重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コブラの涙


私が「ダイヤモンド・アイ」と言う番組の存在を知ったのは小学校高
学年 ・・・ 5年3組ではありませんが ・・・ の頃です。当時、私は「全怪
獣怪人大百科」を毎年購入して「更改」していましたが、恐らく最後
に購入した版にたった1ページだけ、番組紹介の様な形で採り上げら
れていたのを目にした時でした。別に是非とも観たいとも思いません
でしたが、ブログを始めてからこの番組が「視聴困難」状態であると
知ってからは「いつかは」と思う様になっていました。それが廉価版
という形で発売されると言うのでとびついたのが この時 でした。

購入してから半年ほど経ってしまいましたが、今回初めてカテゴリに
追加することになりました。先日追加した「5年3組魔法組」同様、
こちらも順不同で申し訳ありませんが ・・・

ダイヤモンド・アイ
第15話 「魔の穴!!ヒトデツボの猛撃」


からイってみましょう。


「がり勉」「教育ママ」と言うのは現在も使用されているのでしょうか?

DSC04638_convert_20160612074618.jpg  DSC04637_convert_20160612074603.jpg

皆から「がり勉」呼ばわりされる 雨宮 一郎(演/伊東 永昌)の表情に
は皆と一緒に遊びたくても遊べない悔しさがにじみ出ている様な気がし
ます。そんな 一郎 が気を失っても 母・菊子(演/藤 恵美子)は「百点
塾へ行きましょう、行きましょう」と 一郎 を担いで行ってしまいまし
た。

DSC04639_convert_20160612075427.jpg

その様子を見て唖然とする 雷 甲太郎(演/大浜 詩郎・上右)、カボ子
(演/黒沢 のり子・上中)、五郎(演/福田 悟・上左)と子供たち。

甲太郎の本職はルポライターですから「百点塾へ行ってみよう」と言う
ことになりましたが ・・・

DSC04640_convert_20160612080346.jpg

取材に応じた百点塾の塾長・百田 孝行(演/福山 象三)の話があまり
にも酷かったので

DSC04644_convert_20160612081105.jpg  「子供は子供らしくもっと遊ぶべきだ」

と、「青空塾」なる遊びの塾を開きました。猛勉強に遊びで対抗する ・・・
こんな展開は現在では通用しないかもしれませんね。「集まって来るか
なぁ?」と モンちゃん(演/すのうち 滋之)も心配しますが ・・・

DSC04645_convert_20160612082107.jpg

集まって来たのは風船、しかも地獄の煙入りでした(笑)。

地獄の煙とは、血の池地獄に咲くドクロの花の結晶を焚いて出た煙。こ
れを吸引すると良心が失われて行き邪悪な心になってしまいます。これ
を百点塾に通う生徒たちに嗅がせ奴隷兵士化すると言うのが

DSC04643_convert_20160612092815.jpg

蘭花(演/隅田 和世)の作戦でしたが ・・・

DSC04649_convert_20160612093214.jpg  DSC04650_convert_20160612093234.jpg  DSC04651_convert_20160612093251.jpg

ダイヤモンド・アイの出現で失敗。ダイヤモンド・アイは地獄の煙を吸っ
た 甲太郎 たちに

DSC04655_convert_20160612093806.jpg

を浴びせ、邪悪な心を取り除いて去って行きました。

DSC04656_convert_20160612094130.jpg

蘭花には人間の血が混じっているので「綺麗に勝ちたい」という様な考
えを持っています。その違い、私には全く判りませんでしたが、アジト
へ戻った蘭花は腹心のキルト(演/片岡 五郎)に「悪には綺麗も汚いも
ないのです」と、半ば嘲笑う様に諭されてしまいます。

DSC04657_convert_20160612095303.jpg

更にはこいつまでが「蘭花様の作戦は心もとない」とキルトの作戦に勝
手に路線変更。そんなゴタゴタを

DSC04658_convert_20160612100759.jpg  DSC04652_convert_20160612100743.jpg

ダイヤモンド・アイにつかれ ・・・

DSC04659_convert_20160612100814.jpg  「ばぁれぇたかぁ~」

と正体を現しました。蘭花はヒメコブラ、百田はヒトデツボと言う前世
魔人の人間態でした。地中に潜ったヒトデツボがアイを地中へ引きずり
込んでいる間にヒメコブラがアイのステッキを奪いましたが ・・・

DSC04660_convert_20160612101937.jpg  DSC04661_convert_20160612101954.jpg

モンちゃん、一郎などが連携してステッキを奪い返しアイへ。いつもな
らステッキから「ロイヤル・パンチ」と言う必殺技が放たれるのですが、
今回は出ませんでした。地中にいたヒトデツボはステッキで突き刺され
ただけで爆死。ヒメコブラはアイを「魔空空間」の様な異界へ引き込み
ましたが、子供たちの応援が異界のアイを救います!!ヒメコブラはア
ジトへ逃れ「子供たちの声に負けた」と涙を流します。この辺がヒメコ
ブラに残る「人間性」なのでしょう。この僅かに残るヒメコブラの「人
間性」が、「ダイヤモンド・アイ」後半の展開を意外な方向へ導いて行
くことになります。


| .ガイド .昭48 ダイヤモンド・アイ | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/659-08e7e72d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT