FC2ブログ

重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今更とは思いますが ・・・


前々記事に、連休に鑑賞する目的で「眠狂四郎」(昭47)を購入す
る予定と書きました。DVDは発売日に無事到着しました。この作品
には 女屋 実和子 氏が2度ゲスト出演しています。

DSC06524_convert_20190429122811.jpg  第9話

DSC06525_convert_20190429122831.jpg  第17話

上は「岡場所の女」、下は「夜鷹」ということで同じ様な役どころで
した。

21日、中古の出物に「ザ・スーパーガール」(昭54)が揃いであっ
たのでこちらも購入したところ ・・・

DSC06522_convert_20190429123807.jpg  第12話

に女屋氏がゲスト出演していました。女屋氏はこの様なお顔の女優で
す。が、前記事に この記事 をリンクした際、記事が誤っていること
に今更ながら気づきました。記事では

DSC04458_convert_20160331073508.jpg

左端の方を女屋氏としていました。この映画「恐怖女子高校 女暴力
教室」(昭47)において女屋氏が演じたのは女子高生ではなくて

DSC06529_convert_20190429125514.jpg  

この教師であり

DSC06503_convert_20190408083111.jpg

の恋人です。「東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム」によれば
茅島 瑕子 という表記ですが吉岡が彼女を「えいちゃん」か「えりちゃ
ん」と呼ぶシーンがあるので「瑕」の字は誤りと思われます。


では左端の方は ・・・ ?

「女番長」シリーズ第2弾「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」(昭47)
で 京都パール団(主人公側)の一員

DSC06533_convert_20190429131717.jpg  イモ焼酎のお良

を演じた 東 映子 氏と思われます。苗字は何と読むか不明なので「あ
ずま」としておきます。尚、東氏も「眠狂四郎」第17話に出演クレ
ジットがありますが確認できませんでした。因みに東氏の左に映って
いる方は 岡 邦子 氏と思われます。

この映画にも女屋氏は出演していました。

DSC06534_convert_20190429132659.jpg  ガンツケの和江

こちらは黒百合会(ライバル側)の一員でした。


「眠狂四郎」を検索するとクレジット有りの出演者が網羅されている
と思われるゲスト出演者リストを見ることが可能です。しかし、「ザ・
スーパーガール」のそれはごく一部に過ぎません。そこでいつもの様
に第1話からエンド・クレジットを書き写していたら

DSC06523_convert_20190429133658.jpg 第47話

遠藤 薫 氏のお名前を発見しました。役名は「アキコ」。残念なが
らこの直後、左側の男に刺殺されてしまいます。そういえば ・・・

DSC06528_convert_20190429134118.jpg  「眠狂四郎」第13話

にゲスト出演した遠藤氏もまた、非業の死を遂げる役でした。


最後に、今更ながらですが過去記事は修正しておきます。

| .配役捜査網 .人別 俳優 | 13:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

凄いです!!!

大変ご無沙汰しています。
東映CHでは悦ちゃんの幻のデビュー作、
『現代鬼婆考・殺愛』が放送され大騒ぎでした。

『眠狂四郎』の分析素晴らしいですね。
私も購入しましたが、まだ観てない(涙)

『ザ・スーパーガール』薫さま、ご出演発見!凄い事です!!!
本当に本当にありがとうございます!
早速注文しなくては!
他に目ぼしいゲスト女優はおられますか??

| クーちゃん | 2019/05/04 11:17 | URL |

追伸

『ザ・スーパーガール』28話
に志穂美悦子さま、ご出演との未確認情報がありますが、
いかがでしょうか?

| クーちゃん | 2019/05/04 11:54 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

「ザ・スーパーガール」は東映のドラマですが「その手」のシーンをにっかつ系の女優陣が主に担当している様です。ストーリーも結構しっかりしている上、全話ではありませんが「その手」のシーンもかなりありますので面白い作品だと私は思います。
Boxは2巻あり、遠藤薫氏は「パート2」に登場します。

>> 他に目ぼしいゲスト女優はおられますか??

正直、知らない方が多数です。複数回ゲスト出演している方が多いので、その辺を照合しながら少しずつ観ています。

| シャオティエン | 2019/05/04 22:49 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

連続のコメント、ありがとうございます。

エンドクレジットには志穂美氏のお名前は無かったと思います。ノンクレジットで出演されていたかに関してはまだ観てないので不明です。お役に立てず、申し訳ありません。

| シャオティエン | 2019/05/04 23:03 | URL |

Re: シャオティエン 様へ

早速のお返事ありがとうございました!

本日、DVDが到着しましたので28話と47話のみ視聴しました。

47話 栗田洋子がメインゲストでその友人、田村アキコ役ですが、
回想シーンも含め、出番はかなり多かったと思います。
『怪傑ズバット』19話以降、現代劇作品での出番は
ぐっと減っているので、貴重な作品です。
この作品が1980/2/18放送で一か月後の1980/3/12に
『噂の刑事トミーとマツ』21話にやはりメインの栗田洋子の友人
として冒頭で殺されます。
それに比べると今作はずっと出番が多いので嬉しかったです。

28話 悦ちゃん、ご出演していました。
冒頭から20分位の所で、新藤恵美が放った爆竹に驚いたヤクザ達が
辺りを探すときに目に留まった女性役で、
ほんの数秒、サングラスをして立っているだけの出演です。

非常におかしなカメオ出演で、
アクション監督の金田治氏のお手伝いか、
新藤恵美や水に飛び込む女性の吹き替えアクションのために
現場に来ていて、ついでに撮ったという感じです。

どう思われますか?

| クーちゃん | 2019/05/05 20:36 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

第47話で遠藤薫氏の役はどちらかと言えば「悪役」でしょうか。この辺も結構貴重ではないでしょうか。それにしても「トミーとマツ」でも同じ様な流れだったとは驚きです。

>> 28話 悦ちゃん、ご出演していました。

第28話、私も観ました。爆竹の先に志穂美氏がいてそれで終わりと言うのは確かに奇妙なシーンでした。このエピソードのメインゲストと思われる清水章吾氏と志穂美氏は共に「トミーとマツ」のレギュラー(?)ですから、この不思議なカメオには清水氏
が絡んでいると推理します。

| シャオティエン | 2019/05/06 09:39 | URL |

Re: シャオティエン 様へ

>>この不思議なカメオには清水氏が絡んでいると推理します。

なるほどそういう見方もありますね。
『ザ・スーパーガール』28話が10月8日放送、
『噂の刑事トミーとマツ』1話が10月17日放送、
悦ちゃんがレギュラーだった前番組の『明日の刑事』が
クランクアップ済み、と考えればその公算は大です。

遠藤薫さまについてずっと出演作品を追ってきて、
1つわかったことがあります。
東映制作出演作品の内訳は
東映京都作品 8作品内レギュラー2作品
東映東京作品 24作品レギュラーなし
子役で地元ということもあるでしょうが、
圧倒的に東映東京作品が多いです。
しかし、ヒロインを演じた『武闘拳 猛虎激殺!』を除いて
子役としてのゲスト出演が大半です。

東映京都作品は幼少期から
『温泉スッポン芸者』『まむしの兄弟 恐喝三億円』への出演。
『次郎長三国志』の準レギュラーを経て、
立て関係は非常に厳しい現場だが、一度実績を作ると
ずっと可愛がってもらえると聞いたことのある、
東映京都で実績を積んだ結果、ようやく
『桃太郎侍』の長期レギュラーをつかんだのではないでしょうか?

| クーちゃん | 2019/05/06 11:20 | URL |

Re: クーちゃん 様へ

いつもコメントありがとうございます。

私が小学校の中学年くらいまでは、ほぼ毎日「刑事もの」「時代劇」「子供向け」「メロドラマ」など連続ドラマがいっぱいありました。「桃太郎侍」が最終回になった頃は連続ドラマが少しずつ姿を消しつつある時代だったと思います。その波に遠藤薫氏も飲まれてしまったのは残念です。

| シャオティエン | 2019/05/06 21:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/817-ed62bab8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT