重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貴女はだあれ?


「故郷特急便」でバーナードを演じた 大月 ウルフ 氏は特撮作品にも
多数出演しています。因みにこのブログタイトルの下にある画像集に
もいらっしゃいますね。今回は私が持ってる中で最も古い出演作であ


マグマ大使
第39話 「怪獣グラニヤたゞ今出現!」


を採り上げます、が ・・・

このエピソードを確認していたら

DSC04813_convert_20160915140328.jpg

Aパート終盤にぽっちゃりした(昭和の)美少女が登場するのを発見。
しかし残念ながら、演じた方のお名前が不明です。因みに画像右は、
まもるの母・友子(演/八代 万智子)です。この少女(恐らく高校生
役と思われます)の父は ・・・

DSC04825_convert_20160915141131.jpg

国際スクランブルの矢澤副隊長(演/灰地 順 ・中央)です。矢澤が
抱えているのは水爆の起爆装置。矢澤は起爆装置をまもる(演/江木
俊夫
・左)に託し、ガム(演/二宮 秀樹 ・右)と2人でまもるを援
護しようとしましたが、まもるが毒ガスを食らったことで失敗。

DSC04826_convert_20160915142307.jpg

その後まもるはこんな状態になってしまいました。この毒ガスの効果
は2日間らしいのですが、4日経っても一向に回復しないまもる。実
はまもるは

DSC04821_convert_20160915202817.jpg

ジョージ山口ことX26号(演/大月 ウルフ)が供給する毒ガスを吸
引し続けていたのでした。麻薬の常習を断ち切る時と同じ様な苦しみ
を耐え抜いたまもる、その長い一夜に付き合ったのが矢澤でした。そ
んな2名をマユミ(矢澤の娘)が見舞ったのが最初の画像です。

ところがこのマユミ、村上宅から出たところをX26号の仲間(MM
団)に拉致されてしまいます。

DSC04814_convert_20160915204714.jpg

MM団は水爆を強奪した秘密結社でゴアと手を組んでいます。X26
号はその構成員。首領はハルヒマン(演/?・右)、副官はシュナイ
ダー(演/きくち 英一 ・左)。MM団はマユミを人質にして、矢澤
に起爆装置を水爆に取り付けさせようとしたのでした。そして ・・・

DSC04824_convert_20160915210300.jpg

用済みの矢澤父娘は水爆の傍に置き去りにされました。矢澤は起爆装
置を取り付けたものの、簡単にハズれる様に細工していました。ここ
から起爆装置をハズすカウントダウンが始まります ・・・ 一方、X26
号を尾行した

DSC04819_convert_20160915211012.jpg

村上記者(演/岡田 眞澄)とまもるの父子、国際スクランブルの海老
名本部長(演/北島 一男)もこの近くまで来ていました。が、そこは
なんと国会議事堂の傍で ・・・

DSC04822_convert_20160915211824.jpg DSC04823_convert_20160915211838.jpg

出現した怪獣グラニア(サブタイトルはグラニヤですが、こちらが正
式名称らしいです)とマグマ大使はバトル開始。ゴアは国会議事堂も
ろともマグマ大使を水爆で葬ろうとしていたのですな。マグマ大使を
おびき出すために出現したグラニアはこの後姿を消します。

爆発までのカウントダウンが0になるほんの直前、矢澤は起爆装置を
水爆からハズしました。ところが、水爆の爆発は回避できましたが起
爆装置が爆発し矢澤は殉職してしまいました。因みに、矢澤副隊長が
初登場するエピソードは、ブックレットによれば第33話です。

| .ガイド .昭41 マグマ大使 | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

シャオティエンさん
こんばんは。
この回は少し記憶があります。まもる君が薬物中毒になっていましたね。
サンダーマスクのシンナーマンの回ほどではありませんでしたが、ショックな物語でした。
とうさんにとってぽっちゃりした昭和的な美少女といえば、ジャイアントロボのマリーちゃんです。可愛かったです。

| のりたまとうさん | 2016/09/16 23:45 | URL | ≫ EDIT

Re: のりたまとうさん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> この回は少し記憶があります。まもる君が薬物中毒になっていましたね。
>> サンダーマスクのシンナーマンの回ほどではありませんでしたが、ショックな物語でした。

記事を書いた後いろいろ調べたら、「中毒」の描写に加えて「国会議事堂破壊」と、ヤバいシーンが複数あるエピソードの様です。

>> とうさんにとってぽっちゃりした昭和的な美少女といえば、ジャイアントロボのマリーちゃんです。可愛かったです。

マリー花村は第7話でレギュラー入り、第13話はメイン回で演じた桑原氏が一人二役の熱演でしたね。残念ながら私が持っているのはそこまでで、第14話~最終話は未入手です。そちらには大森不二香氏がゲストの第17話も含まれています。いつかは入手したいと思いますが、以前中古が出ていた時は結構高かったので断念しています。

| シャオティエン | 2016/09/17 08:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/678-5036d019

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT