重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミュージカルがない音楽映画ランキング


しろくろshow さん経由で知った washburn1975 さんの企画、今回は音
楽がテーマと言うことで ・・・ 音楽が重要な役を果たしてる映画なんてあ
まり観た記憶がないので投票はスルーしようかと思ってましたが、捻り
出すと結構ありましたね ・・・


第1位  「トラック野郎 故郷特急便」(1979)

石川さゆり演じるドサ回りの歌手が梅田コマ劇場出演と言うチャンスを
掴むまでを描いたシリーズ最終作。


第2位  「トラック野郎 望郷一番星」(1976)

吉川 団十郎演じるその名も「宮城県」と言うトラック野郎が「アンコ椿
は恋の花」にのって崖から転落死。その追悼盆踊り大会に都はるみを担
ぎ出すシリーズ第3作。


第3位  「ちびまる子ちゃん」(1990)

合唱大会中に歌えなくなってしまった親友のピンチを代わりに歌って助
けるシーンと、転校して行く親友へ向けてお別れ会で歌うシーンは泣け
ます、歳ですかね。


第4位  「ゴジラ対ヘドラ」(1971)

私も、特撮映画から「モスラの歌」を選ぼうかと思いましたが、いろん
な映画で歌われてますからね。「モスラの歌」がモスラを呼ぶのが目的
で使われているのに対し、「かえせ!太陽を」はこの映画そのものであ
る気がする強烈な歌です。尚、この映画は子供の頃に観てません(地上
波ではオンエアされなかったと思います)。


第5位  「コンボイ」(1978)

映画以前にあった これ( ← その曲にふれている記事です)の歌詞を映
画化したのがこの映画だと聞きましたが ・・・ 恐らく、この企画の対象外
かもしれない作品です。ただ、私とアストラにとっては公民館でリアル
鑑賞した思い出の映画なのでここにランクしました。件の曲は暫くの間
我ら「バカ兄弟」のフェイバリット・ソングとなりました(勿論英語な
んか知りませんから歌う度に歌詞が違うw無国籍語で歌ってました)


第6位  「モダン・タイムス」(1936)

無国籍語と言えば、この映画のクライマックスでチャップリンが歌うシー
ンですね。


第7位  「バルジ大作戦」(1965)

このブログのタイトルを変更した時、タイトルに「大作戦」とつく番組
や映画をいろいろと挙げてみました。そんな中にこの映画もありました
が、どんな戦いを扱った映画なのかまったく知りませんでした。当時は
AnAn をやっていましたので、苦手な「エンタメ」の隠し玉にでもなれ
ばと思って借りて来て観ましたが ・・・ 覚えているのは新兵たちと一緒に
ロバート・ショーが軍歌(?)を歌うシーンだけですw。史実とは違う
部分が多々あって評判はあまり芳しくなかったらしいです。


第8位  「悪魔の手毬唄」(1977)

東宝の金田一シリーズ第2作です。映画と言う縛りが無ければ「怪奇大
作戦」第5話を挙げたいところです。


第9位  「ビルマの竪琴」(1985)

これは中学生の頃でしたか、芸術鑑賞の一環だったと思いますが体育館
で全校生徒が見せられました。同じクラスに、何故こんなのを見なくて
はならないのかと憤慨してた女子がいましたね。


第10位  「ドリラー・キラー」(1979)

電動ドリルで連続殺人を犯す男、その原因のひとつが隣家の騒音でした。
なんと隣にはバンドが住んでいて、一生懸命練習してるんですな(笑)。
これでも音楽の範疇に入ると思います。


ランキングに関してですが、第1位と第2位は間違いありませんが作品
自体は「望郷一番星」の方が好きです。「故郷特急便」はトラック野郎
と言うより、石川さゆり演じる 小野川 結花 のサクセス・ストーリーの
感が強いですから、正に「私の音楽映画」です。第3位~第5位は敢え
てランキングしました。第6位以下は数合わせに捻り出した感が濃厚で
すw。観てもいないミュージカル映画を「この辺か」などとランク入り
させても仕方ないのでランキングは苦労しましたが、何とか10本並べ
ることが出来ました。

| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 09:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

その手がありましたか

こんばんは。

なるほど「トラック野郎」という手がありましたね・・・歌手のゲストが多かったですし劇中で歌いながら登場するパターンもよく見ました(確か「度胸一番星」の八代亜紀もそんな感じだったような)

「ドリラー・キラー」も着眼点として面白いなと感心いたしました(^_^;)

| しろくろshow | 2015/11/20 20:59 | URL |

Re: しろくろshow 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> なるほど「トラック野郎」という手がありましたね・・・歌手のゲストが多かったですし劇中で歌いながら登場するパターンもよく見ました(確か「度胸一番星」の八代亜紀もそんな感じだったような)

確かに、「トラック野郎」シリーズは当時の人気歌手が毎回の様に登場してますね。しかしシリーズが半分以上並んだベスト10と言うのも偏り過ぎてますから、外せない2本のみにしました。因みに次点は「北へ帰る」です。

> 「ドリラー・キラー」も着眼点として面白いなと感心いたしました(^_^;)

ありがとうございます(笑)。主人公は隣からの「騒音」にキレて目覚めてしまいましたが・・・観ていた私は逆に寝てしまうと言う不思議な体験をした映画でもありますw。

| シャオティエン | 2015/11/21 07:44 | URL |

こんにちは。
ゴジラ対へドラは観た記憶があります。
「返せ!地球を」は何となく覚えています。
放映当時に観ただけなので、記憶が危ういですが、印象が強烈でしたので。
かなり危険なものをテーマにしたのと、歌詞がアレなので、今ではテレビでは観ることができない気がします。
「へドラをやっつけろ」っていう歌もありましたね。

モスラで出ていた双子が有名な歌手だったのはずーっと後で知りました。こちらは映画を観た記憶がないのですが、歌えます(耳コピですが)。

| のりたまとうさん | 2015/11/22 10:29 | URL |

Re: のりたまとうさん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> ゴジラ対へドラは観た記憶があります。
> 「返せ!地球を」は何となく覚えています。
> 放映当時に観ただけなので、記憶が危ういですが、印象が強烈でしたので。
> かなり危険なものをテーマにしたのと、歌詞がアレなので、今ではテレビでは観ることができない気がします。
> 「へドラをやっつけろ」っていう歌もありましたね。

「ゴジラ」と「ゴジラ対ヘドラ」は、昭和ゴジラの中では子供向け作品ではない様な気がします。前者の場合は各国による核開発競争、後者の場合は公害問題が作品の背景にありますからね。そんな風に考えると「ゴジラ対ヘドラ」は「核(放射能)対公害」と言う闘いであり、どちらが勝っても人類にとって脅威ですね。

> モスラで出ていた双子が有名な歌手だったのはずーっと後で知りました。こちらは映画を観た記憶がないのですが、歌えます(耳コピですが)。

「モスラの歌」のEPレコードを以前何かの広告で見たことがあります。恐らく目玉商品だったと思いますが、いくらで売りに出ていたのでしょうか。欲しいです。因みにあの歌詞はインファント島の言葉ですかね?

| シャオティエン | 2015/11/22 21:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/613-09ea7cca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT