重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

意外な再会


20日。DVDマガジンコーナーに1つだけあった「松田優作」がなんと

狼の紋章」(昭48)

でした。この映画の DVD は暫く前に某リサイクル系書店に出ていまし
たが、なかなかお目にかかれない作品と言う理由かどうかは知りません
が、3000円近い強気の値付けでした。

この映画では ・・・
「ミラーマン」(昭46)で 野村 由起 隊員を演じた 市地 洋子 氏(安
芸 晶子 名義)のボインが拝めると言うことで一応脳内の探求品リスト
には入れていましたが、この値段では ・・・ と断念しました。その後いろ
いろなサイトをチェックしたところ「市地氏のヌード目当てで見るなら
止めた方が良い」と言う様な内容の、正に私に対してアドバイスして頂
いているとしか思えないレビューを拝見しました。その後、この DVD
の中古を店頭で見ることはありませんでしたが、まさかこんな形で ・・・
DVD は勿論新品、それにマガジン(=解説書)付きで中古の約半額 ・・・
これは「買い」ですね。

いつもの様に「流し観」しました ・・・
これは「人狼」を扱った東宝の映画です。しかし、同じ様に西洋の古典
モンスター「吸血鬼」を扱った「血を吸う」シリーズに比べるとどこか
「チープ」と言うか ・・・ それでいて、東宝にしてはかなり「スプラッター
度」が高いです。なので某サイトでは「目当てで観るなら」と言う評に
したのでしょう。

では、「チープ」で「凄惨」な記事を書いている私が選んだ「見所」を
いくつか ・・・
先ず「ボイン」のシーン。実に3名のボインが登場しますが、どれもじっ
くり観れないのが残念です。しかし市地氏に関しては強姦と折檻が付随
してますので、その手のシーンを探している方はそれだけで元が取れる
かもしれませんが、どうでしょうか。
徐々に「人狼」に惹かれてゆく 小沼 竜子(演/加藤 小代子)。映画を
観るまでその存在すら知りませんでしたが、この存在は意外な拾い物で
したね。小悪党でありながらきちんとセーラー服(冬用)を着て登校す
る彼女は、「人狼」の部屋で「パンティのみ」の姿で待ち伏せ ・・・ しま
したが部屋から摘み出されて、失敗。その腹いせか、竜子は紀子(演/
本田 みちこ)及び晶子先生(演/市地 洋子)をそれぞれ襲撃。ちょっ
としたキャットファイト2連戦です。

因みに市地氏、「ミラーマン」の前は東映「ずべ公番長」シリーズで主
役グループの一員を演じています。もしかしたら、そのシリーズでは本
格的にキャットファイトしていたかもしれませんが、未見。


| .ガイド .重箱の隅映画館 昭和ボイン探訪 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/662-546e2f51

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT