重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「鳥大会」 その5


「男組 少年刑務所」で女子高生のひとりを演じていた 蓮見 里美 氏
つながりで5月の「鳥大会」は

仮面ライダーX
第7話 「恐怖の天才人間計画!」


です。

この「天才人間計画」とは

DSC05306_convert_20170503044838.jpg  大門寺 博士(演/小笠原 弘

が10年前から密かに進めていた研究で、子供に「並の子供の10倍の
能力と正義の心」を与えると言う内容です。その最終段階で博士が手に
している液体を本人の了承を得て飲んでもらう訳ですが、飲んだ子供た
ちが次々に墜落死。調査に乗り出した 神 敬介(演/速水 亮)が博士に
尋ねたところ「副作用ではないか」と ・・・ 既にこの時点で「さらば!怪
獣VOW」の「役に立たない善意の研究」と同等の研究濃厚ですw。

ま、原因は副作用ではなかった訳ですが。張本人は

DSC05303_convert_20170503051657.jpg  DSC05305_convert_20170503051713.jpg

イカルスでした。こいつが液体を飲んだ子供たちに「自分は空を飛べる」
と催眠術をかけていた訳で、人間態は 瀬山(演/手塚 しげお)。なんと
この男、大門寺博士の助手なんですな(満点大笑い)。因みにこの時犠
牲になったのは

DSC05299_convert_20170503053102.jpg  DSC05301_convert_20170503053113.jpg

博士の長女・あや子(演/蓮見 里美)。残念ながら蓮見氏は序盤でお役
御免です。しかし、蓮見氏と入れ替わる様に

DSC05314_convert_20170503053722.jpg  DSC05315_convert_20170503053743.jpg

次女・冬子(演/遠藤 薫)が登場します。冬子は瀬山との結婚を夢見て
いる様で、この時は自分を護って(実際はXにヤられて)負傷した瀬山
に付きっ切り。ここで冬子が言う台詞が「瀬山=イカルス」につながる
大ヒントだったと思うのですが敬介はピンとこなかった様です。

ところで、「博士と敬介」の画像で敬介が手にしているファイルにはこ
の計画に参加していた子供たちのプロフィールが書いてあります。私は
ここに書いてある生年月日が実際の子役たちの生年月日と同じなのでは
と思い冬子のページをなんとか見ようとしましたが ・・・

DSC05328_convert_20170503055435.jpg

はっきりとしませんが「昭和35年」と見えます。残念ながら月日は判
りませんが、遠藤氏はこのエピソードがオンエアされた昭和49年3月
30日で中学生(?)ですか。

話が逸れて恐縮ですが ・・・

DSC05316_convert_20170503060622.jpg

GOD総司令からイカルスに最終命令が下されます ・・・ それにしてもヤッ
てくれますね ・・・ 命令は勿論、博士と冬子の始末です。冬子にはお得意
の催眠術で ・・・

DSC05319_convert_20170503061524.jpg

しかし、謎の女・水城 霧子(演/美山 尚子)が冬子を救出。そう言えば
冬子最初のピンチも

DSC05310_convert_20170503061911.jpg  DSC05311_convert_20170503061925.jpg

霧子が救出していましたね。冬子を始末した(失敗してますが)イカルス
は博士を始末しようと ・・・

DSC05318_convert_20170503062614.jpg  DSC05327_convert_20170503062630.jpg

GOD秘密工作員人間態を従えて取り囲みます。人間態を演じたのは大野
剣友会の方々でしょうか。左画像の白衣の男が 富士乃 幸夫 氏、左端=右
画像のヒゲが 小沢 章治 氏。

この後、バイクに乗って登場の敬介が瀬山の正体を暴露。博士を逃がし工
作員たちを蹴散らし最終決戦へ。しかし ・・・

DSC05320_convert_20170503070548.jpg  「瀬山さ~ん!!」

と、催眠術が解けても「恋の催眠術」は解けない冬子が決戦の場へ。

DSC05321_convert_20170503070836.jpg

この時の速水氏はこのエピソード中最高の名演だと思います。こんな少女を
騙し続ける瀬山=イカルスに対し怒った視聴者を代弁する様に怒りのライド
ルならぬ「怒りの唾」を飛ばしつつ。

DSC05322_convert_20170503071437.jpg

速水氏の名演に手塚氏も名演で応じます。なんとイカルス、最終決戦をこの
姿で闘おうとします。当時の視聴者の憎悪も最高潮に達したのではないかと
思われます。しかし最終的にはイカルスに変身して

DSC05323_convert_20170503072007.jpg  DSC05324_convert_20170503072026.jpg

この格好良い「Xキック」食らった上、なぜか夕陽に向かって投げ飛ばされ
て爆死しました。この最期がよく分かりませんが、「ギリシャ神話」におけ
るイカルスの最期を意識した演出だったのでしょうか。

DSC05325_convert_20170503073112.jpg

ラスト、優しい敬介は「瀬山=イカルス」の件を冬子には告げませんでした。
そして博士は「天才人間計画」の中止を宣言。「やはり普通の子供がいい」
って ・・・

最後に
なかなか侮れない「予告編」を確認したところ ・・・

DSC05326_convert_20170503073844.jpg

本編には登場しないこんな場面がありました。一瞬「遠藤氏?」と思いまし
たが髪の長さが違う様です。そこでもう一度本編を確認したところ、服の感
じから冒頭で2番目に墜落死する少女ではないかと思われます。オープニン
グのクレジットには 津田 順子 氏、白井 ゆかり 氏のお名前がありますのでそ
のどちらかと思われますが不明です。

| .ガイド .ライダー X | 07:50 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

真打ち登場!!

ついに真打ち登場です。
遠藤薫さま、黄金期の佳作の1編、Xライダー7話!!

薫さま、初恋篇とも言えるこの作品はぜひ1人でも多くの特撮ファンの方々に
観て頂きたい傑作です。
この冬子役は薫さまが演じられたキャラの中でも
女性としての強い意志がはっきりと表出している役の1つです。

『人造人間キカイダー』31・32話 までの薫さまは父・母を慕う娘
としての素晴らしい輝きを放っていましたが、

『怪傑ライオン丸』50話
『キカイダー01』15話
『イナズマン』13話
そしてこの作品までの4作品は
少女から女性に変わろうとする入口の
そのほんの一瞬の一番光り輝く時期にしか表現できない
女の子の姿と心情を見事に演じ切られた役です。

二度とはあの時には帰れない切なさを思い起こさせてくれつつも
懐かしいあの時代にタイプトリップさせてくださる作品群です。
これらの貴重な作品に出会えたことに心から感謝いたします。

瀬山には冬子を殺さなければならない命令に忠実であることとは裏腹に
冬子の愛にいつのまにかもう1つの人格(?)が無意識に応えようとしている
かのような演出・演技を感じましたが、
少し考えすぎでしょうか?

>子供たちのプロフィール

私も気になりました。
生年月日よりも、薫さまのお写真が気になりました。
東映に入りたての小5ごろの貴重なお写真ではないかと推察しています。

| クーちゃん | 2017/05/03 23:59 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 薫さま、初恋篇とも言えるこの作品

このエピソードを観る前、私は蓮見氏と遠藤氏が演じた大門寺姉妹が
共に最後まで生存するのだと思っていました。そしてメインはあくま
でも「計画=博士」だと。ところが、博士が冬子と瀬山の仲を神敬介
に打ち明けたあたりで私の予想は見事にハズれました。が、このハズ
れは嬉しいハズれでしたね。

>> もう1つの人格(?)

私には最後の最後まで乙女心を利用しようとしたとしか感じられませ
んでした。だからイカルスが退治された時は本当に良かったと思いま
した。このブログを始めたことで多数の特撮作品を観てきましたが、
私が本気で憎悪した悪役は他に思いつきません。これは悪役の手塚氏
と共にそれに翻弄された冬子を見事に演じきった遠藤氏、それぞれの
名演あってのことだと思います。

>> 薫さまのお写真

もしかして「01」でブラックサタンがはじき出した写真と同じです
か?返却前にちょっと確認してみましょうかね。

| シャオティエン | 2017/05/04 06:13 | URL |

共演

こんにちは。
蓮見氏と遠藤氏は「ドカベン」や「トラック野郎 天下御免」など共演?が多いですよね。私のような両氏のファンにとっては嬉しい限りです。

ところで、「青い性」(1975年 主演:山東ルシア)という作品に蓮見氏が出演されていました。冒頭わずか数秒でしたが、星野みどり氏と浅村厚子氏と共演の女子高校生役でした。

| モリリン | 2017/05/04 07:25 | URL |

Re: モリリン 様へ

いつもコメントありがとうございます。

「天下御免」も借りて来る予定でしたが、なぜか「トラック野郎」シリーズ
置いてなかったです。残念ながら蓮見氏はチョイ役が多いですが、特撮以外
のドラマで見かけたらブログに採り上げたいと思います。

>>「青い性」(1975年 主演:山東ルシア)

私が観てきた中では「電人ザボーガー」が蓮見氏の出演作中では代表作と思
われますが、この映画で蓮見氏と星野氏は再共演になりますね。

| シャオティエン | 2017/05/04 08:37 | URL |

Re: シャオティエン 様へ

>「01」でブラックサタンがはじき出した写真と同じですか?

私も早速確認してみました。
Xライダー7話とは違い、髪形や雰囲気など、
キカイダー0115話当時の薫さまの写真のように思えます。

>この時の速水氏はこのエピソード中最高の名演だと思います。

もろリアル世代の私も同感いたします。
色んな意味で濃かった藤岡氏、佐々木氏、宮内氏とは違って
速水氏はさっぱりとしていてカッコよく、
男の子から見てもほれぼれするような男前だなあ、
と当時からずっと思っていました。
その完全無欠な速水ライダーのポジションが1号・2号・V3やアマゾンと違って
現在に至るまで再評価されにくいライダーとなっている一因だと思われます。
私的にはVHS化されたときに真っ先に借りたのがXライダーです。
神話怪人も斬新で大好きです。

余談ですが速水氏、「鉄人タイガーセブン」主役の最終選考に残ったけれども、
結局、南城氏に負けたとのこと。
速水氏のタイガーセブンもなかなか良かったんではないでしょうか?

| クーちゃん | 2017/05/04 18:01 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 私も早速確認してみました。

次の記事に画像を2つ並べました。ご指摘どおり、今回の写真が
「01」当時の遠藤氏に見えます。それにしても、48年夏から
49年春と半年くらいしか経ってないのに雰囲気がかなり違いま
すね。

>> 私的にはVHS化されたときに真っ先に借りたのがXライダーです。

ある意味、「7人ライダー」中最もレアなライダーかもしれない
ですね。1号からライダーマンまでは一つの番組と言っても良い
と思われますが、これに替わる全く新しいライダーを考案するの
はかなり苦心したのではないかと思われます。

>> 神話怪人も斬新で大好きです。

私は「大百科」等でしか見たことなかったですが、「V3」まで
の怪人たちと全く違っているのが多くて一目置いていました。た
だ、路線変更後の怪人たちは「復旧」してしまって残念です。

>> 速水氏のタイガーセブンもなかなか良かったんではないでしょうか?

隅田和世氏と共演することになる第8話が最も気になるところで
す。実際の第8話を観てもいないのに言うのもなんですが(笑)。

| シャオティエン | 2017/05/05 08:38 | URL |

『ザ・ボディガード』12話

志穂美悦子さまのキカイダー01に続く連続ドラマ『ザ・ボディガード』が
DVD化されたので、現在鑑賞中です。千葉治郎氏もレギュラーなので
人間になったマリと峠英介が協力して悪と戦ってるみたいでとても楽しいです。
ジローもイチローも丸目豪作も悪役ゲストで出てるので面白いですよ。

12話に蓮見里美さんがメインゲスト町田祥子さんの妹役としてご出演です。
ちなみにメインの悪役は郷鍈治氏でした。まんま悪な役です。
蓮見さんは出番がかなり多く、長ゼリフが何回かあります。
とても可愛らしい方なのですが、長ゼリフや感情的なセリフになると
独特の癖みたいなものがあるので、メインの役を長く張るには少し難があるように感じました。
とにかくここまで出番が多いご出演は初めての気がします。
上記記事のちょうど3か月後の放送ですね。

| クーちゃん | 2017/05/18 17:19 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

「ザ・ボディガード」面白そうですね。「ザ・スーパーガール」
も購入しようか迷っているうちにズルズルと今日まで未購入です
がいずれは揃えたいと思っています。

チョイ役でない蓮見氏と言えば「電人ザボーガー」のゲスト回し
か観たことありませんので「ザ・ボディガード」第12話は貴重
なエピソードかもしれないです。

| シャオティエン | 2017/05/19 07:36 | URL |

新たな出演作

遠藤薫さま、新たな出演作として上記のURLからの情報として
入手しました。

『江戸巷談 花の日本橋 髪結いおしま捕物』 お玉役
放送日=1971.10.05 前編
    1971.10.12 後編

小学校5年生時の作品で『バロム1』4話の約半年前の時期です。
この作品には尾崎ますみさんもご出演です。まだ1年生くらいでしょうか。

『プレイガール』80話・85話 1970.10・11放送
にもご出演とのことなので、
小学校4・5年時はごく顔見世的なご出演しかなく、
『バロム1』4話が彼女の本格的なデビュー作品という推測は
まだ正しいのではないかとは思ってはいるのですが、
『プレイガール』80話・85話が視聴できればその辺りの事情がはっきりするので、大変楽しみでもあります。

| クーちゃん | 2017/07/19 18:32 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『江戸巷談 花の日本橋 髪結いおしま捕物』 お玉役

手持ちの資料本によれば「火曜22時」オンエアで主演は引
退間近の藤純子氏ですね。遠藤氏と絡みがあったのか気にな
ります。

>>『バロム1』4話の約半年前

「バロム・1」と違って「大人の時間」にオンエアされたご
自身の演技を鑑賞させてもらえたのでしょうかね?

>>『プレイガール』80話・85話

これも番組が番組だけに鑑賞させてもらえたのでしょうか??
しかし、こう言った「大人の番組」への出演実績が「温泉スッ
ポン芸者」の横溝かおる役につながったのかもしれませんね。

| シャオティエン | 2017/07/20 07:33 | URL |

『吉宗評判記 暴れん坊将軍』♯14

『吉宗評判記 暴れん坊将軍』♯14 1978/04/15 有馬里江役

を観ました。
メインゲストの妹役で武家の出ですが、結核?を患っており
ずっと病弱の演技です。回想シーンでは元気な姿も見せてくれます。
意外にも病弱少女役は初めてですがはまり役でしたね。
八鹿いぶきから約半年後の作品ですが、ほぼ変わらない感じです。
初期の暴れん坊将軍は時代背景の描写が丁寧でワンパターンではない面白さが
あります。
不二香さまゲストの4話なんかは何と立ち回り無しでしたから。
今回は富くじ(宝くじ)の成り立ちがテーマでした。

>遠藤氏と絡みがあったのか気になります。

東映CHで放送されたこともあるみたいなので、待ってみます。

>「大人の番組」への出演実績が「温泉スッポン芸者」の
>横溝かおる役につながったのかもしれませんね。

薫さまはあまり作品を選ばずにご出演なさったので、
監督陣への顔が広く、結果、映画出演が14本もあり、
映画女優とも言える活躍をなさったように思います。
同期の斉藤浩子さんが一般映画には2本しかご出演がないのと対照的です。
斉藤浩子さんはとてもインパクトの強い女優さんなのでゲスト向きだったと思われますが。

いよいよ来週から『桃太郎侍』が始まります。
楽しみですが、薫さまの引退作品でもあるので心して視聴いたします。

| クーちゃん | 2017/07/23 10:53 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 八鹿いぶきから約半年後の作品ですが

時代劇と現代劇ではかなり雰囲気が違う様に思いますが
機会があれば是非観てみたいです。「暴れん坊将軍」は
何故か、再放送すら殆ど観たことがないですから。

>> いよいよ来週から『桃太郎侍』が始まります。

いろいろ検索しましたら、遠藤氏レギュラー入りまでか
なり長いですね。その間、大森氏のゲスト回が3回(?)
ある他、気になる女優さんのゲスト回もコンスタントに
あるので良いですね。無料のBSでやって欲しい番組で
す。因みにこちらはリアルで観た記憶があります。

| シャオティエン | 2017/07/24 07:39 | URL |

Re: シャオティエン 様へ

早速のご返信ありがとうございます。感謝いたします。

>時代劇と現代劇ではかなり雰囲気が違う様に思いますが、

そうですね。回想シーンでは日本髪でしたが引きの画でした。
アップは病弱シーンで髪を後に束ねていたので八鹿いぶきと
あまり変わらない感じがしたのだと思います。

>遠藤氏レギュラー入りまでかなり長いですね。

9話にもご出演ですが、視聴に間に合いませんでした。

>その間、大森氏のゲスト回が3回

2回分は視聴できました。

『桃太郎侍』♯159 1979/11/04 おなみ役

悪党の一味で、獄中から出たはずの息子を探している清川虹子の孫娘に化けて、
婿養子に入りたい山城新伍と祝言をあげるシーン(変身忍者嵐以来?)まであって、
家事を一切せずに新伍をこき使ったりする出来の悪い嫁役という
変わった役ですが、最後は桃太郎に捕ってしまいます。

『桃太郎侍』♯198 1980/08/03 お初役

風間杜夫(天野屋)と夫婦で、産まれてすぐに子を亡くした妻役です。
事件に巻き込まれたなべおさみの子2人を養子にして育てます。
母親役は初めてだと思うのですが、なかなかお似合いでした。
母乳をあげるシーンもありました。引きですが。

『桃太郎侍』は従来の勧善懲悪もの時代劇とはテンポが全く違います。
立ち回りがラストだけなのが新鮮です。
庶民の物語っぽくて肩がこらないのが観やすくて楽しいですね。
不二香さまも活き活きと演出されていて、やりがいがあったと思います。

| クーちゃん | 2017/07/24 08:26 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

私はこれから「1話から視聴開始」と勘違いしていました。
これから「遠藤氏レギュラー入り」なのですね。物語に花
を添える若手女優陣、ひとりに1話はメイン回があると思
いますがどうでしょうか?

昔、欽ちゃんがやっていた「良い妻、悪い妻、普通の妻」
ではないですが、大森氏はこの内2つを演じた様ですね。
これは是非観たいです。私も有料チャンネルの導入を本気
で検討していますが、観る暇がなかなかとれないのがネッ
クです。

| シャオティエン | 2017/07/25 07:53 | URL |

Re: シャオティエン 様へ

早速のご返信ありがとうございます。感謝いたします。

>私はこれから「1話から視聴開始」と勘違いしていました。
>これから「遠藤氏レギュラー入り」なのですね。

説明不足で大変失礼いたしました。
206話~258話まで全53話もあるので長丁場です。

>物語に花を添える若手女優陣、ひとりに1話はメイン回が
>あると思いますがどうでしょうか?

玉川ちどり:坂上味和 玉川かもめ:遠藤薫 おたま:舟倉たまき
の3人ですね。
明日放送の207話「ちどり・かもめ只今特訓中!」
は2人のメイン回かもしれません。

坂上味和さんは『刑事犬カール2』での主演直後の参加です。
『噂の刑事トミーとマツ』で5回もゲスト出演がありますね。

舟倉たまきさんは何と言っても『燃えろアタック』『トラック野郎・一番星北へ帰る』『電子戦隊デンジマン』でしょうが、
出演回数的には『水戸黄門』が16回出演とゲスト出演作品では一番多いようです。

3人の立ち位置がどのようになるのか?楽しみです。

| クーちゃん | 2017/07/25 13:44 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 206話~258話まで全53話もあるので長丁場です。

そう言われて改めて見ると、約1年分の話数ですね。

>> 明日放送の207話「ちどり・かもめ只今特訓中!」
>> は2人のメイン回かもしれません。

検索したところ、「スカウトされてレギュラー入り」
とありました。この回は曲芸(?)の特訓が描かれて
いるのではないでしょうか。

舟倉氏は拙ブログにも何度か登場しましたが坂上氏は
恐らく採り上げたことがないと思います。私も別な角
度から探してみたいと思います。

| シャオティエン | 2017/07/26 07:25 | URL |

『桃太郎侍』

『桃太郎侍』♯206~209
視聴できましたのでご報告です。
まず、OP映像が一新されています。
レギュラーメンバーで本当に日光東照宮へお参りし、華厳の滝にも行っています。

予想どおり、206話はちどり・かもめが準メイン回、
207話はメイン回でした。

206話
この回で降板するすずめ(西川峰子)が姫様(2役)の身代わりをするにあたって、
その侍女役をちどりとかもめがすることになりますが、
事件に巻き込まれ悪者に捕まり殺されそうになります。

207話
ちどり・かもめはきつい稽古が辛く、つばめ(野川由美子)と反目します。
2人が使い物にならないとみた座長(深江章喜)は勝手に代わりの役者を探しますが、
それに気付いたつばめと大喧嘩してしまい、逆につばめが一座を離れると騒ぎ・・・
2人はそこまでして思ってくれているつばめに悪いと長屋を出ますが、
事件に巻き込まれ悪者に捕まり南蛮に売られそうになります。

というわけでかもめ役の薫さまは見事に初登場から2話続けてお得意?
の縄拘束をされてしまいます。
スカウト時には柔道の心得があるとかで、とん太(北野清治)を川へ投げ飛ばします。
一方のちどりは剣の心得があるらしいですが、お披露目はまだです。
おたまはほぼみちのく屋の店内だけの出演っぽいです。
ちどりとかもめは長屋での登場がメインですが、
かもめはみちのく屋にもよく居るので、ちどりより少し出番が多い感じです。

着物のカラーはかもめが緑、ちどりが赤、おたまが紺で
ほぼカラーどおりのイメージの性格ですね。

おたまは途中で降板、ちどりは『刑事犬カール2』の撮影(時期間違っていました)との掛け持ちで出ない回があったりと、
薫さまのウェイトが徐々に大きくなっていく様です。

ロケは少なくスタジオでの撮影がメインとはいえ、
東映京都撮影所まで1年間毎週東京から通うのは大変だったでしょうね。

| クーちゃん | 2017/07/28 16:35 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

遠藤氏、序盤はかなり出番が多い様ですがこの調子が
どの辺まで続きますか。いずれにせよ最終回まで連続
出演する様なので毎回楽しみですね。それにしてもこ
んな早い段階で「緊縛」を出してしまうとは、V3の
ヒロインの様なことになってしまうのではないでしょ
うか(笑)。それはそれで楽しみではありますが・・・

| シャオティエン | 2017/07/29 07:19 | URL |

風雲ライオン丸

『風雲ライオン丸』が時代劇専門チャンネルで10月20日から
放送開始だそうです。
プレミアになっているDVDには流石に手がでませんし、
『桃太郎侍』の終了する10月末で東映チャンネル以外は
解約する予定でしたが、3か月延長しなければなりませんね。

『桃太郎侍』♯210~226
かもめの出番の多い回は4・5話ありましたが、
あくまでちどりとツインの扱いです。
出番が多かったのは、
♯221 片平なぎさ との共演 仲良しです。
♯223・225 一座の興行の話で皿回しを披露します。
♯226 平賀源内(犬塚弘)が長屋に引っ越してくる話
まさにキカイダー01 ♯36(マリの演技が秀逸!!)
とほぼ同じ作りの脚本です。
源内は誘拐されずにエレキテルだけが盗まれるのですが・・・

放映当時の年明け放送にあたる回からレギュラーキャストが衣替え、
かもめは 普段着:緑⇒白の花柄  旅着:赤⇒青

ここにきて出番が多いのは2人が慣れてきたことと
田之助(山城新伍)がお休みしている回が多い為もあるかと思われます。

| クーちゃん | 2017/08/22 22:23 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

>> 『風雲ライオン丸』

再放送で何回か観て以来35年以上経ちます。あの頃は
内容などよく判らずに観ていましたが大人になった現在
の視点で観てみたい作品です。ただ、中古屋で見つけて
も恐らくスルーかもしれないです。

>>『桃太郎侍』♯210~226

実際の画像を観ていませんが、レビューを拝見する限り
遠藤氏はそこそこ画面に露出している様ですね。「ヒロ
イン級」ではないことを考慮すると良い方ではないでしょ
うか。私もいつか、この終盤部分だけでも観たいです。

| シャオティエン | 2017/08/23 07:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/718-d8030ea9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT