重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時代劇三昧


10日夜、私的な予定もなかったのでスカパーの無料のお世話になりました。
我が家は揃って時代劇好きですから、その手のプログラムを探しました ・・・

18時は 「仕置屋稼業」 が目に付きましたが有料w 。上手く出来てます。他に
は何もなかったので、仕方なく何時も観ているBSの 「江戸を斬る」 。 先日記
事を書かなければ気にすることもなかったでしょうが ・・・

32-千秋  この方 ( ← 参考記事です )

が、病気の家督に替わって御家を乗っ取ろうと企む弟の手先 ( ややこしくて
すみません ) 役で登場していました。

19時は 「伝七捕物帳」 をスカパーで。私がリアルで観た 「伝七」 は毎週火
曜日のオンエアでした。調べたところ、それは 「第1部」 の様です。今回観た
エピソードが何部に属するかは知りませんが、殺害された棟梁 (?) の娘役
が ・・・

2-台風-2  この方

でした。10月に入ってから拙ブログに登場した方々が、10日に別のチャンネ
ルでオンエアされた2つの番組で揃うというのもかなり物凄い確率だと思いま
す。

20時も引き続きスカパーで 「必殺商売人」 。コチラにはなんと ・・・

久里虫太郎  この方 ( ← 参考記事です ) 

が登場!役は勿論、参考記事に頂戴したコメントへの返信に書いた 死体蘇
生人 ・ ハーバート ・ ウェスト ・・・ ではなくて、京極 です。いつかは観たいと
思ってましたが ・・・ 観ることが出来ました。

観ることが出来た ・・・ といえば11日夜、この日は早勤で帰りが早かったの
で20時からスカパー。番組表を見て思わず唸ってしまいました ・・・

「 翔べ!必殺うらごろし 」 

ついに初めてコレを観ることが出来ました。残念ながら 「 若 」 は出てません
が。それにしても、当時としては斬新過ぎてシリーズを打ち切りの瀬戸際へ
追い込んだこの番組ですが、現時点で初めて観た私の感想としては ・・・ 後
の 「おふざけ路線」 よりは面白い様な気がしました。結果論ですが、この 「失
敗」 が 必殺シリーズの代名詞の様な 「必殺仕事人」 を生み出したのですか
ら、分からないものですな。

それにしても ・・・ 「先生」 の殺し技、何ですかネ、アレは (大笑い)

| .配役捜査網 .作品別 .TV 時代劇 | 09:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

「翔べ!必殺うらごろし」。
結果的にいろいろと問題があり、放送短縮になり、シリーズ最後の作品
として制作されたのが「必殺仕事人」というのは有名ですね。

ちなみに「新・必殺仕事人」の初期タイトルは「必殺処刑人」で、
もしこの通りで放送されていたら、「必殺」の代名詞が「仕事人」に
なることはなかった、と言うことになりますね。
いやいや、「if」を考えると楽しいものです。

| 愚夫愚父 | 2013/10/13 22:54 | URL | ≫ EDIT

Re: 愚夫愚父 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 「翔べ!必殺うらごろし」。
> 結果的にいろいろと問題があり、放送短縮になり、シリーズ最後の作品
> として制作されたのが「必殺仕事人」というのは有名ですね。
> ちなみに「新・必殺仕事人」の初期タイトルは「必殺処刑人」で、
> もしこの通りで放送されていたら、「必殺」の代名詞が「仕事人」に
> なることはなかった、と言うことになりますね。
> いやいや、「if」を考えると楽しいものです。

「仕事人」は当初、「斬殺、斬殺、刺殺」という編成でした。このうち、胴太貫の畷左門を「人体破壊」に変更したことで「仕置人」の様な編成となりました。また、秀の「刺殺」も「のみ」から「かんざし」という華麗な物へ変更しました。コレが効いたかどうかは知りませんが、必殺シリーズとしては最長の放映期間へとつながり
起死回生の作品となりました。更に、ソレを受けた「新・仕事」での勇次の登場により「磐石のトリオ」が完成して「Ⅲ」「Ⅳ」と続くなどとは、「うらごろし」当時誰も予想できなかったでしょうね。

>>必殺処刑人

コレは初耳でした。「新・仕事」で加わる勇次の技が「絞首刑」みたいですからね(笑)。恐らく、このネーミングは「ザ・ハングマン」へ引き継がれたのではないでしょうか。後の「必殺」シリーズにも採用されなくて良かったと思います。

| シャオティエン | 2013/10/14 07:44 | URL |

こんばんは。

そういえば「ハングマン」って確か「必殺」と放送時間が金曜の21-22時と続いてましたよね(それともこれは関西方面だけなのだろうか・・・)当時は夜10時のドラマがとてつもなくオトナの話に思えたモノでした。

「うらごろし」はオカルトネタが好きだったのでけっこう見てました(^_^;) レギュラーキャストが濃すぎて胸焼けしそうなメンバーでしたねー・・・

| しろくろShow | 2013/10/16 22:36 | URL |

Re: しろくろShow 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> そういえば「ハングマン」って確か「必殺」と放送時間が金曜の21-22時と続いてましたよね(それともこれは関西方面だけなのだろうか・・・)当時は夜10時のドラマがとてつもなくオトナの話に思えたモノでした。

「ハングマン」~「必殺」の流れは当地でも同じでした。「おふざけ路線」になった「必殺」から消えた「オトナの部分」を「ハングマン」へ前倒しした様な感じでしたネ。私は「仕切人」から観始めましたので「おふざけ路線」真っ只中でしたw 。その後再放送でハードな旧作を観て違和感を覚えましたが、現在では「おふざけ路線」に違和感を感じています。でも、この「路線変更」が当時受け入れられたからこそシリーズが延命したのは紛れも無い事実です。今は違和感を覚えている私でも、当時はソレを間違いなく受け入れていたのです。

> 「うらごろし」はオカルトネタが好きだったのでけっこう見てました(^_^;) レギュラーキャストが濃すぎて胸焼けしそうなメンバーでしたねー・・・

「うらごろし」は、当地では再放送された記憶がありません。リアルでは勿論観てませんから今回が初見でした。

>>レギュラーキャストが濃すぎて

シリーズ常連の「先生」以外の仕事師「おばさん」と「若」は「必殺」とは殆ど接点がない方々でしたネ。返す返すも、今回「若」が登場しなかったのが残念でしたが、「うらごろし」ワールドは確認できましたので良かったです。

| シャオティエン | 2013/10/17 08:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/408-bf25b3d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT