重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

400年の準備期間


私が特撮をリアルで観まくっていたのは、小学校中学年頃までです。お世
話になったのは主に昭和40年代の再放送だった訳ですが、リアルで観た
のも結構ありました。そんな1本が、先日幸運にも入手できた「スパイダー
マン」でした。これは当地には系列局がない東京12チャンネルの番組で
したが、TBS系の東北放送でオンエアされたと記憶しています。

DVDボックス入手後、封入の「スパイダーマン大検証」という148ペー
ジもある解説書片手に一通り画像チェックをしました。エピソードはどれ
も見応えある内容でありあまつさえゲストも豪華な顔ぶれが揃っていまし
た。これまで拙ブログに登場した俳優たちの別の活躍を紹介するためにも、
「スパイダーマン」は外せない作品です。そこで・・・いつもながら「牛歩」
で申し訳ありませんが、第1話から採り上げて行こうと思います。

スパイダーマン
第1話 「復讐の時は来たれり!撃て鉄十字団!!」


第1話ということで、なぜスパイダーマンは鉄十字団と闘うことになった
のか?ということの理由づけがこのエピソードのテーマです。

1-ガリア  1-鉄十字団 

スパイダー星を滅ぼした鉄十字団(右)はその矛先を地球に定めました。
スパイダー星唯一の生存者・ガリア(演/西沢 利明)は鉄十字団を追って
地球まで来ましたが、洞窟に閉じ込められてしまいました。これは400
年前の出来事ですw。

鉄十字団はなんと、この後400年かけてマシーンベムを完成させます(笑)
つまり、地球征服の準備が400年かかった訳ですな。一方のガリアも洞
窟で生き続け、400年間テレパシーで宇宙船・マーベラーを呼び続けて
いました。地球に来た時乗っていたマーベラーが勝手に宇宙へ飛び去った
理由は不明ですが、コチラも400年かけて地球へ戻って来ました。

ガリアのテレパシーを地球人として唯ひとり察知できたのが・・・

1-拓也-1  山城 拓也 (演/香山 浩介) 

でした。オートレーサーの拓也にはボインの恋人・・・

1-週刊ウーマン  

佐久間 ひとみ(演/三浦 リカ ・右) がいました。ひとみはフリーカメラ
マンとして「週刊ウーマン」に出入りしてますが、その編集長・吉田 冴子
こそ鉄十字団の指揮官・アマゾネス(演/賀川 雪絵)でした。恋人・拓也
の写真を持ち込んだひとみに対し、編集長は「マーベラーの徹底取材」を
依頼します。

実は・・・

1-マーベラー 

宿敵・ガリアの宇宙船が地球を目指していることは鉄十字団も察知してい
ました。この、どうやって中継されてるか不明の宇宙からの映像を見た首
領のモンスター教授(演/安藤 三男)は、これを調査するのは宇宙考古学
の山城博士しかいないという目星をつけ、アマゾネスに指示を与えたので
しょう。既にお気づきだと思いますが、山城博士は拓也の父です。

オートバイにしか興味ない拓也と違い・・・

1-新子 

父の助手を務める妹の新子(演/大山 いづみ)に依頼されたにも拘らず、
拓也は飛来した物体(=マーベラー)の調査に協力することを拒否。 調査
地点へ向かう途中

暴君竜  山城博士 

山城博士(演/村上 冬樹)はマシーンベム・暴君竜に襲撃されてしまいま
した。ガリアのテレパシーを再び察知した拓也が駆けつけましたが博士は
死亡。自らも

1-拓也-2  1-拓也-3 

鉄十字団に襲われて重傷。そしてガリアのいる洞窟へ突き落されてしまい
ました。マーベラーが飛来したにも拘らず、ガリアは既に死んでいると思
い込んでいたのは鉄十字団の失敗でしたね。これが、ガリアと拓也の出会
いをアシストしたのですから。

ガリアは自らのテレパシーを察知した唯一の地球人である拓也が瀕死であっ
たので、スパイダーエキスを注入して復活させました。拓也にスパイダー
マンの能力を与えることで、自らの悲願であるスパイダー星人の復讐を拓
也に託したのでした。望まぬこととは言え、拓也もまた鉄十字団が父の敵
となってしまったので、この「運命」には逆らえないですな。 

Bパートは、自宅へ戻った拓也がスパイダーマンの能力を試す件から・・・

藤田博士 

事実上のスパイダーマンデビューとなる藤田博士(演/入江 正徳)の救出
が描かれています。最後に・・・

1-拓次 

何故か南海ホークスの野球帽をかぶっているこの少年は、拓也、新子の弟・
拓次(演/矢葺 義晴)です。 年が離れた弟がいるということで、子役登場
のエピソードも充実している様です。

| .ガイド .昭53 スパイダーマン | 12:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちなみに『ズバット』は持ってます

♪イェイェイェ~~~イ、ワ~~オゥ!

シャオティエンさんが『スパイダーマン』のDVDを入手したと聞き、喜びに耐えませんでした。
(いいなあ)
残念ながら見たことはないのですが、ハリウッド版には興味がなくても東映版は是非一度見てみたいものです。
それにしてもよくこんなDVDが発売されたものですね。そしてよくぞ入手されたものです。

遺憾ながら胸のサイズの好みに関してはシュミが一致しない私ですが(笑)、シャオさんのレビューこれからも楽しみにしております。

| エトワ-ル☆ | 2014/07/21 16:46 | URL |

Re: エトワール☆ 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> ♪イェイェイェ~~~イ、ワ~~オゥ!
> シャオティエンさんが『スパイダーマン』のDVDを入手したと聞き、喜びに耐えませんでした。
> (いいなあ)
> 残念ながら見たことはないのですが、ハリウッド版には興味がなくても東映版は是非一度見てみたいものです。
> それにしてもよくこんなDVDが発売されたものですね。そしてよくぞ入手されたものです。

現在の映像技術とはとても比べ物になりませんので観たらガッカリするかもしれませんが、私が小学生の頃度肝を抜かれたスパイダーマンの動き、大人になった現在の私もあの頃と同じ感覚で観ることが出来ました。おっしゃる通り、よくぞ入手できたと今でも信じられません。

> 遺憾ながら胸のサイズの好みに関してはシュミが一致しない私ですが(笑)、シャオさんのレビューこれからも楽しみにしております。

ボインに関しては・・・残念ながらハズせませんので(笑)、このまま調査続行です。前に比べたら更新頻度が右肩下がりになってますが、今後ともよろしくお願いします。

| シャオティエン | 2014/07/21 18:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/506-40a03975

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT