重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラゴン対達人


8月末にあった私の夏休み、例によってリサイクル系書店をあちこち
徘徊しましたが出物はありませんでした。暫く前に見付けて購入を保
留にしていた「SGMのあの方が・・・」の作品、売れてありませんで
した。遅かったですな。それの替わりと言ってはアレですが・・・

「倉田保昭の 激怒の鉄拳

と言う聞いたことも無い作品が安く出てたので購入しました。倉田氏
の名を冠してますが倉田氏は悪役です。冒頭、ゴーストタウン化した
故郷へ帰って来た男(鄧光栄)・・・ この人が勿論主役だろうと思った
ら、悪漢たち(日本人の手先)との立ち回りで「好功夫!」でないの
が私の目にも判りました(涙)。この立ち回りがオープニング・クレ
ジットなのですがその序列からすると主役は唐寶雲なる方。実はこの
方が演じているのは件の男の恋人(だった)中村芸子と言う日本人で
す。そしてその兄を倉田氏が演じています。

かつては同じ道場の同門だったこの3人。月日は流れ中村(倉田氏)
は日本が管理するタングステン鉱山の責任者として中国人労働者をコ
キ使う立場へ。その鉱山を日本人から奪還するためあの男が乗り込ん
で来たことで「バトル開始」ですが ・・・ 倉田氏の動きが明らかに手を
抜いているのが判ります。倉田氏の動きが全編この程度なのでは ・・・
と、正直この辺で購入は失敗だったと思ったくらいです。

そんな鉱山に井坂と言う男がテコ入れでやって来てます。演じるは大
物悪役の 韓英傑 氏です。好色な井坂は芸子にまで「テコ入れ」しよう
としますが妹思いの中村に見つかって失敗。

「強姦したな!!」
「あわてるな、未遂だ」

思わず吹き出してしまうやり取りの後「バトル開始」ですが、さっき
とは明らかに倉田氏の動きが違います。この辺から倉田氏は正義側(
と言うか妹を護るのが目的ですが)へ。これがなければ邦題に倉田氏
の名は冠することが出来なかったでしょうね、いくらなんでも。

クライマックスは井坂が3人を同時に相手にする大立ち回りですが、
この3人の中で韓氏と本気で渡り合えたのは倉田氏だけでしょう。故
に立ち回りの主役は倉田氏になってしまいます。しかし日本人俳優で
ある倉田氏に花を持たせたのではブーイングが起きかねません。そこ
で倉田氏メインの3対1にし、倉田氏は韓氏共々死亡と言う結末になっ
たのだと思います。しかしその副産物の様な形で登場した韓氏の激闘
を堪能できたのは拾い物でしたね。「ドラゴン危機一発」でも韓氏は
ラスボスでしたが、李氏の凄さを際立たせる様なバトルの末に倒され
ています。そんな意味でも、初めて韓氏の凄さを観た作品となりまし
た。

| .ガイド .重箱の隅映画館 功夫 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/599-cc4dd99f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT