重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラブレターが破れたぁ


こじ付け特集「追跡を追跡」の第2回は

快傑ズバット
第19話 「悲恋破られたラブレター」


です。「快傑ズバット」の DVD-Box が某店に出ていた数年前は購入を
見送ってしまいましたが、この時 に端物を購入しました。今回、映画
「華麗なる追跡」で共演(と言っても直接のカラミはありません)した
遠藤氏と横山氏がカラむエピソードとして、その中に収録されているこ
れを採り上げることにした次第です。


19-いぶき-1 セントデビルー1 19-石上

右画像・石上(演/山田 禅二)が、会社乗っ取りを企む中央画像・セ
ントデビル(演/阿藤 海)によって殺害され、その現場を左画像・八
鹿 いぶき(演/遠藤 薫)が目撃してしまいます。セントデビルはいぶ
きの口封じを用心棒のレッドフォード(演/横山 繁)に任せる訳です
が ・・・

19-二番目 レッドフォードー1

ここで毎度お馴染みの「日本じゃ二番目だ」が登場し「死闘開始」です。
「魔の鎖鎌師」レッドフォードはその華麗なる業で

19-吊るし 

いぶきを高々と吊し上げてしまいました。レッドフォードは、これ以上
のことをやって見せろと早川(演/宮内 洋)に鎖鎌を渡します。
早川はまずいぶきを助ける訳ですが ・・・

19-いぶき-2 

鎌を放り投げて鎖を断つと言うほぼ不可能なことから始めます。この時
のボインアップがGJです。胸元に「2G」とあることから、高2です
かね?そして落下したいぶきを

19-いぶき-3 

受け止める早川の左手はしっかりとボインを受け止めてます。
いぶきを救出した早川による「日本一の」鎖鎌捌きは「継続」し ・・・

レッドフォードー2 

最後はレッドフォードが逆さ吊り、しかも少しでも動いたら鎌が突き刺
さりそうになってます。

こんなことをしてる間に、狡猾なセントデビルはいぶきを殺人犯に仕立
て上げる段取りを完了。警察もまんまと騙されていぶきは「容疑者」に。

19-新也 

「新也さんなら分かってくれる」といぶきは、殺害された石上の息子・
新也(演/寺泉 哲章)にこれまでの経緯を打ち明けます。実はこの2名
は同じテニスクラブに通う顔見知り同士。しかしこの男、「君を信じて
いる」と言っておきながら影で警察へ通報したりするヤツです。それを
察した早川(いぶきと行動を共にしていました)はいぶきを石上邸から
連れ出しました ・・・ そして最終決戦へ。

レッドフォードー3 セントデビルー2

最期はそれぞれこんな感じで、ズバっとヤラれました。本当はここに新
也も加えて欲しかったですね。

19-遠藤氏 

前記事でも使用したこの画像はラストに登場。早川は去り際にいぶきを
慰める様な言葉をかけますが、この期に及んでも尚「新也さんは悪い人
ではない」と言い返します。早川にはそう言ったものの、新也に宛てて
書いたラブレターを自ら引き裂いたことでこの「淡い恋」を終わりにし
たのでしょう。


さて横山氏が演じた レッドフォード ですが ・・・
この名の元ネタは恐らく有名男優からだと思います。調べたところ、丁
度このオンエアと同じ昭和52年に映画「遠すぎた橋」が封切られてい
ます。それまで私の頭にあったのは ・・・ 「クリスト・ファーリー」と
「ブルー・スリー」(どちらの方もこう覚えていましたw)の2名。そ
こへこの名が加わった訳です。映画の内容は全く知りませんが、テレビ
のCMで何度も聞かされたので映画名と男優名を記憶したに過ぎません。
それから40年近く経ちましたが、「遠すぎた橋」はおろか、この男優
が出演した映画をまともに観たことは無いです。それなのにまだ覚えて
るのですから、当時の映画CMは凄いですね。因みに私のトラウマ・コ
ピーは ・・・

「一度食ったら忘れられない」

です。この映画のタイトルは何でしょう?

| .ガイド .昭52 快傑ズバット | 09:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

八鹿いぶき

連日の投稿失礼いたします。

遠藤薫さまの名演TOP3に入ると思われる、
「八鹿いぶき」を取り上げてくださり感謝いたします。

しかしながら、このページは635番、
女優索引では遠藤薫さまの索引にはなく、636番がありましたので
「八鹿いぶき」の魅力を一人でも多くの方に知ってもらうために
索引に追加・訂正していただけることを願っております。

さて本題ですが、
快傑ズバット 第19話 「悲恋破られたラブレター」
には 遠藤薫さまの魅力がいっぱい詰まっていますね。
まだ、ご紹介されていない前半のシーンにある、
テニスルックでのシーン、練習風景・新也との会話など
貴重なシーンが目白押しです。

彼女の高校生時代の最もピュアーな演技で魅力的な作品としてもう1つ、
『多羅尾伴内・鬼面村の惨劇』(東映)1978/08/12 雨宮薫役
を推薦したいです。
「雨宮薫」の透き通るような純粋な女の子の役作りは遠藤薫さまに
しかできないと思われます。
非業の死を遂げられるので、ファンにはつらい作品ですが、
この作品の宙づりシーンこそ、「八鹿いぶき」での実績を買われてのご出演かと?

山口和彦監督は1976年にも『武闘拳 猛虎激殺!』で遠藤薫さまを
ヒロイン役に抜擢しています。
この時にも散々拘束シーンがありますので、
ここまでできる高校生の女優さんは当時そうそういなかったのではないでしょうか?


| クーちゃん | 2016/08/14 08:43 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> しかしながら、このページは635番、
> 女優索引では遠藤薫さまの索引にはなく、636番がありましたので
> 索引に追加・訂正していただけることを願っております。

確認したところ全ての俳優さんが間違ったページとリンクしていました。索引の誤りをみつけて頂きありがとうございました。

> 彼女の高校生時代の最もピュアーな演技で魅力的な作品としてもう1つ、
> 『多羅尾伴内・鬼面村の惨劇』(東映)1978/08/12 雨宮薫役
> を推薦したいです。
> 山口和彦監督は1976年にも『武闘拳 猛虎激殺!』で遠藤薫さまを
> ヒロイン役に抜擢しています。

この2本は残念ながら未見ですが、「猛虎激殺」はなぜかポスターを持っています。どちらも私がリアルで特撮を観ていた期間の作品ですね。年齢的に、「バロム1」の木戸紀子と同じ様な役が出来たと思いますが残念ながらレギュラー出演した特撮はありませんでした。「忍者キャプター」(昭51)では風忍の同級生としてゲスト出演しています。花忍の設定年齢が16歳(失礼ながら、とても見えません)だったと思いますが、遠藤氏の花忍、今思うとこれもありの様な気がします。

| シャオティエン | 2016/08/15 08:26 | URL |

桜井トモコ

訂正してくださりありがとうございます。
感謝いたします。

ご報告を忘れておりましたが、
『多羅尾伴内・鬼面村の惨劇』『武闘拳 猛虎激殺!』の山口和彦監督は
『銀蝶流れ者 牝猫博奕』(東映)1972年の監督もされていました。
東映児童演劇研究所所属の女優さんゆえ、よくある事なのかもしれませんが、
山口和彦監督は3作品で、鈴木則文監督は6作品で、
ともに遠藤薫さまを6年に渡ってキャスティングされてきたことになります。
もっと探せば他にも出演作があるかもしれません。

桜井トモコは大好きです。演技力はズバ抜けていますね。
ずっと拘束されっぱなしですが、その間の演技も魅力的です。
桜井トモコは設定年齢15歳ですが、
あの時期の遠藤薫さま(おそらく高1)なら充分に花忍キャプター3を
演じることができたと思います。凛々しい演技は得意でしたから。
そう考えただけでワクワクしますねえ。
しかし、当時の現場は厳しく色々なトラブルもあって、松葉夕子さんが降板したとの情報もありますし、
これでよかったとの気持ちも強いです。
少しでも長く女優を続けてくださり、様々な魅力を放ち続けてくださったことが
私たちにとっては励みになりますから。

| クーちゃん | 2016/08/15 11:45 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

> 山口和彦監督は3作品で、鈴木則文監督は6作品で、
> ともに遠藤薫さまを6年に渡ってキャスティングされてきたことになります。
> もっと探せば他にも出演作があるかもしれません。

山口監督作を採り上げたことは恐らくないですが、鈴木監督作は結構採り上げました。しかし、全てがチョイ役なのが残念ですね。もしかしたら、ノンクレジットの出演もあるかもしれません。

> 桜井トモコは大好きです。演技力はズバ抜けていますね。
> ずっと拘束されっぱなしですが、その間の演技も魅力的です。
> 桜井トモコは設定年齢15歳ですが、
> あの時期の遠藤薫さま(おそらく高1)なら充分に花忍キャプター3を
> 演じることができたと思います。凛々しい演技は得意でしたから。
> そう考えただけでワクワクしますねえ。

花忍には風忍の「保護者」と言う設定もあったのであの様なキャスティングになったのでしょう。実際、15歳と16歳では年齢差があれ程明確にはなりませんよね。

> しかし、当時の現場は厳しく色々なトラブルもあって、松葉夕子さんが降板したとの情報もありますし、
> これでよかったとの気持ちも強いです。
> 少しでも長く女優を続けてくださり、様々な魅力を放ち続けてくださったことが
> 私たちにとっては励みになりますから。

「忍者キャプター」は7人組、単純に考えるとこれだけで14人の役者さんを要します。それ故か、いろいろな裏話があった様です。そんな環境に1年近く拘束されると言うのも高校生には厳しいと思います。本編のアクションも結構危険なことやってましたからね。

| シャオティエン | 2016/08/16 07:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/635-b215f956

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT