重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

涙の初鑑賞


「5年3組魔法組」を入手した後「その後の尾崎氏」が気になり、い
ろいろな番組の配役表から尾崎氏を探しました。そして見付けたのが
「特捜最前線」だった訳ですが、なにしろ500話以上ありますので
その一部しかDVD化されていません。しかし幸運なことに、尾崎氏
が出演した2作がDVD化されていると判明。「後は借りるだけ」と
気楽に考えていたら ・・・ どこも置いてないんですな(涙)。それから
暫く経った先日、帰りにたまたま立ち寄った店舗に「特捜最前線」を
発見したので、尾崎氏が出演した第54話収録の巻をついに借りた次
第です。

第54話

「ナーンチャッテおじさんがいた!」

サブタイトルがこれですから他愛もないエピソードと高をくくってま
した。しかし ・・・ これは泣けるエピソードでしたね ・・・ 実は、「特捜
最前線」まともに観たこと一度もありませんでした。初めて全編通し
て観たエピソードが今回の第54話なのですが、これで良かったです。
こんな年齢になったからこそ、なのかもしれませんが、この作品の世
界観に一発で引きずり込まれた様な気がしました。

しかし、お目当ての尾崎氏の登場シーンはごく僅かです ・・・

DSC04996_convert_20170110085813.jpg

中学生と言う設定の左の方が 尾崎 ますみ 氏。尾崎氏と一緒にクレジッ
トされる3名が女子中学生役の方々と思われますが ・・・

DSC04997_convert_20170110090332.jpg

残る2名の1名は 成瀬 静江 氏なので尾崎氏の右の方は 薄田 真弓 氏と
思われます。

電車の乗客の列に並んでいた尾崎氏と薄田氏を突き飛ばして割り込むの
が ・・・

DSC04999_convert_20170110091400.jpg マスイ・タケシ(演/中 庸介

なんと、設定年齢38歳ですw。第54話は車内暴力の常習犯である3
人組を捜査するエピソードですが、マスイはその1人。私の勉強不足で
「最も凶悪な」センザキの配役は不明ですが、残る1人は ・・・

DSC04998_convert_20170110092242.jpg  田波 洋一(演/阿藤 海

因みにこの第54話がオンエアされたのは昭和53年4月12日でした
が、昭和52年はこの2名 ・・・

セントデビルー1  紅蜘蛛

「快傑ズバット」にそれぞれ別の組織のボス役でゲスト出演。「ズバッ
ト」と言えば ・・・

バーテン左京次

こんな用心棒がいましたね。これを演じた方、第54話では ・・・

DSC04995_convert_20170110094335.jpg

3人組の容疑者として連行されるこのチンピラ(演/菊地 太)役で
した。


そして昭和55年2月1日、中氏は別の組織の大幹部として着任し
ました ・・・

DSC05000_convert_20170110095317.jpg


| .配役捜査網 .作品別 .TV 刑事ドラマ | 09:55 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

尾崎 ますみ さん

あけましておめでとうございます。
お久しぶりになってしまいました。

尾崎 ますみ さんの追跡調査とは素晴らしいです!!
私もやってみたいですが、そこまで手がまわりません・・・

尾崎 ますみ さんの出演作と言えば、
キカイダー34話、キカイダー01 6話、忍者キャプター35話
を所持していますが、もう1つ、

何と言っても、
志穂美悦子さま(先日、徹子の部屋に出演されてました)の主演6作目映画
必殺女拳士(1976年) - 檜垣由美(幼少時代)
での演技が一番印象的です。
志穂美悦子さまの幼少時代を演じたのはおそらく彼女だけでしょう。
父(千葉真一)が卑怯な決闘を仕掛けられて目の前で瀕死の重傷を負い、
そこから、父の敵を討つために父に空手の猛特訓を受け、
ぐんぐん成長してOPまでが出演の全てなのですが、
気迫のある演技、殺陣が素晴らしいです。

既にご覧になられていますか?

| クーちゃん | 2017/01/11 21:13 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

昨年は多数のコメントを頂戴し誠にありがとうございました。
本年も宜しくお願い致します。

>> 尾崎 ますみ さんの追跡調査とは素晴らしいです!!
>> 私もやってみたいですが、そこまで手がまわりません・・・

追跡と言ってもクーちゃん様の様に深く探る訳ではなく、私の場合は「広く浅く」ですから。
今回の第54話の場合、尾崎氏を探したら「薄田氏も気になってしまった」と言う具合です。

>> キカイダー34話、キカイダー01 6話、忍者キャプター35話

私も「01」と「キャプター」は持っています。今探しているのは「カゲスター」です。

>> 志穂美悦子さま(先日、徹子の部屋に出演されてました)の主演6作目映画
>> 必殺女拳士(1976年) - 檜垣由美(幼少時代)

私は「功夫物」大好きですが、この作品は観たことないです。76年と言えば尾崎氏が
多数の特撮作品に出演していた「黄金期」ですね。DVD化されているなら是非入手し
たいです。

| シャオティエン | 2017/01/12 07:28 | URL |

お礼

>DVD化されているなら是非入手したいです。

「必殺女拳士」はもちろんDVD化されています。
志穂美さまの主演映画は以前ふれた「13階段のマキ」以外は全て既ソフト化です。
エロ・グロのない正統派空手復讐映画なので家族全員で観れます。
丁度、3月8日にアマゾンでは2316円で再発されます。

尾崎ますみさんは「少林寺拳法」1975年 にも戦災孤児役でご出演です。
こちらは鈴木則文監督なのでエロ・グロありですが、とても気合が入っている名作です。
千葉ちゃん、志穂美さま、アカレンジャー、ダイヤジャックと皆さん大活躍の作品です。
少しショックかもしれませんが、特撮ヒロインとして人気の
星野みどりさんが安岡力也に無理やりされてしまうシーンがあり、ポロリもあります。
その後、力也は千葉ちゃんに倒され、〇玉までちぎられて、犬に食わせるのですが・・・おかげてスッキリします。
星野さんは少林寺に入門し、志穂美さまの妹分になります。エロ・グロはここだけです。

それから、重ね重ねのお礼があります。
「特捜最前線」にふれてくださったおかげで、調べた結果、
大森不二香さまが131話にゲスト出演されていることが判明しました。
長坂秀佳ファンページには脚本執筆作品の膨大なデータがあり、
当然、メインライターだった「特捜最前線」のゲスト出演者リストが全話分掲載されています。
131話はたまたまDVD化されているので、なんとか観れると思います。
本当にありがとうございました。

| クーちゃん | 2017/01/12 11:31 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

DVD化されていますか。志穂美氏の出演作は、恐らくコレクター放出品と
思われる数本がまとまって1店舗に出ていたことがありました。その時私は
その中の1本のみしか購入しませんでしたが、中にあったかもしれませんね。
当時は「魔法組」入手以前でしたので尾崎氏を知りませんでしたのでミッチー・
ラブ氏が共演のやつを選んだのでした。

大森氏のゲスト回、実は偶々借りた中に入っていました。しかし返却の期日
及び私の連休が終了と言う訳で採り上げませんでした。「特捜最前線」と言
う番組自体(今更と言う感もありますが)気に入ってしまいましたのでいず
れ採り上げようと考えています。

| シャオティエン | 2017/01/13 07:54 | URL |

不二香さま

>大森氏のゲスト回、実は偶々借りた中に入っていました。
>いずれ採り上げようと考えています。

そうですか!シャオティエン様的なご考察ぜひ期待して待っております。

「特捜最前線」131話は不二香さま最後期の現代劇作品ですが、
やはりというか、納得というか女子大生役みたいですね。
実年齢よりも若い役でかなり重い役が定番になっていますね。
だからこそ、惹かれてしまうのでしょうが・・・

| クーちゃん | 2017/01/13 09:34 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> そうですか!シャオティエン様的なご考察ぜひ期待して待っております。

いつになるか未定ですが、また借りるか中古DVDを入手するかして観直したいと
思います。

>> 「特捜最前線」131話は不二香さま最後期の現代劇作品ですが、
>> やはりというか、納得というか女子大生役みたいですね。

メインゲストではありませんが、大森氏演ずる姉とその弟こそこのエピソードの主
役と言っても過言ないと思います。そんな役でした。後はご自身でご覧頂きたいと
思います。

| シャオティエン | 2017/01/14 07:41 | URL |

「特捜最前線」131話

「特捜最前線」131話

観ました!!ありがとうございました。

>大森氏演ずる姉とその弟こそこのエピソードの主役と言っても過言ないと思います。

その通りですね!流石のご表現です!!

不二香さまと藤岡氏、7年振りの共演となるんですが、
当時どんな感じだったのか、気になります。
藤岡氏は出演作が多いので、覚えておられなかったかも・・・
涙を流すシーンが2回もありましたが、流石の名演技ですよね。
ゲスト出演が多いのは役作りが早くてご器用だからでしょうね。

「特捜最前線」はストーリー重視の人情派刑事ものの代表作、
これと対局となすのが、
不二香さまがレギュラーだった「大都会パートⅢ」といえるでしょう。
ストーリー以上に勧善懲悪とハードなアクションによる爽快感を重視した刑事もの。
どちらも大好きなのですが、
今となっては「大都会パートⅢ」の爽快感がたまらない自分は人生に疲れているのかも・・・

| クーちゃん | 2017/01/15 19:59 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 「特捜最前線」131話
>> 不二香さまと藤岡氏、7年振りの共演となるんですが、
>> 当時どんな感じだったのか、気になります。

藤岡氏は恐らく覚えていなかったと思いますが、大森氏は覚えていたでしょう。
7年前は家族の味方でしたが今度は「家族の敵」の様な感じで姉弟と接してい
るところが面白いです。

>> 不二香さまがレギュラーだった「大都会パートⅢ」

私も時間が合う時BSの「パートⅢ」観ていますが、大森氏は残念ながらレギュ
ラーと言ってもチョイ役ですね。しかし捜査に協力して活躍するエピソードがあ
るらしいです。

>> 今となっては「大都会パートⅢ」の爽快感がたまらない自分は人生に疲れているのかも・・・

いやいや、今頃になって「特捜最前線」にハマった私こそ人生に疲れているのか
もしれません。しかも涙しながら観てますので・・・

| シャオティエン | 2017/01/16 07:49 | URL |

「大都会パートⅢ」

>大森氏は残念ながらレギュラーと言ってもチョイ役ですね。
>しかし捜査に協力して活躍するエピソードがあるらしいです。

そうなんです。
実は・・・頑張ってというか、
かなりのめり込まれてしまって、全話観てしまいました。
渡哲也のファンになっちゃいそうでした・・・

大森不二香さま、全49話中、7・18・22話はお休みでした。
見どころの多い回は
29話 署内で課長と2人が人質になる
45話 婦女暴行連続殺人事件のおとり捜査に協力、かなり危ないめにあいます。
47話 列車内での張り込み捜査に協力、何故か渡哲也とアベックで席にすわる。
あたりです。

各キャラクターの背景や作りこみがほぼないのがこの作品の特徴ですね。

| クーちゃん | 2017/01/16 14:23 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> かなりのめり込まれてしまって、全話観てしまいました。

私はBSでしか観てないのでごく一部しか観てませんが、クレジット
ありなのにどこに登場したか分からない回がありました。現在第何話
なのかも分からず観ていますが、ご活躍の回はぜひ観たいと思ってい
ます。

>> 各キャラクターの背景や作りこみがほぼないのがこの作品の特徴ですね。

「Gメン」や「特捜」だと各キャラクターの「主役編」と言うのがあ
りますが、そう言うのがこちらではないですか。皆で協力して凶悪犯
に立ち向かう作品と言ったところでしょうか。

| シャオティエン | 2017/01/17 07:41 | URL |

はじめまして。
ここは大森不二香を語る場でしょうか?
もしよかったら入れてください。「華麗なる追跡」を観てから彼女は気になっていましたが、よく考えると子供の頃観た「悪魔くん」の記憶が残っていたのかも。以下は私の調べた内容です。

昭和31年1月1日生まれ 文化学院大学部卒
テレビ出演作
「燃えろ捜査網」
「プレイガールQ」2回
「夜明けの刑事」2回
「特別機動捜査隊」
「駆けろ!八百八町」
「桃太郎侍」
「判決」
「文吾捕物帳」昭和57年 ここあたりが最後かな?

| hakutyou | 2017/02/16 14:07 | URL |

Re: hakutyou 様へ

はじめまして。コメントありがとうございます。

>> ここは大森不二香を語る場でしょうか?
>> もしよかったら入れてください。「華麗なる追跡」を観てから彼女は気になっていましたが、よく考えると子供の頃観た「悪>> 魔くん」の記憶が残っていたのかも。

拙ブログで採り上げた内容に関することであればコメントは大歓迎(承認制ではありますが)
ですのでご遠慮なさらずお願い致します。ただ「掲示板」ではありませんので頂戴したコメ
ントに返信するのは管理人である私です。

>> 昭和31年1月1日生まれ 文化学院大学部卒
>> テレビ出演作
>> 「燃えろ捜査網」
>> 「プレイガールQ」2回
>> 「夜明けの刑事」2回
>> 「特別機動捜査隊」
>> 「駆けろ!八百八町」
>> 「桃太郎侍」
>> 「判決」
>> 「文吾捕物帳」昭和57年 ここあたりが最後かな?

私もいろいろなサイトを徘徊して大森氏のプロフィールなど調べていますが、生年月日は
初めて知りました。そうしますと以前私とクーちゃん様で展開した「年齢」の件は私の敗
北と言うことになりますね(涙)。従って「感化院脱走」は極めて「危険な」映像が収録
されている作品ということですか・・・「一皮剥けるか」を文字通り試した様な作品だった
のでしょうかね。

| シャオティエン | 2017/02/17 08:14 | URL |

Re: hakutyou 様へ

貴重な情報を本当にありがとうございます。
心より感謝いたします。
不二香さまのファンが私の他にもいらっしゃることにとても感激しております。

私が個人的に大森不二香さまの作品を追っかけていまして、
シャオティエン様にも数々の情報提供をしていただいてきた訳ですが、
以下の部分は私がつかんでいなかった情報です。

> 昭和31年1月1日生まれ 文化学院大学部卒
>テレビ出演作
> 「燃える捜査網」
> 「プレイガールQ」2回
> 「夜明けの刑事」2回 (1回は知っていましたが)
> 「駆けろ!八百八町」
> 「判決」

本当にありがとうございました
「判決」は小学生時代の作品ですね。
どれもがソフト化されていないのが非常に残念ですが、
「燃える捜査網」は「ザ・ボディガード」のDVD化が5月に
決定しましたのでその流れでDVDになるかもしれません。
志穂美悦子さまとの共演が数作あり、
同じ年だったいうこともわかり、とてもホッとしました。

シャオティエン様とは年齢のことで色々と論議させていただきましたが、
「刑事くん」24話2月14日にご出演なので(これ凄く観たいです!!)
この作品が復帰第1作と考えるとこの受験時期に中3はありえないので
この時期が高1と推測していましたが、
いいお家柄のお嬢様だろうと思っていましたので正解だと嬉しいです。

もしあくまで差し支えなければ、
上記の情報元について少しふれてくださるととてもありがたいです。
私もソフト化されている作品については全て視聴していますので
ご質問にはお答えできます。

シャオティエン様、
この場をお借りすることができ、重ね重ねありがとうございます。
今後ともどうかよろしくお願いいたします。


| クーちゃん | 2017/02/18 08:59 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

大森不二香氏の「経歴」に関するかなりの部分と思われる情報
をお寄せいただき感謝しています。私としてもその全てを観る
ことは不可能かもしれませんが、可能な限り入手して記事にし
て行きたいと思いますので今後とも宜しくお願いします。

そして hakutyou 様には私からも情報のご提供をお願いした
いと思います。

| シャオティエン | 2017/02/18 17:16 | URL |

お世話になっております。
「大森不二香」情報を補足します。生年月日と学歴は本を読んだメモ書きです。参考資料として、「大都会パートⅢ」放送時の週刊誌から「秋のTV新番組 フレッシュ8人」という白黒グラビア記事を切り取っていた中に彼女の分もありました。
記事を読むと年齢22歳となっており、昭和31年生まれは妥当な線でしょう。さらに「8歳のとき父親のすすめで芸能界入り、子役、ゲスト出演を含めれば100本以上のキャリア…」と記事にあります。
出演作の把握は、大抵新聞のテレビ欄からです。
なお、「判決」は昭和53年のリメイク版です(幼稚園の先生役)。

| hakutyou | 2017/02/21 13:33 | URL |

Re: hakutyou 様へ

リクエストに応じていただき誠にありがとうございます。

>> 「大都会パートⅢ」放送時の週刊誌

これは貴重な情報源をお持ちでしたね。私も週間プレイボーイのバック
ナンバーに柿崎澄子氏が紹介されていたことを記事で採り上げたことが
ありますが、それと同様の企画に大森氏が登場していた訳ですね。今と
なってはかなり激レアな方々のプロフィール、まだまだ古雑誌に埋もれ
ている筈なので私も古本市などで見かけたら確認してみたいと思います。

>> 記事を読むと年齢22歳
>> 8歳のとき父親のすすめで芸能界入り、子役、ゲスト出演を含めれば100本以上のキャリア

22歳にして100本以上に出演(しかも既に脱いでいますし)とは凄
いことですね。その全てをチェックするのはほぼ無理(恐らく大半はノ
ンクレジットだと思います)でしょうが、何かでみつけたら報告したい
と思います。

今後とも宜しくお願いします。

| シャオティエン | 2017/02/22 00:33 | URL |

Re: hakutyou 様、シャオティエン様へ

hakutyou 様
情報を補足してくださり、本当にありがとうございました。
心より感謝しております。
週刊誌の記事とは恐れ入りました。
また、納得の記事内容ですね。
プロフィール写真なども掲載されているのでしょうか?

シャオティエン様
『大都会PartⅢ』1978年10月までに100本以上ご出演だとすると
集計結果は以下のようになりました。
大森不二香さま テレビ・映画ご出演作品の内、
ソフト化作品 ー 27本
未ソフト化作品(タイトルや回の情報がある作品)ー 31本
不明作品 - 42本 以上

となり、4割ほどの作品が詳細不明の状態です。
これはよっぽど腰を据えて発掘作業をしていかなければなりませんね。
困難ではありますが、楽しみでもあります。

| クーちゃん | 2017/02/22 22:22 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

皆様から寄せられた情報などでかなりの部分が判明してきましたが
まだまだ4割が不明のままですか。その大半が恐らく未ソフト化な
のかもしれませんが、何かでお目にかかれれば良いですね。今後と
も宜しくお願いします。

| シャオティエン | 2017/02/23 07:19 | URL |

『噂の刑事トミーとマツ』

hakutyou 様のデータご提供のおかげで
不二香さまの未ソフト出演作品のデータと整理していましたら、
ななんと、

『噂の刑事トミーとマツ』
17話に 大森不二香さま
21話に 遠藤薫さま

がご出演されていることが判明いたしました。
以前の調べでは55話に薫さまがご出演なのはわかっていましたが
22話までしかDVD化されていなかったですし、
志穂美悦子さまがレギュラー出演といってもアクションシーンが
あまりなさそうだったので、購入を見送っていました。
最近、TBSチャンネルで放送されている関係もあってか、
ウィキが更新され、2人の出演情報が追加されていたようです。
そのため上記2話を含む、2巻目のDVD-BOXを購入する予定です。
これで、不二香さまと志穂美さまの共演作品は
『華麗なる追跡』『燃える捜査網』『京舞妓殺人事件』
と合わせて4作品ということになりました。

| クーちゃん | 2017/02/23 19:40 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『噂の刑事トミーとマツ』

小学生だった当時の私にとって「刑事ドラマ=大人の番組」でしたが
この番組はコミカルだったこともあり結構観てました。記憶にあるエ
ンディングの曲はどうやら初期に使用されていたらしいので、もしか
したら大森氏か遠藤氏、どちらか観ていた可能性があります。

>> そのため上記2話を含む、2巻目のDVD-BOXを購入する予定です。

全体のごく一部しかDVD化されていない中、両氏の出演作がどちら
も第2巻に収録されていると言うのは奇跡的ですね。中古DVDの出
物に巡り合ったことがありますがとても手が回らず断念した過去があ
ります。

| シャオティエン | 2017/02/23 22:23 | URL |

『噂の刑事トミーとマツ』17話・21話

『噂の刑事トミーとマツ』17話・21話
観ることができました。

まず、この作品ですが、全くの初見だったのですが、
いい意味でのカルチャーショックをかなり受けてしまいました。
特捜最前線とも大都会Ⅲとも違う、新たなジャンルの刑事もの、
ドリフ全盛のこの時代にしか産み出せなかったと思われる奇跡的な作品です。
志穂美さまはレギュラーといっても3話に1回はお休みでおそらく掛け持ち撮影
だったためか、見せ場は少なくて準レギュラー扱いです。
17話はお休みで21話も薫さまとのカラミはなし。

17話ゲストの大森不二香さまはホステス・谷口あざみ役で、
ヤクザ(演じるはズバット東条役以来2年半ぶりの共演となる斉藤真)
の情婦、出番もセリフもまずまず多いです。
忍者キャプター14話ばりに走って揺らすシーンがありますが、
この時、不二香さまはあれから4年経って24歳、少し小さくなられたかな??

21話のゲストの遠藤薫さまですが、
不良女子高校生・名取まゆみ役なのですが、
冒頭で夜道を彼氏に送ってもらった後、この回の主犯である暴漢に後ろから
日本刀で斬られて死亡します。
殺される薫さまは初めてだったので、少しショックでした。
トミマツとのカラミはなく残念でした。55話はもっと出番があるのかな?

こんなところですが、
作品自体には非常にはまったので、全作観るかもです。
DVDは22話までなのが残念ですが・・・

| クーちゃん | 2017/02/27 17:09 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>>全くの初見だったのですが、

私は結構観ていましたね。しかし、覚えているのは「トミコ!!」の件
くらいです(笑)。この「変身」が事件を解決へ導くのがこのドラマの
「見せ場」で、小学生だった私も「面白い!」と思いました。実際は志
穂美氏の方が強い訳ですが。

>>17話ゲストの大森不二香さまはホステス・谷口あざみ役
>>21話のゲストの遠藤薫さまですが、不良女子高校生・名取まゆみ役

当時の大森氏は「名脇役」としてかなり重宝されていたと思われますが、
この後数年で引退してしまったのが残念でなりません。遠藤氏の「不良」
役と言うのは是非観たいです。しかしその後の展開が残念ですね。

| シャオティエン | 2017/02/28 08:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/698-238275d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT