重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

吊るされた名子役


「 犯罪捜査に必要な買い物 」 「 気晴らしの買い物 」  と続けてきました
「 買い物 」 テーマ。 第3回目は 「 買ったら捕まる買い物 」 です。

快傑ズバット
第5話 「 花売り少女と白い粉 」
 より

売らされているのは ミチル という少女。
演じるは当時の名子役 佐久間 真由美氏 です。


5 - ミチル - 1 

繁華街で造花とマッチを売る少女・・・
哀れに思ったみどりとオサムは、買ってやることにしました。が・・・
売ってくれないばかりか、駆けつけたチンピラ達に袋叩きにされます。
それを救ったのは・・・

紅バラ - 1 

早川 健 でした。みどりとオサムを襲ったチンピラ達を追って紅バラ連
盟の事務所へ乗り込んだ早川の前に現れたのは・・・

紅バラ - 2  必殺ハスラー (演/日高 晤郎

でした。画像はお馴染みの 「 日本じゃあ2番目だ 」 の場面です。
お約束通り ・・・ ビリヤード勝負に勝った早川はミチルを連れて帰ろうとし
ますが、ミチルは再び夜の町へ出て行った後でした。

町に戻ったミチルの前に客が現れました。

5 - 客  客 (演/高野 隆志

「 黒いバラとマッチをくれ 」
と言った客にのみ売ることが出来ますので、この客とは商売成立です。
コレを見計らったかのように・・・

5 - 刑事 - 1 

刑事たちが動き出しました。ミチルが襲われていると勘違いした早川は2人
を投げ飛ばしますが・・・
「 公務執行妨害する気か!!」
と、後から駆けつけた東条に叫ばれて過ちに気が付きます。
ミチルが売っていた物は・・・

5 - 麻薬 

実は麻薬でした。身寄りがなかったミチルは育ての親である紅蜘蛛の言わ
れるままに 「 造花のバラとマッチ 」 を売っていたのですが、その中には麻
薬が仕込んであったのです。東条立会いの下で麻薬を確認した早川はミ
チルを助け出そうと紅バラ連盟へ再び乗り込みましたが・・・
 
5 - ミチル - 2  紅蜘蛛 (演/中 庸介
 
をすっかり信じきっているミチルに泣き付かれては早川になす術なし。ミチ
ルの前で殺しが出来ない紅蜘蛛は、早川を袋叩きにして放り出しました。

ここまで来ると、紅蜘蛛にとってミチルは危険分子でしかなくなりました。紅
蜘蛛はミチルを使って早川をおびき出し、2人共殺してしまおうと考えました。
ここで登場するのが・・・

紅蜘蛛 

有名な宙吊りシーンです。かなり高い場所に吊られているのがこの画像から
お分かり頂けると思います。しかも、どれだけの時間吊られていたのでしょう
かね?当時の東映は 「 子役にも容赦しない 」 と何かで読みましたが、まさに
その通りですね。勿論ミチルは・・・

5 - ミチル - 3 

ズバットによって助けられました。



最後は久しぶりに大野剣友会ネタを。
「 快傑ズバット 」 の殺陣を担当したのは大野剣友会から独立したビッグアクショ
ンでした。そのためか、大野剣友会に所属していた方々の出演も多数あります。
今回は刑事役の2人が・・・

5 - 刑事 - 2

刑事A : 右 (演/小沢 章治
刑事B : 左 (演/山田 茂

と、大野剣友会出身者でした。この2名は共に、遡ること約3年前・・・

十面鬼 - 3  十面鬼 - 2

「仮面ライダーアマゾン」 で十面鬼の顔のひとつを演じていました。





| .ガイド .昭52 快傑ズバット | 11:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

快傑ズバットVSキャプテンウルトラ


『快傑ズバット』は、昭和52年に東京12チャンネル系で放送されていた
特撮番組です。正式な放送日時は水曜の19:30からなんですが、系列
テレビ局がなかった当地では、土曜の早朝にやってたと記憶してます。

特撮ヒーロー物のカテゴリに属する番組なんでしょうが、ズバットの敵は皆
人間です。当時から愛読していた勁文社『全怪獣怪人大百科』にも勿論採
録されてました。ショッカーなどの「怪人」とは違って、「怪しい人」という意味
の怪人かもしれませんが・・・

そんな「怪しい人」のひとりとして、第12話「死刑執行10秒前」に登場する
のがキャプテンウルトラこと中田博久です。先日放送が終了した『水戸黄
門』では一部につき一回は登場する、まさになくてはならないバイプレー
ヤーですね。しかし何というか・・・登場しただけで「ネタバレ」というか・・・orz
っていうか・・・OPテロップでいきなりバレてるんですけどね・・・

本名は明かされませんでしたが、

暗闇組組長
      ↑
   「暗闇組組長」
というのがこの回での役どころです。その用心棒として登場するのが・・・
さて、どれか分かりますか?

バーテン左京次 カーペンター甚十郎
ブーメランジャック 虚無僧三郎太


それにしても、小さな町の、警察署長ごときが独断で住民を処刑できる
という唖然とする展開・・・このあたりは何か映画『女囚さそり』にも通じる
ようなテイストがありますねぇ。署長室に掲げてある四字熟語が
臥薪嘗胆って、プププ・・・。ダッカーの首領Lからの訓告でしょうか
ね、これは。

現在のドラマは、「汚い部分」を削ぎ落としたあまりにも上品な「世界」を
構築しています。まさに「虚構の世界」ですw 実際の世界はそんなに
「上品」ではないですよね。私が「昭和」に拘るのは、その「汚い部分」が
残ってるからです。それと、大人向けドラマにせよ子供向けドラマにせよ
登場する「荒唐無稽な展開」の数々・・・
「そんな馬鹿な」
と思いつつも許せるんですよ、これが。次の日の教室では、その話題で
持ち切りになったりとかね。このブログを、そんな「次の日の教室」みたい
な場所にできれば嬉しいと思います。

今日の一曲
OP主題歌『地獄のズバット』
        ↑
何といっても「琵琶」ですよ。当時は「三味線」だと思ってましたが・・・



用心棒については「続きを読む」の中にまとめてます。

≫ Read More

| .ガイド .昭52 快傑ズバット | 17:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |