重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猟奇路線を支えた3人


拙ブログで採り上げてきた特撮記事の内容からもお判り頂けると思い
ますが、私は明らかに「 怪人 > 怪獣 」なんですね。そしてその多く
の怪人を世に出したのが東映であります。当時の東映は特撮からポル
ノまであらゆる娯楽作品を提供していた訳ですが、それならではの配
役・・・つまり「ポルノから特撮へ」の俳優シフトとなったのが

スパイダーマン
第3話 「怪盗001VSくも男」


です。

このエピソードのゲストはこの2名。

3-ゲスト 

警察へ連行される怪盗001こと 岡部 大吉(演/風戸 佑介・左)に
対し、自分が思い描いていた「怪盗像」とは正反対だったとガックリ
する 松本刑事(演/野口 貴史・右)です。
「ジャッカー電撃隊」のクローバーキング役で知られる風戸氏は、既
に特撮への出演がいくつかありましたが、並行して「猟奇物」のエロ
グロ映画へも出演していました。その中で野口氏と度々共演していま
す。私もそのひとつ「牛裂きの刑」というのを観たことがありますw


このパトカーを・・・

3-利用-1 

こいつが怪光線で襲撃。岡部を基地へと拉致します。基地では・・・

3-利用-2 

左端のアマゾネス(演/賀川 雪絵)との強力タッグで岡部を調教・・・
ではなく、催眠状態にして「怪盗スパイダーマン」をでっち上げます。
結構マヌケな話ですが、右端のモンスター教授(演/安藤 三男)以下
鉄十字団はスパイダーマンの正体を知りません。正体不明の正義の味
方をおびき出すため、岡部は「怪盗スパイダーマン」として利用され
てしまいます。

3-新聞-1 

新聞売り場で怪盗スパイダーマンの記事に見入る本物のスパイダーマ
ン・山城 拓也(演/香山 浩介)です。

3-新子 

自宅でも朝食時に新聞に見入りっぱなしなので妹・新子(演/大山
いづみ
)から小言を言われます。売り場に数ある新聞の中から日経
新聞をチョイスした拓也・・・ちょっとこれに惹かれましたので調べま
したところ、放映していた東京12チャンネルと日経新聞がつながっ
てました。

3-新聞-2 

因みに上は拓也が見入っていた紙面です。よく見ると、見出しと本
文が全く関係ありません(笑)。

ここまで紙面を賑わされては動かざるを得ません。当然、スパイダー
マンさえ現れれば、岡部は用済み・・・

3-用済み-1 3-用済み-2

「女王さまぁ~」

の様なコスチュームが妙にハマっていた賀川氏もまた、スケバン物
から猟奇物まで多数の作品に出演した女優ですね。残念ながら手持
ちにはありませんが、出演作品を揃えたいと思ってます。東映の猟
奇物を支えたこの3人が映画ではなく子供向けドラマで顔を揃えた
ところが貴重なエピソードだと私は思います。


この後当然のことながら岡部はスパイダーマンに救われ、怪盗となっ
た経緯などを話したり、スパイダーマンが岡部に自首を促したりす
るうち夜が明けます。

ここからが笑えます。

恐らく必殺技の怪光線でパトカーを襲撃したマシーンベムとスパイ
ダーマンの最終決戦。スパイダーマンに対しても・・・

効きません。


馬鹿者 (以下要約)
            太陽の下でそんな光線が効くか」


つまり ・・・ 怪光線は目晦まし程度の代物だったのです(満点大笑い)
こうなると、マシーンベムは巨大化するしかないです。

3-幻妖虫 

ここで、スパイダーマンは今更こんな質問をします。

「何者だ?」



最後に、スパイダーマン/山城 拓也 を演じた 香山氏が風戸氏がレギュ
ラーの「ジャッカー電撃隊」にゲスト出演したエピソードを採り上げ
た過去記事は → こちら です。

| .ガイド .昭53 スパイダーマン | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/540-703fee9d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT