重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夢と現実


「劇団いろは」所属と思われる3名が

帰ってきたウルトラマン
第24話 「戦慄!マンション怪獣誕生」


にノンクレジットですが出演しています。このエピソードがオンエア
された翌月からスタートの「好きすき魔女先生」にこの3名はそれぞ
れ役名ありで準レギュラー出演することになります。

DSC05284_convert_20170425093524.jpg

台詞順に、石原 光真 氏は大伴教頭の長男・ジロウとして、荒井 久仁
氏は 尾関 一子 として。

DSC05286_convert_20170425094530.jpg

そして今回は台詞なし(だと思います)の 梅沢 正康 氏(左から2人
目)が ・・・

DSC05298_convert_20170425095833.jpg  林田 努

として。尚、坂田 次郎 を演じた 川口 英樹 氏は(左端)は「魔女先生」
でも コジマ タケシ としてレギュラーでした。この4名は恐らく同じく
らいの年齢であり昭和46年時点で5年生か6年生だったと思われます。

DSC05288_convert_20170425191906.jpg

この4名は身長もほぼ同じくらいですね。この4名よりちょっと小さい
中央の少年は 高田 明夫(演/ 川瀬 裕之 )。川瀬氏はこのエピソード
のメイン子役ですが4名より年下でしょう。

この明夫ですが ・・・

DSC05292_convert_20170425193642.jpg

低学年の頃の私と同じく怪獣が大好き。MATが宇宙怪獣を殺処分した
際はその肉片をこっそり持ち帰り

DSC05287_convert_20170425194044.jpg

自室の壁に貼り付けました。ところがこの肉片、想像力豊かな明夫が発
想したとおり

DSC05290_convert_20170425194507.jpg

強力な怪獣へ変態を繰り返し、キングストロンと命名されました。MAT
がこの事実を知った時には既に手に負えない怪獣になっていて、巨大化
した後は ・・・

DSC05296_convert_20170425195331.jpg  DSC05295_convert_20170425195311.jpg

育ての親である明夫ですら制御不能。しかし明夫は「怪獣図鑑」の様に
「弱点」も設定していたので、ピンチのウルトラマンにそれを教えまし
た。ガニコウモルの様に「弱点:なし」と設定しなくて良かったですね。

さて ・・・

DSC05285_convert_20170425201044.jpg

序盤に殺処分される「信州で生け捕られた宇宙怪獣」は「クプクプ」と
いう名称で知られています。が、「大全」によれば「クプクプという名
称は、劇中、シナリオ共にない」とのことです。実際、劇中にその名称
が登場しないのは確認しました。

この「宇宙怪獣」は

DSC05293_convert_20170425202535.jpg

MATによってこの様に粉微塵にされた後、隊長の命令によって更に焼
却されました。しかし隊員たちが集めたのはどう見ても「肉塊」だけで
この画像から判断すると「肉片」が多数残っていそうです。キングスト
ロンはそんな肉片から誕生しましたので、この「クプクプ」はかなり厄
介(と言うか収拾がつかなくなります)な怪獣と言えそうです。

最後に ・・・

DSC05291_convert_20170425210213.jpg

明夫の母・とし子を演じたのは 福田 公子 氏。

DSC05289_convert_20170425210751.jpg

明夫が住むマンションの管理人を演じたのはお馴染み、大村 千吉 氏。こ
れは、キングストロンを見せるため明夫が4名を自室(恐らく8階です)
へ連れて行こうとする場面ですが、管理人はなぜか4名を追い帰してしま
います。その腹癒せに誰かが「出目金!!」と罵るのには笑わされました。
恐らく4名の中に私がいてもそう言ったと思えるリアルな台詞です。アド
リブと思われますが、シナリオに書いてあったら凄いですね。

| .ガイド .ウルトラ 帰マン | 21:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

荒井 久仁江 さま

適確なレポートありがとうございます。

荒井久仁江さまですがセリフが数回ある帰マンの出演作はこの24話だけなので、
メインゲストの多い東映作品と比較してもいいものかわかりませんが、
26話も29話にしても、東映作品に比べて少し幼く感じられます。
演出や設定のためでしょうが、円谷作品(あまり詳しくないのですが)は
子どもを子どもらしく等身大に描くことが多く、
逆に東映作品は子どもが背伸びして大人ぶろうとする演出が多いのかもしれません。
高野氏もバロム1では大人扱いされたとおっしゃっていましたし、
子どもにも容赦ない雰囲気が、大人びた子どもの映像として出てしまうのかもしれません。

その後の調査ですが、「バロム1」21話~「変身忍者嵐」1~12話
には荒井久仁江さまは未出演でした。
ただ、その結果「変身忍者嵐」9話に尾崎ますみさんが旅人の子ども役で
重要な役を演じられていることがわかりました。
「キカイダー」の1年以上も前ですからかなり小さいですし、
これがデビュー作なのかもしれません。

しかし、モリリン様から情報をいただいたおかげで、
『特別機動捜査隊』536話でメインゲストの1人京子役として
荒井久仁江さまご出演の確認が取れました。
東映チャンネルだけのオンエア(来年1月)ですので、
どのようにして観るか思案中です。

それから、石原光真氏についてです。
「好きすき魔女先生」16話だけは、大伴教頭の長男・ジロウとして演じられていましたが、
他にもかなりの出演回がありますが、教頭の子としての表現がなく、
藤江氏に次ぐ、クラスナンバー2的なキャラとして重要な出演が多かったです。便利要員的でキャラが一定しない気がして少しかわいそうに思いました。
5話では6年生として手を上げ、教頭とは他人としてTVインタビューに答えていました。

>その腹癒せに誰かが「出目金!!」と罵るのには笑わされました。

私も大笑いしました。観返しましたが、たぶん次郎の声でしょうね。
明夫の母がお友達と部屋で遊んでねといって出かけていたのに
管理人が禁止する意味がよくわかりませんが、
次郎が知れば怪獣が巨大化するのを未然に防いだだろうし、
それではお話しにならないので、明夫と怪獣を孤立させるための手段として
管理人のご登場となったのでしょうか。
昔はこういう大人がたくさんいて私もよく怒られました。

| クーちゃん | 2017/04/26 22:12 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

円谷系は東宝の怪獣映画からの流れで、テレビ番組においても
主役は「怪獣」、人間は「脇役」だと感じます。全てを観ない
で言うのは乱暴ですが。
東映系は逆に人間が主役なので、時に子役に対しても容赦ない
演出があったのだと思います。

>> ただ、その結果「変身忍者嵐」9話に尾崎ますみさんが旅人の子ども役で

「嵐」は全4巻中第1巻が未入手です。最近なかなか出物に巡
り合いませんが、いつかは入手したいです。初期の化身忍者は
造形が気に入っています。

>> それから、石原光真氏についてです。

石原氏に限らず、多くの方々がいろいろな役で出演しています。
しかし、5年D組の生徒として出演した場合は役名は同じではな
いかと私は考えました。

| シャオティエン | 2017/04/27 08:42 | URL |

まだありました!!!

荒井久仁江さまのご出演作がまだありました。

『仮面ライダー』45話 1972/02/05 矢島緑の友人役

前回のチェックでは見落としていた訳ですが、
それもそのはずで10秒くらいの出演しかありません。セリフもないですし。
矢島博士の娘・緑と五郎と長尾由美さんと4人でローラースケートをするシーンです。
荒井さまはこの直後の49話でメインゲストヒロインをするのですが、
劇団いろはの子役さんは役を選ばせてもらえないのか
どこにでてくるのか予想がつかないので油断できませんねえ。

同じライダーの20話の丹沢ロケでも、
廃校になる小学校のお別れシーンとラストで劇団いろはの子役さんたちが
20人弱ご出演されていて、ライダーの常連とも言える上記の
石原光真氏、梅沢正康氏、石井千代子さんらに混じって
帰マンレギュラー出演真っ最中の川口英樹氏がちらっと出ていたので
非常にびっくりしました。

東映児童の子役さんはそこそこの役でないとご出演がないようにも思いますが(東映映画ではチョイ役ばかりですが・・・)、
劇団いろははエキストラ的な役も多く、なかなか発見が難しいですね。

| クーちゃん | 2017/05/30 14:53 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『仮面ライダー』45話 1972/02/05 矢島緑の友人役

荒井氏と長尾氏が五郎の同級生で、3人が年下の緑と遊んでいる
という様な設定でしょうか。「魔女先生」以外で長尾氏が確認で
きるエピソードを私は知りませんでしたのでこれは確認する必要
がありそうです。

>> 帰マンレギュラー出演真っ最中の川口英樹氏がちらっと出ていたので
>> 非常にびっくりしました。

川口氏は歌を歌っている中のひとりでしたね。因みに五郎を演じた三浦氏
も「魔女先生」にチラッと出ていたことがあります。レギュラー級の子役
さんでもこれですから厳しい世界だったと想像されます。

| シャオティエン | 2017/05/31 08:03 | URL |

Re:シャオティエン さま

早速のご返信、本当にありがとうございます。

>荒井氏と長尾氏が五郎の同級生で、3人が年下の緑と遊んでいるという様な設定でしょうか。

五郎と緑がローラースケートを履きながら会話している後ろを
2人がローラースケートでいったりきたりします。
長尾さんはかなりうまくてスイスイと走るのですが、
荒井さまは初心者のようでゆっくりヨチヨチで歩き、
必死に柱につかまります。(笑) そこが可愛かったりします。

>「魔女先生」以外で長尾氏が確認できるエピソードを私は知りませんでしたので

帰マン29話では荒井さまや加賀由美子さん(ロボット刑事)と一緒に馬跳びをしているグループの中にいて、結構目立っていました。
ライダーにも他に出演話があったように思いますが、確認できましたら、
またご報告いたします。

| クーちゃん | 2017/05/31 14:26 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

「仮面ライダー」の方は完全なエキストラの様ですね。
この様なシーンはどこに出てくるか分からないので画
面の隅々まで見なければなりませんが、見つけた時は
嬉しいですね。私も幅広くいろいろな方々を追ってい
ますが個人では限界があります。今後とも宜しくお願
い致します。

「ロボット刑事」は拙ブログで採り上げたことがない
ので加賀氏も未登場です。「スーパーヒロイン画報」
でそのお顔を確認しましたら「魔女先生」に似た様な
方がクラスメイトの中にいましたね(たぶん)。

| シャオティエン | 2017/06/01 07:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/717-181ad3ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT