重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誰も知らない兄弟星


3年目に突入した拙ブログ久しぶりの 「特集」 として、この1年間に 「まとまっ
て」 入手できたタイトルを振り返ってみたいと思います。第1回目は2年目
突入最初 ( 平成24年11月26日 ) に入手した ・・・

ジャンボーグA 」 です。 

購入時の詳細は ・・・ コチラ  ( ← 過去記事です ) をご覧下さい。

この時は端物をまとめて購入しましたが、全10巻中、6巻と10巻が抜けて
いました。この2つは現在も未入手です。実は先日、「 Box 2巻揃い 」 が出
ていたのですが、Box だけに締めて5万円以上でした。コチラを購入して端
物を売却する手もありましたが断念 ・・・

そんな 「 ジャンボーグA 」 から

第1話 「 エメラルド星からの贈り物 」 を。

1-立花一家 

主人公 ・ 立花ナオキ は、兄 ・ 信也 (演/天田 俊明 ・ 右) 宅の居候。左は
義姉 ・ 茂子 (演/桜田 千枝子) 、中央は甥 ・ 和也 (演/香山 高寛) です。
この幸せな日曜の朝に悲劇へとつながる電話が ・・・

「 奥多摩上空に飛行物体が 」 

PAT隊長である信也はこの電話で非番日招集w 。同じく日曜日なのに仕事
のナオキを途中で自家用車から降ろした信也は、別れ際に愛用の腕時計を
ナオキに与えます・・・

1-葬儀 

見失った飛行物体を捜索中の PAT はダムへ近づく怪獣を発見。信也は地
上から怪獣を攻撃しながら避難民の誘導に当りました。その際、逃げ遅れた
少女を助けようとして殉職。画像は葬儀に参列した隊員達です。中央は2代
目隊長に昇格する 岸 竜蔵 チーフ (演/大橋 一元) 。そんな岸もまた、第
12話で殉職します。左は後に3代目隊長となる 浜田 守 (演/松川 勉) 。
そして右は、紅一点 ・ 野村せつこ と共に最終回までレギュラーの 熊井 五郎
(演/丸岡 将一郎) 。この後、怪獣は工業地帯に出現します。ソレを聞いた
ナオキは ・・・

1-突撃  1-撃墜  1-出会い 

仕事で使っているセスナで兄の仇 ・ 巨腕怪獣キングジャイグラスへ突っ込
みますが撃墜。ソレをエメラルド星人が救います。エメラルド星人はナオキ
に対し、兄の形見の腕時計が光る時、セスナは ジャンボーグA に変形する
と告げました。

エメラルド星人は、エメラルド星の兄弟星である地球がグロース星人の侵略
対象となったことから、その対抗手段として開発したジャンボーグAを勇気あ
るナオキに託しました。ココで、エメラルド星人は 「兄弟星」 と言い切っていま
すが、この事実を地上で知っているのは悲しいことに、恐らくナオキ一人しか
いません。第21話では、PAT が 「 エメラルド星はグロース星人の基地 」 と
いう見解に至り (満点大笑い) 、攻撃決定してしまいますw

1-ナオキ  1-必殺技 

さて、ジャンボーグAの操縦法ですが、ナオキ (演/立花 直樹) の動作と連
動して同じ動きをする様です。確か、闘将ダイモスもこんな感じだった記憶が
あります。と、言うことは ・・・ キングジャイグラスの首を刎ねた今回の必殺技
ヘディング ・ キラー は出すのがかなり難しそうですな。この後ナオキは初勝
利の嬉しさから思わず万歳してしまったのですが、連動している ジャンボー
グA ももしや ・・・

喜びも束の間 ・・・

1-アンチゴーネ 

グロース星人の初代戦闘隊長アンチゴーネが出現して着任のご挨拶です。
 
最後に・・・

2-早瀬邸  1-立花邸

昭和47年の 「トリプルファイター」 で早瀬3兄妹が住む家 (左) と 昭和48
年の 「ジャンボーグA」 でナオキが居候している家、コレは同じ建物を使用
していると思われます。

| .ガイド .昭48 ジャンボーグA | 11:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遅れましたが

ブログ開設三年目突入おめでとうございます\(^^@)/

数多ある特撮系(と、勝手に決めつけてスイマセン<(_ _)>)ブログの中でも際立ってユニークな視点で書かれているこちらは、読む度に小気味よく意表を突かれ(ーー;)毎回楽しく拝見させて頂いております。

「ジャンボーグA」も大好きな番組でしたが、確かにシンクロする操縦方法では「今ナオキはどうなっているのだろう?」とリアル子供の時代から疑問に思っていたことは多々有ったと思います。空飛んでるときなんか中で浮いているのか?とか必殺技のヘッディングキラーの際もあの形になっているのだろうかとか・・・

そういえば夏に「パシフィック・リム」を見たとき、真っ先にコレを思い出したこともありましたね。

| しろくろshow | 2013/10/29 12:36 | URL |

すいません

スイマセン、訂正です。細かいことですが「ヘッディングキラー」ではなく「必殺風車」の事を書くつもりでした・・・失礼いたしました<(_ _)>

| しろくろshow | 2013/10/29 12:40 | URL |

Re: しろくろShow 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> ブログ開設三年目突入おめでとうございます\(^^@)/
> 数多ある特撮系(と、勝手に決めつけてスイマセン<(_ _)>)ブログの中でも際立ってユニークな視点で書かれているこちらは、読む度に小気味よく意表を突かれ(ーー;)毎回楽しく拝見させて頂いております。

私も就職してから数年、特撮から離れた時期がありました。いわゆる「卒業した」状態ですね。その後、「怪獣王決定戦」の様な番組を観たことで、「全国には大人でも怪獣好きな方々が大勢いらっしゃるんだ」と感動したことでまたコチラへ戻った次第ですw 。それから細々と楽しんできましたが、ブログという形で(画像を勝手に使用するのはアレだと思いますが)発表できる機会を得ました。今後どこまで続けられるか知りませんが、同好の方々の参考になる様な記事が書ければ嬉しいです。

> 「ジャンボーグA」も大好きな番組でしたが、確かにシンクロする操縦方法では「今ナオキはどうなっているのだろう?」とリアル子供の時代から疑問に思っていたことは多々有ったと思います。空飛んでるときなんか中で浮いているのか?とか必殺技のヘッディングキラーの際もあの形になっているのだろうかとか・・・
> そういえば夏に「パシフィック・リム」を見たとき、真っ先にコレを思い出したこともありましたね。

ジャンボーグAは派手な技が多いですね。恐らく、しろくろShow 様と同様のことを製作側も考えたのではないでしょうか。しかしその結果がボスボロットの様な操縦席なのは ・・・ コレが「大人の視点で楽しむ」というヤツですかね。

| シャオティエン | 2013/10/29 18:07 | URL |

Re: しろくろShow 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> スイマセン、訂正です。細かいことですが「ヘッディングキラー」ではなく「必殺風車」の事を書くつもりでした・・・失礼いたしました<(_ _)>

わざわざありがとうございます。私も全ての必殺技を把握していません(汗)ので、今後ともリアルの思い出話を聞かせていただけたら幸いです。因みに、私が最初にこの番組を観たのは小学校入学前でした。そんな私が記憶しているのは ・・・ 「デモンゴーネの腹にある目(?)」なぜかコレだけです。何でコレだけしか記憶にないのか理由は不明です。

| シャオティエン | 2013/10/29 19:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/414-338c1946

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT