重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年も断念


4日、「達磨大助事件帳」を観ました。この時代劇は私が小学校低学
年の頃やっていたと言う記憶はありますが一度も観たことがありませ
んでしたのでこの日が初鑑賞 ・・・ そう言えば悪党一味のひとりは

キッズ・リターン」(1996)

ではボクシング・ジムの会長役でしたね。そのジムに主人公の片方が
入門しプロになる訳ですが、ダメ先輩に唆されて始めた居酒屋通いで
挫折してゆく ・・・ エントリーの期限が迫る「お酒映画ベスト10」を
捻り出している最中の私にこの時代劇がヒントを与えてくれました。

居酒屋と言えば ・・・「トラック野郎」シリーズは、主にドライブイン
ですが居酒屋や場末のバーなど恐らく全作に酒場シーンが登場します。
まさに「お酒」抜きでは成り立たないシリーズです。記憶に残る「お
酒」にまつわるシーンは多々ありますが ・・・

トラック野郎/望郷一番星」(1976)

を。「これから嫁を貰う男を死なせる訳にはいかない」と、ライバル・
カムチャッカを気絶させて「最終決戦」に臨む一番星が格好いいです。

「トラック野郎」シリーズと言えば ・・・

ドランクモンキー/酔拳」(1978)

は第9作の併映でした。が、当時のテレビCMは専ら「酔拳」が主体
だったと記憶しています。因みに、私が「コミカル功夫」と接するの
はもう少し後年です。更に後年、私は 蘇化子 と名乗って AnAn に参
戦。その対戦記録の様な形で始めたブログが現在のコレに至っていま
す。ブログの「顔」として勝手に使わせて頂いているのも 蘇化子 で
す。演じるは 袁小田 師父。この「小田」が「シャオティエン」です。
故にこの作品が私の第1位なのは確定なのですが、後が ・・・ 、・・・

併映と言えば ・・・

女番長 タイマン勝負」(1974)

は「頂上決戦」の併映だった様です。現在の職場に就職した「時はま
さに世紀末」、私は「女番長」シリーズの存在を初めて知りました。
が、なかなか観る機会に恵まれず数年が経過 ・・・ 時代はビデオから
DVDへ。この流れに乗ったかどうかは知りませんが殆どビデオ化す
らされてなかったこの手の作品群が次々DVD化!!現在ではあの「
恐怖奇形人間」ですら最寄りの「T」に並ぶ良き時代となりました。
「タイマン勝負」はシリーズ中で私が最初に入手した記念すべき作品
です。生き別れとなった妹の身体的特徴を確認する目的で、兄(ヤク
ザ)は妹らしい女性(女番長)を泥酔状態で部屋へ運ばせます。女番
長と言ってもこちらは「負けた方」なので主役ではありません。が、
この「悲劇の兄妹」こそがこの映画のハイライトだと私は思います。

・・・ と、いろいろ考えてみましたがこれだけしか思いつきませんでし
た。残念ながら今回はエントリー出来ないです。それにしても、確認
の為に「タイマン勝負」を久々に所々観ましたが面白いですね、やは
り ・・・

| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT