重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

必殺バトン その1


またまたバトンの回答ですw
これは、ピンクルさんの出題から回答できそうな部分を勝手に抜粋したw
バトンです。
TV「必殺」シリーズ関連の問題は、AnAn であまりお目にかかったことが
ありませんが、皆さんはどうでしょう?いずれ出るかもしれない(?)その
時に備え、私の回答が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Q1:初「必殺」は何ですか?

A1:「必殺仕切人」
   「おばあちゃんっ子」だった私は、保育所の頃からおばあちゃんと一緒に
   遅い時間(23時頃)までTVを観て育ちました。しかし「必殺」シリーズは
   観てませんでしたね。そんな私がシリーズを観始めたのは、今では疎遠
   になってしまった同級生に勧められたのがきっかけでした。
   当時は知る由もなかったんですが、この作品は「必殺」シリーズの常連俳
   優総出演でした。前作「仕事人Ⅳ」からスライドの中条きよし、「仕舞人」
   から京マチ子と高橋悦史、「からくり人」から芦屋雁之助といった具合。
   ひし美“アンヌ隊員”ゆり子も出演していたとは、当時知りませんでしたw
   私は14歳でした。

Q2:一番好きな「必殺」は何ですか?

A2:「必殺仕事人Ⅴ・激闘編」
   リアルタイムで観ていた中からこれを選びました。
   6人もの仕事師が登場しますし。
   眼鏡を外した笑福亭鶴瓶が、初めて殺しに参加した時は格好良かったですね。
   この時のレギュラーが多く「戦死」する映画『必殺!Ⅲ裏か表か』では鶴瓶
   も・・・(後は書かないでおきますw)

Q3:ベストエピソードは何ですか?

A3:「恐怖の大仕事」
   それぞれの作品にすばらしいエピソードがありますので、スペシャル版から
   選んでみました。
   これはスペシャルの第1作です。レギュラーは「仕事人」の面々。中条きよし
   はこの時悪役で、フランキー堺が演じた与一に殺されます。与一は針金のよう
   な物でわっかを作り、二階から下にいる中条を吊るして仕留めました。これは、
   中条が「新・仕事人」から演じる事になる勇次の殺し技の原点とされる技です。
   与一の技は実演可能かもしれませんが、勇次の技は絶対にできませんよね。
   かく言う私、「仕切人」でこの技を観てから必殺にハマったのですから、まさ
   に吊るし上げられたわけですよ。


長くなりそうなので、回答は後日再開したいと思います。



   

| バトン | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

じゅるる・・・

リンクはらせていただきました、波のまにまに☆です。
さっそくコメントいれさせていただきますね!

Q1:「新必殺仕置人」
しかもあの伝説の最終回が所見です。あまりにもショッキングなシーンの連続で、子供心にめいっぱい引き込まれました。そして気がつけば鉄が死に、巳代松は廃人。主水だけが生き残っている(あ、正八がいた)。遊郭で遊びながら死んでいく鉄のダンディズムに、やられてしまいました。ただし再放送です。本放送で最初に見たのは「必殺仕事人IV」です。

Q2:「必殺必中仕置屋稼業」
非主水作品であり、DVDで初めて見た作品でしたが、とても好きです。殺しは素人の博打うち二人。半兵衛と政吉、そして元締め・おせいが織りなす江戸殺し絵巻。
ラストでおせいと政吉の過去、そして殺し屋としての業を背負う半兵衛。殺しのシーンの緊迫感や高揚感は格別で、二人が殺しの素人であることがこうした演出を醸していきます。

Q3:「必殺仕事人V 激闘編」
第1話「殺しの番号 壱、弐、参」
もう二度と見られないと思っていたシリアスすぎる必殺の復活を予感させた1話。「中村主水のテーマ」ではなく、他の若い仕事人と同じ殺しの曲での主水の殺しには、格別の緊張感があります。
中盤における助っ人3人と主水の会話がもうたまりません。こんな必殺が見たかった!

主水「仕事人が殺しの現場にこんなもの忘れちゃいけねえなあ」
弐「ダンナなら、きっとけえしてくれると思ってやしたぜ」

うう・・・・ぶるぶるっ!

| 波のまにまに☆ | 2011/12/09 20:02 | URL |

Re: コメントありがとうございました☆

> さっそくコメントいれさせていただきますね!

入れて頂いたコメントがバトンの回答にもなっていて、とてもありがたいです。


> Q1:「新必殺仕置人」
> しかもあの伝説の最終回が所見です。

「初必殺」は再放送ですか。「新・仕置」は最終回の前回でも死神が死んだりして
最終回に話を繋げてますよね。主水以外の「殺し屋」が一掃されてしまう完璧な最
終回でした。元締めの虎は、スペシャルの「仕事人大集合」でも死んでますので、
「2度死ぬ」といったところでしょうか。


> Q2:「必殺必中仕置屋稼業」

これは「仕屋稼業」ですね☆
私は未見の作品ですが、ハードな内容で隠れた人気作らしいです。
是非観たいです。


> Q3:「必殺仕事人V 激闘編」
> 第1話「殺しの番号 壱、弐、参」

私のQ2の回答の第1話ですね。
私は 参=鶴瓶 の仕事シーンに感動しましたが、
弐=梅沢富美男 も負けずに格好良かったですね。
この話は、私に「必殺」を薦めた同級生も絶賛してました。


こうして、思い出話が語れてとても嬉しいです。
これからも宜しくお願いします。
私も波のまにまに☆さんのブログを過去記事から読み返して
コメントできそうなところへ入れたいと思います。

| シャオティエン | 2011/12/09 21:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/47-c956903d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT