重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

必殺バトン その3(完)


先ずは御礼から。
当ブログは開設から、25日で2ヶ月になりました。
ヒット数もついに1000を突破しました。これまで相互リンクや
コメントを寄せて頂いた方々のご協力に感謝いたします。と、
共に訪れて頂いた全ての方々に改めて感謝いたします。
ありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。

年越し前にやり残したことを、ブログを見返しながら点検しまし
たら、未完のバトンがありましたねぇ・・・

Q7:「ベストの殺し技は?カテゴリ別に選べ」

A1:「斬る」
   これは中村主水で決まりでしょう。「仕掛人」の西村左内も
   捨てがたいですが、長期に亘ってシリーズを支えた殺陣で
   多彩なバリエーションを堪能させてくれましたから。
A2:「切る」
   実際に「切れる」剃刀から、本当に切れるのか?と疑いたく
   なるものまで様々な小道具が登場しました。これも疑いたく
   なる小道具だと思いますが「三味線の撥」でのどを切るとい
   う・・・まさに「必殺」ならではの殺し技ではないでしょうか。同
   じ殺し技で数々の作品に登場したおりくさん。演じたのは「ト
   メで名前が起き上がる」大女優・山田五十鈴です。
A3:「刺す」
   刀での刺殺は外します。藤枝梅庵、棺桶の錠、秀など捨て
   がたいところを押さえて「仕置屋稼業」の市松です。理由は
   前回の回答参照。
A4:「絞める」
   文句なしで三味線屋・勇次です。理由は前回の回答参照。
A5:「素手で・・・」
    骨を外す、心臓を掴む、腸を捻るなどレントゲン付き魅せ
   てくれましたが、念仏の鉄の骨外しですかねぇ。壮絶な最
   期も忘れられません。
A6:「火を使う」
   正直、銃器は「必殺」に似合わないと思うんですが・・・
   巳代松の竹鉄砲にしときますか。
A7:「撲殺」
   このカテゴリは以外に少ないですw
   「仕切人」虎田龍之助でしょうかね。

全作を観たわけではないので、観た中から選びました。



            

| バトン | 09:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして

拙ブログにご訪問、ありがとうございました。
ちゃーすけと申します。
さっそく、参りました。
楽しいブログですね!
昭和心を突かれました!

| ちゃーすけ | 2011/12/28 09:54 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/28 11:16 | |

Re:ちゃーすけ さん

いらっしゃいませ!
早速いらして頂いてとても嬉しいです。

> 楽しいブログですね!
> 昭和心を突かれました!

ありがとうございます!
頂いたコメントにも精一杯対応したいので書く記事が「自分好み」に偏ってしまってます。分からない事を記事にしてもコメント返信できませんからね。こんなブログですが、これからも宜しくお願いします。こちらもちょくちょくお邪魔したいと思います。

仕事の途中、自宅で休憩中に返信してます。「まずはこれまで、あらあらかしこ」どこかで聞いたような・・・

| シャオティエン | 2011/12/28 12:45 | URL |

Re: 伏せコメさん

こちらこそ宜しくお願いします。
よいお年を!!

| シャオティエン | 2011/12/28 12:47 | URL |

No title

遅くなりました!
今年もよろしくお願いいたします!

まあ~た難しいお題ですねえwww

Q7:殺し技ときましたかあ
「斬る」
 中村主水!と言いたいところなんですが、あまりにも当然すぎるので却下w
 「仕掛人」の西村左内さんと「仕事人」の左門さん。特に後者は、胴太貫と呼ばれる刀での斬撃は迫力がありました。主水さんとの対比もあってよかったんですよ。

「切る」
 「仕事屋稼業」の半兵衛さんのカミソリ、「仕舞人」の直次郎の長ドス。後者は切り込むまでの緊迫感がたまりません。

「刺す」
 う~ん、ダンディズムから市松さんは外せませんねえ。どうにも「仕舞人」が好きなもんですから、京マチ子さん演じる坂東京山のカンザシをあげておきます。

「絞める」
 これも絞め技いろいろありますが、「新仕舞人」の晋松さんの拍子木、そうそう「橋掛人」の柳次さんの金糸とか好きでした。

「素手」
 「渡し人」の大吉による腸ひねり、「仕留人」の大吉による心臓つぶし。あれ、両方大吉さんだ!
 あと忘れちゃいけないのが「仕置屋稼業」の印玄の屋根から突き落とすなんてのも。あ、和田アキ子の「うらごろし」の「若」の撲殺はまさに撲殺でしたっけ。

「火」
 火器だと「新仕置人」の巳代松の竹鉄砲や「仕事人 旋風編」の西順之助のバズーカもありますが、「新からくり人」の火吹きのブラ兵さんの火吹きってのもありましたねえ。ほぼ宴会芸でしたけどw

「撲殺」
 あ、和田アキ子・・・・

 普通に思い出すだけでもいろいろあるもんですよねえ。無理して違うのを選んだつもりはないんですが、やっぱり違う答えを選べるほど、バラエティに富んでいるいい作品群だと思います。

| 波のまにまに☆ | 2012/01/01 13:55 | URL |

Re: 波のまにまに☆さん

> 今年もよろしくお願いいたします!

こちらこそ、宜しくお願いします!!!
全てのバトンに回答して頂き、ご協力ありがとうございました。
バトンを出題したピンクルさんにも見てもらいたいですね☆

> 「斬る」
>  中村主水!と言いたいところなんですが、あまりにも当然すぎるので却下w
>  「仕掛人」の西村左内さんと「仕事人」の左門さん。特に後者は、胴太貫と呼ばれる刀での斬撃は迫力がありました。主水さんとの対比もあってよかったんですよ。

西村左内は別格ですね。趣味と実益を兼ねているというか・・・
畷左門は後半から「素手」の殺し技に変わりますね。その辺の経緯、堂なんでしょうか?


>  「仕事屋稼業」の半兵衛さんのカミソリ、「仕舞人」の直次郎の長ドス。後者は切り込むまでの緊迫感がたまりません。

「仕事屋稼業」「仕舞人」両方未見ですw
機会があれば、特に「仕事屋稼業」は観たいです。


> 京マチ子さん演じる坂東京山のカンザシをあげておきます。

坂東京山は畷左門の師匠ということで、「恐怖の大仕事」に登場しますよね。
その時観たきりですね。


> 「橋掛人」の柳次さんの金糸とか好きでした。

リアルタイムで観てました。「餓鬼道」の刺繍でしたね。
そこから1本引き抜いた金糸で首を絞める・・・覚えてます。中学生の頃でした。
残念ながらこの作品の時、熱烈的必殺ファンだった同級生の一人が離れて行きました。
どのような心境の変化があったかは知りません。


>「仕留人」の大吉による心臓つぶし。

これはレントゲンと心電図が印象的でしたね


この「カテゴリ」は私が設定したものです。オリジナルのバトンでは少々違った「カテゴリ」だったと思います。他にもあるかもしれませんが、思いつくままに挙げましたのでご了承下さい。

| シャオティエン | 2012/01/01 21:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/61-f829d0b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT