FC2ブログ

重箱の隅大作戦

光ある所に影がある。主役の陰に数知れぬ脇役たちの姿があった・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「女番長 玉突き遊び」

公開/昭和49年10月19日


映画「女番長 タイマン勝負」を採り上げた時、「女番長シリーズ」
が廉価版で再発売されるとは予想もしていませんでした。しかも「恐
怖女子高校シリーズ」と共に!!この機会に両シリーズの未入手(勿
論鑑賞したこともありません)5作品をまとめて購入することにしま
した。


今回入手した中から採り上げる「玉突き遊び」は主演に第5作「感化
院脱走」で準主演級だった

DSC08486_convert_20201017085109.jpg  叶 優子

を抜擢。ところが ・・・
「東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム」所収の 関本 郁夫 監督
インタビューによれば「もう3分の2位撮り終え」た頃、叶氏がアク
シデントに見舞われます。画像は最終決戦の地へ乗り込んで来た本作
の主人公・「山猫お今日」こと 牧 今日子 です。今日子はパラセイル
で天窓を突き破って登場します。この画像直前の天窓を突き破るシー
ンをセット撮影していた際に叶氏は骨折してしまいます。これによっ
て本作は撮影が中断。叶氏が復帰する間に「タイマン勝負」が第6作
として公開され、本作は第7作(最終作)となった次第です。


DSC08473_convert_20201017161458.jpg  DSC08475_convert_20201017161523.jpg 

本作はアバンタイトルでいきなり「タイマン勝負」です。故に本作が
「タイマン勝負」として公開される筈だったのかもしれません。尚、
このアバンタイトルは叶氏復帰後に撮られた様です。この「泥レス」
キャットファイトの相手は

DSC08476_convert_20201017161545.jpg 

「女番長」「恐怖女子高校」両シリーズの「宿敵」役の常連・衣麻
遼子
氏演じる 三奈 。隠し持っていた刃物を使用したことで「墓穴を
掘った」と言うか「自業自得」と言うか、顔に醜痕を残すことにな
ります。この「傷害事件」で補導された京子は ・・・

DSC08478_convert_20201017163842.jpg  裁判官(演/那須 伸太朗

に「特別少年院入り」を宣告され ・・・ ここでタイトルです。


2年後 ・・・
娑婆へ出た今日子は、かつて率いていた「血桜グループ」の元メン
バー達と再会しますが ・・・

DSC08500_convert_20201017192005.jpg  真弓(演/早乙女りえ

は堅気に。

DSC08503_convert_20201017192301.jpg  ユキ(演/藤山 律子

は、昼は「白タク」、夜は「ホステス」に。

DSC08505_convert_20201017192655.jpg 

弘子(演/城 恵美・左)は デカパイの 桃代(演/田島 晴美・右)と
組んで万引き生活に、と散り散りに。田島氏は本作が「デビュー作」
となる筈だった所為か、デカパイの露出が多めです。

DSC08507_convert_20201017193410.jpg 

最悪なのは かおる(演/碧川ジュン・前)と トン子(演/美和じゅ
ん子
・奥)。2名は立花興業に「レズショウ」を強要されていまし
たが ・・・

DSC08515_convert_20201018090410.jpg 

今日子によって解放されました。今日子に脅されているのはマネー
ジャーの 勝(演/広瀬 義宣)。

DSC08497_convert_20201018070147.jpg 

後日、2名を強制解放した件で今日子は立花興業に拉致されました。
※ 組員手前は 池田 謙治 氏?、奥は 高並 功 氏 ※

今日子の始末は ・・・

DSC08509_convert_20201018071205.jpg 

宿敵・三奈 が担当。2年前の「タイマン勝負」当時、三奈 はカトレ
ヤ女学院の女番長でしたが現在は立花興業の

DSC08529_convert_20201018082843.jpg  小池(演/菅 貫太郎

の情婦として「OL(って死語ですかね?)売春」組織のリーダー。
三奈にとっては2年前に負った「醜痕」の借りを返すチャンスでした
が ・・・

DSC08511_convert_20201018071252.jpg  DSC08510_convert_20201018071230.jpg 

突然現れた 西条 五郎(演/白石 襄)によって 今日子 は救われました。
これまでのシリーズだとこの様な役は

DSC08490_convert_20201018084634.jpg 

成瀬 正孝 氏の担当でしたが、今回の成瀬氏は堅気になった真弓の夫役。
この直後、今日子を拉致しに向かう立花興業の車に撥ねられ入院と言う
ことでお役御免です。その反対に、これまでチョイ役だった早乙女氏は
今回が最高の役ではないでしょうか。これはその「伏線」です。

今回の「ヒーロー役」である五郎の本業は「こまし屋」(笑)。新宿を
中心に活動していた様ですが大阪へ流れて来ました。

DSC08541_convert_20201024054515.jpg 

かつてこました サリー(演/星 まり子)と再会。現在は良い「スポン
サー」が付いて暮らし向きは良好だと言う彼女のスポンサーとは ・・・

DSC08570_convert_20201025070740.jpg  沖 栄之介(演/金子 信雄

沖は「沖ダイヤ」という会社を偽装倒産させ、持ち逃げしたダイヤモ
ンドを売り捌いて再興を企んでいました。そして五郎はそのダイヤモ
ンドを横取りする計画をたてました。

DSC08544_convert_20201024055131.jpg 

「沖ダイヤ」に関する情報は「OL売春」で同社部長・八木(演/
和 宏
)が顧客のマリ(演/大堀 早苗)経由で 三奈 たち カトレヤ会
にも入っていました。更にこの情報は三奈の情夫である小池から立花
興業へ。

立花興業が相手と言うことで かおる、トン子が抜けて行く中 ・・・

DSC08548_convert_20201025073211.jpg 

立花興業の車に夫が撥ねられて生活に困った真弓が復帰を直訴。が、
堅気になった真弓を護るため「口止め料」の名目で30万円渡して真
弓を追い帰す今日子。

DSC08550_convert_20201025074034.jpg  DSC08549_convert_20201025074015.jpg 

しかし立花興業の魔手は真弓の許へ伸びてしまいます。真弓は今日
子たちを庇い続けた所為で西井(演/平沢 彰)に射殺されました。

DSC08551_convert_20201025074717.jpg 

そしてユキも立花興業による拷問を受け自決。

DSC08553_convert_20201025075001.jpg  DSC08554_convert_20201025075024.jpg 

情夫・小池にユキの遺体処理を押し付けられた情婦・三奈は、自分は
ただ利用されていただけと気付いたのでした。そして ・・・

DSC08556_convert_20201025075609.jpg 

今日子と「最後の」タイマン勝負をした後潔く敗北宣言し、立花興業
の行方をバラして去って行きました。

本作で最も「憎たらしい役」は小池でしょう。しかし彼はラスボスで
も中ボスでもありません。

DSC08559_convert_20201025080431.jpg  DSC08560_convert_20201025080456.jpg 

影が薄いラスボスは、ラスボス役の常連・安部 徹 氏。最期は今日子の
怒りの弾丸を食らいます。

DSC08562_convert_20201025081123.jpg  DSC08568_convert_20201025081505.jpg 

遺体にハンドルをとられて操縦不能になったのは

DSC08564_convert_20201025081141.jpg 

ラスボスより影が薄い中ボス 丘路 千 氏。

小池は「ナンバー3」級です。その最期は ・・・

DSC08557_convert_20201025082104.jpg 

派手でした。


最後は「生ボイン」集です。

DSC08516_convert_20201025082700.jpg  DSC08535_convert_20201025082722.jpg 

カトレヤ会の「生ボイン」担当は 花江(演/相川 圭子)。因みに本
作で共演している叶氏、城氏、相川氏は「トラック野郎」シリーズの
「ト★コ嬢」役で準レギュラーとなります。


DSC08530_convert_20201025083351.jpg  DSC08519_convert_20201025083310.jpg  DSC08533_convert_20201025083452.jpg 

DSC08532_convert_20201025083432.jpg  DSC08534_convert_20201025083516.jpg  DSC08531_convert_20201025083413.jpg 

こちらは血桜グループ。このシーンのバックに流れる曲のタイトル、
ご存知の方ご教示戴けたら幸いです。本作で挿入歌としてクレジット
されているのはサリー役の星氏が歌う

泣くなオッパイちゃん

です。小学校の頃の土曜日(当時は登校日でした)帰宅してから毎週
の様に観ていた(当地は14時からだったと記憶しています)「お笑
いマンガ道場」レギュラーの 富永 一朗 先生の作詞です。


038

| .映画 .日本 .東映 .「女番長」 | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://qbugeicho.blog.fc2.com/tb.php/861-c8e2af62

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT