重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あの頃は・・・


これまでは淡々と「年間ランキング」を発表してきましたが、2015
年分は途中に別記事を挟んで断続的に発表していきます。その第1回で
「快傑ライオン丸」の「一人勝ち」状態を分析していたら「ウルトラ系
女優」のランキングになってしまい ・・・

ウルトラマンA
第10話 「決戦!エース対郷秀樹」


を採り上げることになりました。このエピソードには ・・・

10-ルミ子-1 

「A」の前作「帰マン」の後期ヒロイン・村野 ルミ子(演/岩崎 和子
がゲスト出演しています。「第6の女優」とはこの岩崎氏なのです。ど
ちらかと言えば「知る人ぞ知る」ヒロインを演じた方ですので知名度は
かなり低い筈ですが、この遠くから見ても歴然と判るボインがその筋で
は名高いです。因みに「帰マン」に出演していた時は厚着の時期だった
からか、「隠れボイン」状態だった様です。

冒頭、ルミ子は次郎(演/川口 英樹)を連れて新宿の雑踏を歩きます。
このオープニング、私が「 おっぱい映画 」で2位にした「わらの犬」を
彷彿とさせますね ・・・ 冒頭、女性がボインを揺らしながら雑踏を歩く ・・・
映画は「A」の前年作なので意識したのかもしれませんね。

10-ルミ子-2  

次郎は雑踏の中、郷 秀樹 に似た男とすれ違いますが、ルミ子はそんな
筈ないと再び歩き出します。名残惜し気に男が去って行った方を見続け
る次郎の脇に見える横ボインも凄いです。そんな新宿に ・・・

ザイゴン  犀超獣・ザイゴン

が出現し2人も逃げ回ります。ボインの揺れも激しくなり ・・・

10-ルミ子-3 

ここでは縦から横方向へぶるんと動きます。興味がある方は是非、動画
で確認して下さい。結局、この2人が逃げ回った先はザイゴンの足元で
したww

10-北斗 

2人を救出するため、北斗(演/高峰 圭二)がTACの新兵器を手に ・・・

10-人間態-1 

ところが、それを邪魔する形で登場したコイツ(演/団 時朗)にオイ
シいところを全部持って行かれます。この後負傷したコイツの周りに
全員集合した際に登場するのが ・・・

10-美川 

美川(演/西 恵子)による「思い出したわ」です。次郎が歳をとって
いないと言うことは、郷やMATが活躍したのはつい先日の筈です。
それを古い記憶の抽斗から引っ張り出した様に皆に言い聞かせる美川。
確かに変な場面ですが、深く考えてたら「昭和の特撮」は楽しめませ
ん。

さて「郷らしい男」はこの後TACの病院へ入れられます。ここへ本
来なら入れない次郎がお見舞いに来たのは

10-人間態-2  アンチラ星人

にとって誤算でしたね。郷の嗜好や癖などを熟知してる次郎にいろい
ろと違いを指摘され(まさに「この中に20面相がいる」状態です)
焦ったか、病院へザイゴンを呼び寄せ最終決戦へ。自身は屋上で正体
を現しますが ・・・

アンチラ星人-1  アンチラ星人-2 

南(演/星 光子)が放った弾がタマに炸裂!!アンチラ星人もナニが
急所かどうか知りませんが、股間をおさえる可哀想な姿で敗北。

10-技-1  10-技-2 

ザイゴンの方も、この2つの技で仕留められました。この後に手から
水の様な物を噴射して消火する珍しいシーンも登場します。


最後に、ルミ子=岩崎氏 は美女揃いの平成特撮ヒロインと比べたら
「?」となってしまうでしょう。しかし、私が小学生だった当時、近
所のボインお姉さんは(私の周りだけかもしれませんが)間違いなく
彼女の様なタイプでした。そこに懐かしさを禁じ得ないのです。

| .ガイド .ウルトラ A | 10:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シャオティエンさん
こんにちは。
改めて第10話を観てみました。ルミ子さんはいい感じですね。私も好みです。普通なおねえさん的な感じがいいです。
オッサンになってから観て、こんな女性と結婚したら幸せになれるだろうなんて思いました。
確かにおっぱいは大きいですね(笑)。
おはぎを箸で串刺しにして食べるシーンは、覚えていました。次郎君はギッチョを指摘していましたね(そもそも串刺しでは食べないだろうって思いますが、こちらの指摘はなしでした)。

次の回の「超獣は10人の女?」がとても気になります。どんな話なのかしら??

| のりたまとうさん | 2016/01/10 14:37 | URL | ≫ EDIT

Re: のりたまとうさん 様へ

いつもコメントありがとうございます。
頂戴したコメントが「迷惑」の方に分類されていたので気付くのが遅れて申し訳ありません。

> 改めて第10話を観てみました。ルミ子さんはいい感じですね。私も好みです。普通なおねえさん的な感じがいいです。
> オッサンになってから観て、こんな女性と結婚したら幸せになれるだろうなんて思いました。
> 確かにおっぱいは大きいですね(笑)。

>>普通な

どちらかと言えば美人ではないですが、なんか近所にいそうなタイプ、私が彼女に惹かれるのもその点です。こんな女性を姉代わりに暮らす次郎は羨ましいです。ボイン姉さんは私の憧れですから。

> おはぎを箸で串刺しにして食べるシーンは、覚えていました。次郎君はギッチョを指摘していましたね(そもそも串刺しでは食べないだろうって思いますが、こちらの指摘はなしでした)。

恐らく、アンチラ星人は箸を使ったことがなかったのでしょう(笑)。凄い武器を持った勇敢な人物として TAC に入り込むのが目的なら、何も人間態は郷秀樹でなくとも良かったと思います。しかし、それではルミ子姉さんの出番も無かったかもしれないので、アンチラ星人には「よくやってくれた」と言いたいです。欲を言えば、「夏季」に出て来て欲しかったですな。

> 次の回の「超獣は10人の女?」がとても気になります。どんな話なのかしら??

これは DVD の同じ巻に収録されています。10人の女が変身するのは「くノ一超獣」、その2つ前の回には「忍者超獣」を出しています。この2匹はライバル番組「快傑ライオン丸」「変身忍者嵐」を意識したのでしょう。そして「アンチラ」は「アンチ/ラ」つまり「ライオン丸」更には「(仮面)ライダー」への対抗を意味した命名なのかもしれないですね。

| シャオティエン | 2016/01/12 08:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/624-6e6b743a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT