレを更にグレードアップ(?)させたのが「風雲」でしょうか。私はそんなに違和感を感じることなく番組を楽しんでいましたが、さすがに三色仮面のスクーター(?)は・・・(笑)

> ただし、登場するキャラクターはとても魅力的でした。
> タイガージョーの弟のタイガージョーJr、
> ブラックジャガーに変身する黒影豹馬、
> 甲賀忍者の七色虹之助などなど。
> ただ前作同様、春夏秋冬の謎があまり効果的でないように
> 思える点が残念でした。
> しかし豹馬や虹之助の最期はとても壮絶で一見の価値はあると
> 思うので、是非見てみてください。

再放送で2回以上観ている筈なんですが、内容は殆ど記憶にありません。特に、豹馬と虹之助は全く記憶にありません。いつ入手できるかは分かりませんが、是非確認してみたいと思います。

| シャオティエン | 2013/05/06 14:48 | URL |

「風雲ライオン丸」・・・
ウーーン、全く記憶がないなぁ・・・いかんいかん!!

| 武道亜輝 | 2013/05/11 14:37 | URL |

Re: 武道亜輝 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 「風雲ライオン丸」・・・
> ウーーン、全く記憶がないなぁ・・・いかんいかん!!

「快傑ライオン丸」 のソフビを所有していたという武道様でも、「風雲」はご存知ありませんか。当時リアルだった武道様から頂いたこのコメントは、メジャー作とマイナー作の境界線が当時どの辺にあったのか、を知る一つの参考になると思います。残念ながら私はこの少し後の世代ですので、当時のことは分かりませんので、今後とも宜しくお願いします。

| シャオティエン | 2013/05/11 15:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/350-b9f755de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT