重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

方針変更


「怪獣VOW」三部作を検証する目的で「怪獣房」と言うカテゴリを設
置してます。ご存知のとおりこの三部作は特撮番組への「ツッコミ集」
で、そこに採り上げられたネタのみを「怪獣房」で検証してきました。
しかし検証したい「気になる部分」は三部作以外の資料にも結構ありま
す。よって、今後「怪獣房」では三部作に拘らず、いろいろな資料で
とキた部分を採り上げて行きたいと思います。


方針変更後の第1回目は前記事とも微妙に関係がある

「仮面ライダーをつくった男たち」

からです。第4話に 滑川 広志 氏が大野剣友会から去って行くエピソー
ドが登場しますが、これに抗議したのが 大杉 雄太郎 氏でした。同作
品によれば、この2名はライダー(大杉氏)と怪人(滑川氏)と言う
「仮面ライダー」の「影の主役」だったコンビでした。多くのエピソー
ドで共に殺陣を担当してきた相方が去って行く・・・ 「仮面ライダー」
終了を待たずに大杉氏も大野剣友会から丹波プロへ移籍してしまいま
すが、この辺も影響したのかも知れないです。

では、滑川氏が大野剣友会を辞めるきっかけは何だったのか・・・
それは偶然にも、滑川氏が演じたフクロウ男(第60話)の最期を母
親がテレビで見てしまったことでした。

60-おっこち-1  ライダーキックを食らったフクロウ男は
60-おっこち-2  背面から落ちて行き
60-おっこち-3  一旦着地、ここから
60-おっこち-4  更に4回転程して
60-おっこち-5  崖下へ到達
60-おっこち-6  合掌 ・・・

この凄さは是非動画でご確認ください。

ここまで、大野剣友会と思われる方々が多数顔出ししてきた同番組です
が、未だに滑川氏に関しては見分けることが出来ません。因みに大杉氏
は、この第60話と同じ DVD に収録されている第56話に・・・

56-大杉氏 

地獄大使に毒を飲まされる男の役で登場します。

| .ガイド 怪獣房 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/580-2ad4cfda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT