重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貴女はだあれ? その2


16日。久しぶりにリサイクル系書店へ「売り」に行きました。それ
と言うのも、来月に「円盤戦争バンキッド」と共に「流星人間ゾーン」
も揃うからです。そうなれば手持ちの端物は不要になりますので処分
しようかなと。ただ発売延期になると泣きですがね。これを書いてい
て気付いたのですが、前者は宇宙人を地球人が撃退するのに対し、後
者は宇宙人が地球人を守ると言う正反対のヒーロー(ヒロイン)像と
なっています。そこで、処分した「ゾーン」と同じ「ヒロイン像」に
属する

好き!すき!!魔女先生
第12話 「宇宙怪人ゾルダ現わる」


をイってみましょう。

この番組の主人公・月 ひかる(演/菊 容子)はアンドロメダ星雲アル
ファ星から地球へ派遣された「平和監視員」です。そんな「平和監視
員」に喧嘩を売りながら放浪しているのが

DSC04893_convert_20161116154720.jpg

宇宙の牙・モンスター・ゾルダ です。★ スーツアクターは 岡田 勝
と思われます ★

学園祭で「かぐや姫」(と言っても大胆にアレンジした創作劇ですが)
を発表することになった5年D組。その悪役キャラクターとして美術
担当のコジマ・タケシ(演/川口 英樹)が考案したのが ・・・

DSC04894_convert_20161117071900.jpg

DSC04895_convert_20161117072048.jpg  「ゾルダ!」

ひかる が タケシ に「どこで見たの?」と尋ねると「夢で見た」との
返答。それを聞き安心する ひかる でしたが、実は小便に起きた際、
寝ぼけ眼で目撃していたのでした。

DSC04900_convert_20161117072743.jpg

脚本兼演出担当の 田辺 進(演/矢崎 知紀)が厳しく演技指導する中
劇の練習に打ち込んでいたD組の面々でしたが

DSC04909_convert_20161117072813.jpg

ヒーロー役の 正夫(演/藤江 喜幸・右)の手加減なしの暴れぶりに
悪役(演/?・ 左)が「やってらんねぇ」と降板。 これを契機に皆
もいろいろ理由を付けて去って行きました。

DSC04902_convert_20161117073827.jpg

力作が出来上がったと自信満々でタケシがやってきた時、練習場所に
いたのは 進 と、かぐや姫役の ハル子(演/杉山 和子)だけでした。

DSC04904_convert_20161117074418.jpg

その窮状を救うべく、旗野先生(演/森本 レオ)が悪役に志願したこ
とで去って行った面々も皆戻って練習再開 ・・・ 実はこの練習風景をゾ
ルダが見ていたのです。ひかる に喧嘩を売ろうとやって来たゾルダは
会えなかったので地球を去ろうとしていました。ところが円盤内のモ
ニターに映し出された映像で自分に似たヤツ(旗野先生ですw)がボ
コボコにされているのを見て激怒し舞い戻って来ました。目指すは勿
論、学園祭です。

DSC04905_convert_20161117075645.jpg

ひかる が袖で見守る中劇は始まりましたが、正夫 の脇にいるのはゾ
ルダです。ひかる はそれに気付き舞台裏で「死闘開始」しますが ・・・

DSC04906_convert_20161117075700.jpg

アンドロ仮面 へ路線変更する前のエピソードなので顔出しでアクショ
ンしています。

最後に、このエピソードに登場する他のクラスメイトたちです。

DSC04907_convert_20161117081459.jpg

正夫 の右は 野島 千照 氏でしょうか。正夫の左側にはこんな方々が
いました ・・・

DSC04908_convert_20161117081520.jpg

尾関 一子(演/荒井 久仁江)、大伴 二郎(演/石原 光真)、左は

1-三人組

第1話冒頭に登場する落書き3人組で唯一名前が判明していない左
の方でしょうか。

DSC04896_convert_20161117081536.jpg

教室で 進 からストーリーを聞いている ハル子 の両脇、左はイハラ
(演/石井 千代子)です。右の方、お名前は不明ですがチョイ役で
結構な話数に出演しています。今回は ・・・

DSC04901_convert_20161117081552.jpg

皆が練習場から去って行く場面で、恐らく全26話中唯一と思われ
る台詞があります。女生徒の中では一二の長身なので、当時既に中
学生だった可能性があります。


| .ガイド .昭46 魔女先生 | 09:15 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

正夫

好き!すき!!魔女先生 の 正夫(藤江 喜幸)は本当にいい役ですよねえ、
男気があって。
こんなにいい男の子は現代では消滅してしまいましたね。
ゴーグルVのゴーグルイエローとならぶ、藤江 喜幸氏の代表作と言えます。

忍者キャプター・金忍でももっと活躍してほしかったです。
34話だけは大活躍でしたね。
金忍にはたしかもう1話活躍回(風忍と2人がメインの回)がありましたが、
水忍にはほぼ皆無、敢えて言えば8話ですが、そんなに目立ってなかった・・・

| クーちゃん | 2016/11/17 16:33 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 好き!すき!!魔女先生 の 正夫(藤江 喜幸)は本当にいい役ですよねえ、
>> 男気があって。
>> こんなにいい男の子は現代では消滅してしまいましたね。
>> ゴーグルVのゴーグルイエローとならぶ、藤江 喜幸氏の代表作と言えます。

残念ながら私は「ゴーグルV」よく知りませんので、私にとっての藤江氏の代表作
は「魔女先生」になってしまいます。

>> 忍者キャプター・金忍でももっと活躍してほしかったです。

金忍はメカのメンテナンスの様な時にチラッと登場するくらいのイメージしかない
残念な役でしたね。

>> 水忍にはほぼ皆無、敢えて言えば8話ですが、そんなに目立ってなかった・・・

もう少し「主役回」を分散し、トドメもそちらへ任せれば面白かったと思います。
あれでは、「キャプターごっこ」(してる少年たちが登場するエピソードもありま
したね)の際は誰もが火忍をやりたがった筈です。その点、「BD7」は上手かった
ですね。

| シャオティエン | 2016/11/18 07:34 | URL |

火忍

火忍が別の方だったら、もっと7人ともが活躍できる作品になったかもしれません。
主役を2回も張った方ですから。
火忍については色々と取り出たされていますが、
真相は当時の監督陣にしかわからないでしょう。

だた、伴氏があの直後から東映に干されてしまったのは状況的に間違いなさそうです。

| クーちゃん | 2016/11/18 10:04 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

伴氏は「改名」で石ノ森先生や東映側の怒りを買っていた様です。
そんな中にも拘らず主役を任された訳ですから、ありがたい作品
だと思うのですが、伴氏は「忍者キャプター」と言う作品にあま
り触れたくない様ですね。スタッフとの仲が険悪になったと言う
話もありますし。

| シャオティエン | 2016/11/19 07:51 | URL |

こんにちは! いつも楽しく拝見しています♪
私がリアルタイムで見た記憶のあるいちばん古いドラマが、たぶんこの「好き好き!魔女先生」なんです。放送当時、私はまだ3才だったはずなんですが、かぐや姫先生のことを断片的に覚えています。指輪を月にかざすシーンを、おもちゃの指輪をはめて真似したりしていました(笑)。
レンタルビデオはツタヤで見かけましたが、これってDVD化は1度もされていないのでしょうか? ぜひDVDがあれば借りたいのですが・・・。 というか、このキャプチャーってDVDのものから?だとしたらあるんですかね?

| マナサビイ | 2016/11/19 17:46 | URL |

Re: マナサビイ 様へ

いつもご覧いただきありがとうございます。

このドラマはDVD化されていますが、レンタル店ではみたことはないですね。
ネットのレンタルは利用したことがないですが、もしかしたらそちらを探せ
ばあるかもしれません。

>> おもちゃの指輪をはめて真似したりしていました(笑)。

女性の方とお察しします。私もマナサビイ様同様に自らの子供時代の作品を
中心に記事を書いていますが、中には(と言うか、殆どだったりして・・・汗)
不快な記事もあると思います。マナサビイ様が採り上げない「別の昭和」と
言うことで、何かの参考になれば幸甚です。今後とも宜しくお願いします。

| シャオティエン | 2016/11/20 07:47 | URL |

荒井 久仁江 さま

このところなかなか新たな発見がないのですが、
『好き!すき!!魔女先生』の準レギュラーと言っても良い
荒井 久仁江 さま に注目してみました。
ルックス的には好みが分かれる子役さんでしょうが、
大人っぽい雰囲気の割に声が可愛らしくて、不思議な魅力があります。
演技も上手いですよね。
何と言っても代表作は
『好き!すき!!魔女先生』8話 うそつき先生
だと思います。彼女の魅力がいっぱい詰まっている回です。
この時、最多ご出演時期の黄金期ですが、小学校6年くらいかな?

以下、私のつかんでいる出演作品リストです。

『コメットさん』♯52 1968/06/24 五郎の妹役  
『仮面ライダー』♯6・7 1971/05/08・15 砂田ユミ役   
『帰ってきたウルトラマン』♯24 1971/09/17 アキオの友人役         ♯29 1971/10/22 次郎の友人役 
『好き! すき!! 魔女先生』♯6・8・11・12・13・15・16・17  
1971/11/07・21・12/12・19・26・1972/01/09・16・23                         尾関一子役
『仮面ライダー』♯49 1972/03/04 サクラ役  
        ♯62 1972/06/03 三浦海岸の住民役
        ♯64 1972/06/17 ナオキの友人役

『コメットさん』では藤江喜幸氏と兄妹役です。
藤江氏が幼な過ぎてクソガキ過ぎて笑えました!!

『仮面ライダー』に5回もゲスト出演している子役さんは他にいないかもです。
斉藤浩子さんでも3回ですから。

劇団いろはの子役さんがエキストラで多く出演している、 
『仮面ライダー』『帰ってきたウルトラマン』の他の回や
『超人バロム1』『変身忍者嵐』にもノンクレジットでまだまだご出演がありそうなのですが、発見に至っていません。
もし、御存知の回がありましたら、教えて頂けると非常に嬉しいです。

それから、彼女の芸名ですが、
荒井久二子、荒井久仁子、荒井久二江、荒井久二枝、荒井久仁江
と表記が色々あり過ぎるのですが、
荒井久仁江 さま が正しいのでしょうか?

| クーちゃん | 2017/04/10 11:35 | URL |

荒井 久仁江 さま 追伸

少し探索した結果、2作品の発見がありました。

『好き! すき!! 魔女先生』♯5 1971/10/31 5年A組生徒役

尾関一子登場前で、あきらかにA組生徒役なので、別キャラと考えるべきでしょう。この時の衣装が『超人バロム1』4話の遠藤薫さまの衣装とほぼ同じでビックリです。ブラウスはひらひらがついてて少し違うのですが、グリーンのひも付きスカートはまんま一緒です。
5話は撮影第1回作品らしいので、パイロット版といえますが、メインゲストのヒロミ役も彼女なら充分できそうですので、選考には落ちたものの何かでぜひ起用したいとのスタッフの意向もあって8話でメインゲストに抜擢されたのではないでしょうか?
結果的には5話で起用されていたら、1話限りの出演でレギュラーにはなれなかったかもしれないので、8話起用でその後も出演し続けたのでこれで良かったと思います。
女子子役で一番出演回数の多かったハル子役の杉山和子さんはメインの回が残念ながらもらえなかったですから・・・ 

『超人バロム1』♯7 1972/05/14 健太郎・猛のクラスメイト役

冒頭の教室のシーンだけですが、存在感は充分にありました。
猛との対決が観たかったです(笑)!

引き続き、情報ありましたらよろしくお願いいたします。  

| クーちゃん | 2017/04/12 14:47 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。
返信が遅れて申し訳ありません。

荒井氏のお名前、東映のクレジットがいい加減なのでいろいろ
な表記がありますが、私もどれが正しいのか分かりません。
それにしてもノンクレジットも含めて細かく調査されましたね。

「好きすき魔女先生」の子役たちを特定する時参考にしたのが
「仮面ライダー」でしたが、その時点では「帰ってきたウルト
ラマン」にも子役が多数出演していたとは知りませんでした。
後に「帰マン大全」を入手しそれぞれのゲストを確認したら魔
女先生の教え子たちが多数いることに気付いた次第です。

クーちゃん様のリストにありました「帰マン」における荒井氏
の出演回、「大全」によればどちらもノンクレジット。クレジッ
トの面で恵まれなかったのが残念でしたね。

| シャオティエン | 2017/04/12 22:09 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『好き! すき!! 魔女先生』♯5 1971/10/31 5年A組生徒役

これが撮影順では「第1話」ですか。そう言えば家庭科の先生や保健
室の先生なんかも登場したりしてどこか「学校紹介」の感もありまし
たね。ヒロミを演じた広瀬隆子氏は後に「01」第24話でリエコの
最期に共演しています。

女子生徒がメインの第5話と第8話、荒井氏も広瀬氏も両方出来たと
思います。ただ第8話はコミカルなエピソードなので表情がより豊か
な荒井氏でよかったと私も思います。

>> この時の衣装が『超人バロム1』4話の遠藤薫さまの衣装とほぼ同じでビックリです。

荒井氏から遠藤氏へ「お下がり」でしょうか。因みにヒロミの母親を
演じた方、「バロム1」第4話にも出演していたと記憶しています。

>> 『超人バロム1』♯7 1972/05/14 健太郎・猛のクラスメイト役

こちらは「魔女先生」ではなくて「アンコウ先生」ですね(笑)。気付き
ませんでしたが教壇の前あたりにいる生徒でしょうか。確認してみましょ
うかね。そう言えば健太郎役の高野氏、「魔女先生」にノンクレジットが
あったと思います。

| シャオティエン | 2017/04/12 23:03 | URL |

Re:シャオティエン さまへ

某掲示板の有力な情報によると、荒井 久仁江 さまは
『好き! すき!! 魔女先生』放送時、小学校5年生だったらしく、
役と同じ学年で高野氏や遠藤さまと同学年ということになります。
やはり、少し大人びていらっしゃったんですね。

>これが撮影順では「第1話」ですか。

撮影順ですがDVD1・2巻の解説書に詳しく掲載されています。
基本的に2本撮りだったらしいので、2話単位で多少は前後するでしょうが、
18話まではあきらかになっています。

5・7・2・4・1・3・6・8・9・10・11・15・
12・13・18・16・14・17
の撮影順です。

この順番に観ていけば、ひかるやバルの衣装や髪形の前後違いや矛盾は
なくなると思います。

>> 『超人バロム1』
>教壇の前あたりにいる生徒

ご正解です!!
この撮影から以前の前髪をパッツンではなく、横に流しています。
パッツンの方がお似合いかな?
『超人バロム1』は20話まではチェックしましたが、
7話だけしかご出演はありませんでした。
21話以降はどうでしょうか??

| クーちゃん | 2017/04/13 11:45 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『好き! すき!! 魔女先生』放送時、小学校5年生だったらしく、

実年齢が役年齢と同じでしたか。そこから推理すると、中学校に入学
した昭和48年頃に子役を引退したのでしょうか。

>> 撮影順ですがDVD1・2巻の解説書に詳しく掲載されています。

封入の解説書、薄いながら珍しいスチールや貴重な情報が満載ですね。
ただ、撮影順に関しては目を通していませんでした。

>> 21話以降はどうでしょうか??

教壇前の少女は結構目立っていましたが荒井氏だとは思いませんでし
た。尾関一子の役を演じきったくらいですから演技力は十分だと思い
ますが「同期」が錚々たる方々ですのでなかなか「メインゲスト」が
もらえないまま引退してしまったのでしょうかね。私も「バロム1」
最初から観直してみようと思います。「変身忍者嵐」は第1巻持って
ないので第2巻以降のクレジットのみを確認してみましたが荒井氏の
お名前はなかった、と思います。

| シャオティエン | 2017/04/14 07:56 | URL |

荒井 久仁江 さま 再調査

再調査の結果、以下の6話に出演していることが判明いたしました。

『帰ってきたウルトラマン』        
♯26 1971/10/01 次郎の友人役  
♯45 1972/02/18 次郎のクラスメイト役 
♯48 1972/03/10 次郎のクラスメイト役  

『好き! すき!! 魔女先生』
♯07 1971/11/14 尾関一子役  
♯09・10 1971/11/28・12/05 尾関一子役  

1番の大発見は『帰ってきたウルトラマン』26話です。
次郎と3本角クワガタを採りに行こうとするシーンです。
セリフもしっかりとあります。
ポロシャツにジーパンとラフで、スカートばかりの彼女にしてはとても珍しい衣装です。白の帽子を被っているためか、髪をポニーテールにしていないのもこの回だけでとてもレアです。
この後すぐに『好き! すき!! 魔女先生』がクランクインするのですが、
26話の彼女はかなり幼く見えます。
他の2話はセリフもなく、ほぼエキストラっぽい出演でした。

『好き! すき!! 魔女先生』DVD1巻のジャケット写真にひかる先生の一番近くで写っているのが荒井 久仁江 さまなのですが、
この体操着のシーンが見つけられないでいました。
7話では5話と同じ衣装で教室でのシーンと、体操着で跳び箱の順番を待つシーンが冒頭とラストそれぞれにありました。
後ろの方で小さいのですが、確かに尾関一子でした。
7話の撮影では石ノ森章太郎が見に来たようですし、スチールがかなり撮られていたのでしょうね。
9・10話は教室のシーンのみです。後ろの方ですが。 

『帰ってきたウルトラマン』5話出演
『好き! すき!! 魔女先生』12話出演
『仮面ライダー』5話出演
は全話の探索が完了しましたので、もう出演回は出てこないと思われます。

>中学校に入学した昭和48年頃に子役を引退したのでしょうか。

小学校6年の春ごろの撮影作品しか発見できていないので、
夏以降には引退されている可能性が高いです。
怪傑ライオン丸を全話チェックしましたが、未出演でした。
バロム1や嵐の後半で発見できると覆せますが、どうでしょうか?

| クーちゃん | 2017/04/16 23:27 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『帰ってきたウルトラマン』 

「帰マン」は手持ちに第1巻しかなく確認することが出来ませんが、
荒井氏にとっての「代表作」は第26話ですか。「帰マン」はけっこ
う再放送もしていましたが殆ど観たことがないのでこの機会にこのエ
ピソードを含む巻を借りて来ようかと思います。ただ、最寄りに置い
てないんですね。      

>> 『好き! すき!! 魔女先生』

16日は終日留守番していたのでDVDで第1話から第7話までですが
流し観しました。荒井氏の初登場は第5話でしょうか。第6話からD
組入りしますが、この回はロボットの脇にいたりして結構目立ってま
したね。

>> バロム1や嵐の後半で発見できると覆せますが、どうでしょうか?

隅々まで観ていないので断言は出来ませんが、流し観した感じでは出
演シーン確認出来ませんでした。「流星人間ゾーン」にも出演してい
ない様です。

| シャオティエン | 2017/04/17 08:00 | URL |

Re:シャオティエン さまへ

>荒井氏にとっての「代表作」は第26話ですか。

いえいえ、私の書き方が悪かったのですが、
スカートゆえのハプニング的にも出番的にも
「帰マン」での代表作は24話です。
出番が一番多く、セリフもあります。クプクプの爆破を次郎たちと見守ります。
次点が29話です。こちらはセリフはないものの、出番はそこそこあります。
しかし、彼女のハプニングが凄すぎて、ビックリでしょう!
3話ともDVDの巻が分かれているのが困りものですね。

>隅々まで観ていないので断言は出来ませんが、
>流し観した感じでは出演シーン確認出来ませんでした。
>「流星人間ゾーン」にも出演してい ない様です。

情報ありがとうございました。とても参考になります。
1971~1972年の作品をもう少しあたってみます。

| クーちゃん | 2017/04/17 16:45 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 「帰マン」での代表作は24話です。
>> 次点が29話です。

第24話は大村千吉氏、第29話は「ピンポンパン」のシンペイちゃん
こと坂本新兵氏と、荒井氏と共演した方々にも注目したいエピソードで
す。

>> 1971~1972年の作品をもう少しあたってみます。

荒井氏が所属されていたのは「劇団いろは」でしょうか。この劇団が参
加した作品、他には何がありますかね?

| シャオティエン | 2017/04/18 02:08 | URL |

Re:シャオティエン さまへ

早速のご返信ありがとうございます。

>第29話は「ピンポンパン」のシンペイちゃんこと坂本新兵氏

「好きすき魔女先生」でのイハラ役石井千代子さんが演じる
今回のメインゲスト、よし子の父親役ですね。

>荒井氏が所属されていたのは「劇団いろは」でしょうか。

まず間違いないと思います。

1971年の「シルバー仮面」や「ミラーマン」などで
同じ劇団の高野浩幸氏、藤江喜幸氏、矢崎知紀氏、川口英樹氏らがゲストの回や
子役エキストラが出ていそうな回などを調べています。
前年の「柔道一直線」でも劇団いろはのクレジットが多く記載されていますが、どうでしょうか?
一般ドラマ作品となると、エキストラ的な子役を探し出すのはかなり困難ですね。

| クーちゃん | 2017/04/18 17:05 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

レギュラー出演は無かった(?)ものの、荒井氏もいろいろなエピソードに
出演していたと言うことをクーちゃん様のお陰で知ることが出来ました。あ
りがとうございました。レギュラーが無かった方々には「メインの回」を割
り振りしたのでしょうか。荒井氏の場合はそれが「うそつき先生」だったの
でしょう。

>> 前年の「柔道一直線」でも劇団いろはのクレジットが多く記載されていますが、どうでしょうか?

残念ながらこの番組は観たことがありません。レギュラー以外の子役が登場
する回は少ないかもしれないですね。大野剣友会も出演しているのでいつか
は観たい作品です。

>> 一般ドラマ作品となると、エキストラ的な子役を探し出すのはかなり困難ですね。

子役が出演している回自体も少ないでしょうから非常に困難だと思います。
「刑事もの」よりは「時代劇」の方が子役出演頻度が高い様な気がします。

| シャオティエン | 2017/04/19 08:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/688-8e654195

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT