FC2ブログ

重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「アステカイザー」第8話

サブタイトル /「チャンピオンへの道」
放映日 / 昭和51年11月25日


DSC08024_convert_20200802053819.jpg 

冒頭、速水博士(演/松本 朝夫)が開発した「アステック樹脂」を解
説し、これを使用したファイティング・スーツを着用してアステカイ
ザーとなる者に 鷹羽 俊(演/島村 美輝)を指名して正解だったと話
すのは「今更」感があります。俊 はアステカイザーに指名されたこと
でプロレスラーとの掛け持ちが困難となった為「引退」。

DSC08026_convert_20200802055508.jpg 

第1話 で再起不能にされたストロング・リキ(演/大前 均)は 俊 に「
復帰しろ」と書置きを残して郷里へ去って行きました(本人登場シーン
無し)。ジョー神崎(演/菊地 太)からも「復帰しろ」と言われますが
事情を説明することが出来ず。

DSC08028_convert_20200802060557.jpg 

そんな東都プロレスに、山川 五郎(演/蔵 忠芳)の父・大造(演/
川 伊佐男
)が五郎を連れ戻しにやって来ます。

DSC08030_convert_20200802063247.jpg  DSC08031_convert_20200802063313.jpg 

帰郷を拒否する五郎に大造が出した条件は

「あの、けったいな奴を倒せ」

でした。けったいな奴とは サタン・デモン(演/山本 昌平)です。五
郎が敵う相手ではないです ・・・

DSC08032_convert_20200802063845.jpg 

故に父子でこの有様。

DSC08033_convert_20200802064053.jpg  DSC08025_convert_20200802064118.jpg 

第7話から登場のバズソー・オルテガは、サタン・デモンに操られた
科学者(演/斉藤 春元)によってノコギリが強化されて再登場。サタ
ン・デモンからは「殺せ」の指示が。

DSC08034_convert_20200802064718.jpg 

そこへアステカイザー颯爽と登場。バズソー・オルテガを撃破。

DSC08035_convert_20200802064738.jpg 

「俺はアステカイザーを目指しているんだ」
「よし!」

スポーツ新聞を隅々まで見てもなかなか「デビュー」すら載らない五郎
を大造は不憫に思って上京したのかもしれません。大造と比べてもかな
りの小柄 ・・・

DSC08036_convert_20200802065658.jpg 

大造が会った 源さん(演/玉川 長太)、更にはヒロインの 速水かおる
(演/矢崎 里香)よりも背が低いので、プロレスラーとして大成するの
は絶望的と思われます。が、当初「チャンピオンになるから」と出来そ
うもない条件を繰り返して追い帰そうとしていた五郎が出来そうな目標
(勿論アステカイザーにはなれませんが、正義の人を目指す)を口にし
たことで大造が折れ、残留が認められました。この時点で五郎より背が
低い 太助(演/薄田 拓己)もいずれは ・・・


最後に

DSC08027_convert_20200802073940.jpg 

リキが去った病室を片付ける看護婦を演じたのは愛川 弥寿子氏。相川氏
は第21話に源さんの妻役で再登場します。


029

| .30分ドラマ .あ行 .アステカイザー | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/856-e3b1daa1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT