重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

進捗状況0%につき


暫く前に書いた こんな記事 がありましたが、VHS テープに録り溜め
た画像をDVD化する作業は一切進んでいません。未だ機材すら購入し
ていませんので着手はいつになりますやら ・・・ そんな中、「録り溜め
た」映画の1本である「ザ・リッパー」(昭57・伊)の中古DVDが
安く出ていたので購入しました。

パッケージの裏のCAST欄、被害者役の女優陣にそれぞれ付されてい
る出演作が凄まじいですw ・・・

Alexandra Delli Colli 「人間解剖島/ドクター・ブッチャー」
Daniela Doria 「地獄の門」
Zora Kerova 「人喰族」

その全てを観たことがある私もある意味、凄まじいと思います。そん
な中、主演はさすがに

Jack Hedley 「007/ユア・アイズ・オンリー」

とありました。この映画のパンフレットをたまたま持ってましたので
どんな役で出演したのか調べたところ、それには出ていませんでした。
諦めきれないのでいろいろ検索してみましたら、ボンド・ガールの父
親役でした。そんな彼の演ずる警部補が、「くわっ、くわっ、くわっ」
とアヒルの鳴き声で電話するブラック・デビルではなくて、殺人鬼を
追います。このアヒル声の裏には悲しい現実が隠されている訳ですが、
それをなんの関係もない女性たちに転嫁したところでその現実が改善
することはありません。ラスト、アヒル声を心待ちにしている唯一の
「女性」がかけた電話がアヒルさんに通じないのが悲しいです。


| .ガイド .重箱の隅映画館 グロ | 05:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/673-8caf2b0f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT