FC2ブログ

重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グラインドハウスのプログラムの様になりました


しろくろshow さん経由で知った washburn1975 さんの企画、今回は
「映画がテーマの映画」と言うことで ・・・


まず思いついたのが「映画監督、俳優の伝記」タイプの映画でした。

チャーリー」(1992)

ドラゴン ブルース・リー物語」(1993)

エド・ウッド」(1994)

これらは当時加入していたWOWOWを録画して鑑賞しました。上の
2本は、出演作をいくつか観てたこともあり興味があったので鑑賞し
ました。エド・ウッド監督に関しては、当時予備知識無しでした。「
エド・ウッド」日本公開から生み出された様な「映画秘宝」の記念す
べき創刊号

エド・ウッドとサイテー映画の世界」(1995・洋泉社)

すら存在自体知りませんでしたし。ただ、プログラムガイドに書いて
あった「最低な映画監督」という見出しがヤケに気になって鑑賞した
次第です。


次に思いついたのが「撮影所が舞台」タイプの映画。

女優霊」(1996)

これもWOWOWを録画 ・・・ 就寝前の深夜に鑑賞して後悔しました。

女必殺五段拳」(1976)

映画撮影所の所長が悪とつながってるため、クライマックスは撮影所
内での大立ち回りです。


そしてハズせない「遺された映像を映画化」タイプの映画。この手は
ホラー映画が多いです。

ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999)

ノロイ」(2005)

「謎解き」をしながら進行する形態は結構好きです。難点はラストが
よく分からなかったりすることでしょうか。


この辺から「記憶回路」が失速 ・・・「映画関係者が主人公」タイプの
映画として

えきすとら」(1982)

を捻り出しました。が、主人公は俳優ですが「映画俳優」ではない様
な ・・・ と思いつつもボツに出来ませんでした。私は出演者のクレジッ
トを参考にしながら記事を書いています。すると「クレジット有りな
のにどこに出てたか判らない」ということが時々あります。理由はい
ろいろありますが、この映画には「最も悲しい理由」が描かれていま
す。その裏にはあの様な「ドラマ」もあるのかと ・・・ 涙 。

女番長」(1973)

には映画監督(といってもブルーフィルムですが)が登場します。が、
主人公ではなく、その協力者。

麻雀放浪記」(1984)

あと1本がなかなか思いつかなかったのでこれにしました。元「活弁」
という設定の 上州虎 が登場します。


何を基準にランキングしたらよいか分からないので、ここは単純に「好
きな順」にしました。ただし ・・・ むりやりこじつけた「麻雀放浪記」は
10位とします。本当は 大好きな映画 なんですけど。


 1位 「 女番長 」(1973・日)
 2位 「 ノロイ 」(2005・日)
 3位 「 ドラゴン ブルース・リー物語 」(1993・米)
 4位 「 女必殺五段拳 」(1976・日)
 5位 「 えきすとら 」(1982・日)
 6位 「 女優霊 」(1996・日)
 7位 「 ブレア・ウィッチ・プロジェクト」(1999・米)
 8位 「 エド・ウッド」(1994・米)
 9位 「 チャーリー 」(1992・米)
10位 「 麻雀放浪記 」(1984・日)


この様なラインナップが並びますと「グラインドハウス」という映画が
連想されます。が、私はあの映画観てないです。観てないものはランキ
ングしない方針は今回も継続です。あれもまた、「映画映画」ではない
かと思います。

| .ガイド .重箱の隅映画館 ベスト10 | 08:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/802-924244d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT